ursodesoxycholic acid

WordNet

  1. street name for lysergic acid diethylamide (同)back breaker, battery-acid, dose, dot, Elvis, loony toons, Lucy in the sky with diamonds, pane, superman, window pane, Zen
  2. any of various water-soluble compounds having a sour taste and capable of turning litmus red and reacting with a base to form a salt
  3. having the characteristics of an acid; "an acid reaction"

PrepTutorEJDIC

  1. 酸性の / 酸味のある,すっぱい(sour) / (言葉・態度などが)厳しい,しんらつな / 酸 / すっぱいもの / 《俗》=LSD

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/10 21:25:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • The treatment of autoimmune hepatitis.
  • Malnick S, Duek G, Melzer E, Basevitz A.SourceDepartment of Internal Medicine C, Gastroenterology Institute, Kaplan Medical Center, Rehovot 76100, Israel. stephen@malnick.net.
  • Current clinical pharmacology.Curr Clin Pharmacol.2012 Nov 1;7(4):318-27.
  • Autoimmune hepatitis is an immune-mediated disease targeting hepatocytes. It is more common in middleaged Caucasian females, although may affect other patient populations and age groups. The diagnosis is made according to criteria based on the alkaline phosphatase: ALT ratio, IgG, the presence of au
  • PMID 22794160
  • Ursodeoxycholic acid for nonalcoholic steatohepatitis.
  • Wu SD, Li L, Wang JY.SourceDepartment of Gastroenterology and Hepatology, Zhongshan Hospital, Fudan University, Shanghai, People's Republic of China.
  • European journal of gastroenterology & hepatology.Eur J Gastroenterol Hepatol.2012 Nov;24(11):1247-53.
  • The aim of this study was to evaluate the effects of ursodeoxycholic acid on patients with nonalcoholic steatohepatitis using meta-analysis. PubMed, EMBASE, Web of Science, Cochrane Library, Chinese Biomedical Databases, and article references were searched. We included randomized controlled trials
  • PMID 22864259

Japanese Journal

  • 進行肝細胞癌に対して集学的治療で完全寛解後8年間無再発生存中のC型慢性肝炎の1例
  • 福森 一太,矢野 洋一,桑木 光太郎,住江 修治,安東 栄治,田中 正俊,佐田 通夫
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(8), 1225-1230, 2007-08-05
  • 64歳,男性.近医でC型慢性肝炎の経過観察中に肝内腫瘤を認め,紹介入院となった.門脈左枝に腫瘍栓をともなう病期分類IV期の進行肝細胞癌(HCC)と診断された.皮下埋め込み式リザーバーを留置し低用量cisplatin, 5-fluorouracilによる肝動注化学療法を週5回投与を1クールとし計10クール施行後,残存するHCCに対し開腹下マイクロ波凝固壊死療法を施行し完全寛解となった.その後経過観察 …
  • NAID 10019986955
  • 非アルコール性脂肪肝炎および橋本病を伴った2型糖尿病の1例
  • 今枝 憲郎,木村 了介,岡山 直司 [他],大河内 昌弘,大見 仁斉,山田 一博,水野 達央,若見 和子,神谷 吉宣,城 卓志
  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 50(7), 505-510, 2007-07-30
  • 症例は54歳,男性.主訴は全身倦怠感.2001年より当科外来に2型糖尿病,高血圧症,脂肪肝のため通院中であった.身長168 cm, 体重84 kg, BMI 29.9, ウエスト周囲径91 cmと肥満を認める.2005年3月8日に随時血糖値323 mg/dl, HbA1c 10.7%, CK 1,588 U/l, AST 84 U/l, ALT 73 U/lであったため,CK高値・肝機能異常の精査 …
  • NAID 10019727126
  • Isoniazid sodium methanesulfonateによる薬剤性肺炎の1例
  • 松島 秀和,杉田 裕,柳沢 勉,生方 幹夫,黒沢 知徳,吉田 文香,金沢 実
  • 結核 78(5), 401-406, 2003-05-15
  • … rifampicine, isoniazid sodium methanesulfonate (IHMS), ethambutol, ursodesoxycholic acidの内服中止のみで呼吸不全および胸部HRCT所見の改善を認めた。 …
  • NAID 130001428706

Related Links

ursodeoxycholic acid is a bile acid used for dissolving gallstones and a type of liver disease known as primary biliary cirrhosis. ... Gallstones cause problems such as pain, jaundice (yellowing of your skin and the whites of your eyes), pancreatitis ...
Find medical information for Ursodeoxycholic Acid including its uses, side effects and safety, interactions, pictures, and warnings ... URSODEOXYCHOLIC ACID PRECAUTIONS Before taking ursodeoxycholic acid, tell your ...


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元ウルソデオキシコール酸

ウルソデオキシコール酸」

  [★]

ursodeoxycholic acid, UDCA
acidum ursodesoxycholicum
ウルソデスオキシコール酸 ursodesoxycholic acid
シキコールTM配合ウビロンウルサミックウルソウルデストンウルデナシンカルディオダインゴクミシンプレコートレプター
ウルソジオール

特徴

  • 利胆薬。肝機能の改善と胆石溶解を期待して使用する。

構造

  • C24H40O4

作用機序

ウルソ錠50mg/ウルソ錠100mg
  • ウルソデオキシコール酸は胆汁分泌を促進する作用(利胆作用)により胆汁うっ滞を改善する.また,投与されたウルソデオキシコール酸は肝臓において,細胞障害性の強い疎水性胆汁酸と置き換わり,その相対比率を上昇させ,疎水性胆汁酸の肝細胞障害作用を軽減する(置換効果).さらに,ウルソデオキシコール酸はサイトカイン・ケモカイン産生抑制作用や肝臓への炎症細胞浸潤抑制作用により肝機能を改善する.そのほか,上記の胆石溶解作用,消化吸収改善作用が知られている.

薬理作用

動態

適応

ウルソ錠50mg/ウルソ錠100mg
  • 1. 下記疾患における利胆
  • 胆道(胆管・胆のう)系疾患及び胆汁うっ滞を伴う肝疾患
  • 2. 慢性肝疾患における肝機能の改善
  • 3. 下記疾患における消化不良
  • 小腸切除後遺症,炎症性小腸疾患
  • 4. 外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解
  • 5. 原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善
  • 6. C型慢性肝疾患における肝機能の改善

注意

副作用

  • 消化器症状、過敏症

禁忌

  • 1. 完全胆道閉塞:利胆作用のため増悪
  • 2. 劇症肝炎:増悪

参考

  • ウルソ錠50mg/ウルソ錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2362001F1088_2_04/2362001F1088_2_04?view=body