アラキドン酸カスケード

出典: meddic

arachidonic acid cascade
プロスタグランジン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/04 15:52:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心不全と炎症−12/15リポキシゲナーゼによる炎症の役割について
  • 南野 徹
  • 日本薬理学雑誌 138(5), 187-191, 2011
  • 心不全の病態生理には,交感神経系やレニンアンジオテンシン系などの制御異常が関与していると考えられているが,最近では,心臓における炎症の役割についても注目されている.我々は,心不全モデルの遺伝子発現解析を通じて,12/15リポオキシゲナーゼが不全心において著しく増加していることを観察した.そこで,心不全に対する12/15リポオキシゲナーゼによる炎症の役割を検証するために,心臓特異的12/15リポオキ …
  • NAID 130001271671
  • 注目の喘息関連メディエーター
  • 長瀬 隆英
  • 日本内科学会雑誌 98(12), 3013-3018, 2009-12-10
  • NAID 10026329713

関連リンク

アラキドン酸カスケード PGE 2 は、細胞膜のリン脂質に結合しているアラキドン酸から、生成される。 PGE 2 は、発熱作用や、ブラジキニンによる発痛増強作用(疼痛)や、弱い血管透過性亢進作用(腫脹)や、強い血管拡張作用 ...
アラキドン酸カスケード アラキドン酸は必須脂肪酸である リノール酸から生合成される脂肪酸 で、細胞膜のリン脂質の成分です(ホスファチジルコリン=レシチンを 構成する2つの脂肪酸のうちの一つ)。 カスケードは”滝 ...
アラキドン酸カスケード このページは、移転しました。 自動的にジャンプしない場合、ここをクリックして下さい。 アラキドン酸(肉食など、食事に由来する)は、細胞膜のリン脂質(ホスファチジルイノシトール)のC2位 ...

関連画像

アラキドン酸カスケードアラキドン酸からは、血小板で ドン酸から、アラキドン酸 アラキドン酸カスケードの画像 アラキドン酸カスケードアラキドン酸カスケード


★リンクテーブル★
リンク元プロスタグランジン」「arachidonic acid cascade」「arachidonate cascade
関連記事アラキドン酸」「

プロスタグランジン」

  [★]

prostaglandin, PG
プロスタグランジン受容体アラキドン酸カスケード

種類

プロスタグランジンの腎臓における作用

PRE.43
  • AHDは腎臓の様々な細胞・組織(ヘンレループ太い上行脚、集合管、腎髄質の間質、糸球体メサンギウム)でプロスタグランジンの産生を誘導する。ここで産生されたプロスタグランジンはADHの小売り様作用と血管に対する作用の両方を阻害する。抗利尿作用はADHによりGi,Gqを介したcAMP産生の抑制による。プロスタグランジンは局所に作用しADHが過剰に働かないように振る舞う。
→ NSAIDと腎障害の関係 NSAID腎症




arachidonic acid cascade」

  [★] アラキドン酸カスケード


arachidonate cascade」

  [★]

アラキドン酸カスケード

アラキドン酸」

  [★]

arachidonic acid, arachidonate
5,8,11,14-エイコサテトラエン酸 5,8,11,14-eicosatetraenoic acid5,8,11,14-イコサテトラエン酸 5,8,11,14-icosatetraenoic acid
脂肪酸必須脂肪酸
ホスホリパーゼA2の作用でアラキドン酸として遊離

機能

ロイコトリエンプロスタグランジンの前駆体
prostanoidcyclooxygenase pathway
leukotrienelipoxygenase pathway
epoxide:cytochrome P-450 epoxygenase pathway

代謝



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡