099F002

  • 30歳の男性。不眠、不安、食欲低下および体重減少を主訴として妻に伴われて来院し、精神科病棟へ任意入院した。身体所見で前腕の静脈に沿って注射痕が認められた。その翌朝から周囲の者に対する被害妄想と幻聴とを認めた。患者は「自分は病気ではないので退院する」と希望し、説得に応じようとしない。検尿の結果、メタンフェタミンが検出された。自傷他害のおそれはない。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a. 家族に引きとらせる。
  • b. 医療保護入院の手続きをする。
  • c. 保健所に措置入院を申請する。
  • d. 個室のベッド上に身体を拘束する。
  • e. 警察に届け出る。

[正答]


※国試ナビ4※ 099F001]←[国試_099]→[099F003



★リンクテーブル★
国試過去問099F001」「099F003

099F001」

  [★]

  • 娘が父親を在宅で介護したいと相談にきた。父は80歳で、脳梗塞のために片麻痺になり入院したが、リハビリテーションを受けずに3週後に退院した。退院後、意欲をなくし、おむつをして2階の部屋で寝たきりの状態で生活するようになった。娘夫婦が同居し、働いて生計を立てている。母親が面倒をみているが、父親が起立・歩行ができないため風呂に入れることはできない。母親も高齢のため何度も2階に行く介護生活に疲れてきており、体調不良を訴えるようになった。
  • 娘への助言として適切でないのはどれか。
  • a. 訪問入浴介護を受ける。
  • b. 父親の居室を1階にする。
  • c. 仕事を辞めて介護をする。
  • d. 父親の親友に訪問を依頼する。
  • e. ホームヘルパーの派遣を依頼する。

[正答]


※国試ナビ4※ 099E080]←[国試_099]→[099F002

099F003」

  [★]

  • ある疾患のA町での罹患率が郡内で高いかどうかを調べるために、郡全体を標準集団として、A町での標準化罹患率(%)を求めた。


  • 正しいのはどれか。
  • a. 2.4%
  • b. 2.8%
  • c. 3.0%
  • d. 3.6%
  • e. 3.8%

[正答]


※国試ナビ4※ 099F002]←[国試_099]→[099F004