perospirone

ペロスピロン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/15 16:41:13」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

English Journal

  • Atypical antipsychotic-induced mania/hypomania: a review of recent case reports and clinical studies.
  • Benyamina A, Samalin L.SourceINSERM U669, Universit Paris-Sud UMR-SO669, AP-HP Paul Brousse University Hospital, Centre for Training, Research and Treatment in Addictions , 94804 Villejuif.
  • International journal of psychiatry in clinical practice.Int J Psychiatry Clin Pract.2012 Mar;16(1):2-7. Epub 2011 Aug 31.
  • Abstract Objective. Numerous case reports (53 between 1994 and 2003) caused concern with manic/hypomanic symptoms induced by atypical antipsychotic (AA) drugs. Its clinical relevance and causal link with AA antidepressant properties are largely unknown. Method. We reviewed newly reported cases and
  • PMID 22122647
  • Relationship between P-glycoprotein and second-generation antipsychotics.
  • Moons T, de Roo M, Claes S, Dom G.SourceUniversity Psychiatric Centre, Catholic University Leuven, Herestraat 49, 3000 Leuven, Belgium. tim.moons@uzleuven.be
  • Pharmacogenomics.Pharmacogenomics.2011 Aug;12(8):1193-211.
  • The membrane transport protein P-glycoprotein (P-gp) is an interesting candidate for individual differences in response to antipsychotics. To present an overview of the current knowledge of P-gp and its interaction with second-generation antipsychotics (SGAs), an internet search for all relevant Eng
  • PMID 21843066

Japanese Journal

  • Perospironeへの切り替えが統合失調症の精神症状,心理社会的機能,錐体外路症状を改善する--22例の後方視的検討
  • 安部 博史,長友 慶子,安藤 一博 [他]
  • 精神科 18(4), 489-494, 2011-04
  • NAID 40018787964
  • 私の論文から Perospirone, a novel antipsychotic drug, reduces marble-burying behavior via 5-HT1A receptor in mice
  • 松下 満彦,江頭 伸昭,藤原 道弘 [他]
  • 九州神経精神医学 55(3・4), 185-188, 2009
  • NAID 40017075460

Related Links

Perospirone (Lullan) is an atypical antipsychotic of the azapirone family. It was introduced in Japan ... Perospirone acts as a 5-HT1A receptor partial agonist, 5- HT2A receptor inverse agonist, and D2, D4, and α1-adrenergic receptor antagonist.
使用期限を過ぎた製品. は使用しないこと。 抗精神病剤. 〈ペロスピロン塩酸塩製剤〉. PEROSPIRONE HCl. 錠4mg. 錠8mg. 錠16mg. 承認番号 22300AMX00762 22300AMX00763 22300AMX00764. 薬価収載 2011年11月 2011年11月 2011年 11月.



★リンクテーブル★
リンク元ペロスピロン

ペロスピロン」

  [★]

perospirone
ペロスピロン塩酸塩酸ペロスピロン水和物 perospirone hydrochloride hydrate
ルーラン
精神神経用剤


  • SDA serotonin dopamine antipsychotic

構造

  • ジベンゾチアゼピン系

作用機序

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • ラット脳内でのドパミン代謝回転又はFos蛋白発現を指標とした作用機序の検討から、錐体外路症状との関連が深いとされている線条体に対する作用選択性がハロペリドールに比べ弱いことが示唆された。17),18)

薬理作用

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • (1) ドパミン2受容体の遮断により、ラット及びマウスでのメタンフェタミン又はアポモルヒネによる興奮や常同行動等の行動変化並びにラットでの条件回避反応を抑制し、これらの効力はハロペリドールの約1/3~1/5であった。13),14)
  • (2) セロトニン2受容体の遮断により、ラットでのトリプタミン又はp-クロロアンフェタミンによる前肢けいれんや体温上昇等の行動変化を抑制し、その効力はハロペリドールに比べ10倍以上強力であった。13),14)また、ラットでの恐怖条件付けすくみ行動試験(情緒障害モデル)で心理ストレスによるすくみ行動(無動症状)の発現を抑制した。15)
  • (3) ラット及びマウスでのカタレプシー誘発作用、マウスでのブラジキネジア(寡動)誘発作用はハロペリドールの1/10以下であった。13),16)

動態

効能又は効果

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg

注意

禁忌

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • 1. 昏睡状態の患者〔昏睡状態を悪化させるおそれがある。〕
  • 2. バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者〔中枢神経抑制作用が増強される。〕
  • 3. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 4. アドレナリンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

副作用

重大な副作用

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • 無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。
  • 2. 遅発性ジスキネジア(0.1~1%未満)
  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。
  • 3. 麻痺性イレウス(0.1~1%未満)
  • 腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。なお、本剤は動物実験(イヌ)で制吐作用を有することから、悪心・嘔吐が不顕性化することが考えられるので注意すること。
  • 4. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(0.1~1%未満)
  • 低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。なお、抗精神病薬の高用量、長期間投与がSIADH発現の危険因子になるとの報告がある。
  • 5. 痙攣(頻度不明)
  • 痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 6. 横紋筋融解症(頻度不明)
  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。
  • 7. *無顆粒球症、白血球減少(頻度不明)
  • 無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 8. *高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明)
  • 高血糖や糖尿病の悪化があらわれ、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡に至ることがある。口渇、多飲、多尿、頻尿等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、インスリン製剤の投与等の適切な処置を行うこと。〔「慎重投与」、「重要な基本的注意」の項参照〕
  • 9. **肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明)
  • 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。〔「重要な基本的注意」の項参照〕

相互作用

参考

  • ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179043F1032_2_10/1179043F1032_2_10?view=body