095G004

  • 62歳の女性。言動の異常を認めた家族に伴われ来院した。4か月前から「タヌキがいろいろなことを言っている。」と言い、応接間の机の上にご飯や千円札をのせるといった行動が見られるようになった。家族が理由を尋ねると、「「私は東京のタヌキです。孫と一緒に来ました。おなかが空いているので何か下さい。そうしないと、あなたの家に祟りがありますよ。』といったような声が聞こえてくる。」と言う。精神疾患の既往はない。身長155 cm、体重48 kg。意識は清明。神経学的身体診察では異常を認めない。日常生活動作(ADL)は自立している。頭部CTでは年齢相応の変化以外に異常はない。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 高齢はリスク要因である。
  • b. 感情鈍麻が存在する。
  • c. 痴呆が存在する。
  • d. 抗不安薬による薬物療法を行う。
  • e. 予後は不良である。

[正答]


※国試ナビ4※ 095G003]←[国試_095]→[095G005



★リンクテーブル★
国試過去問095G005」「095G003

095G005」

  [★]

  • 10歳の男児。母親が相談に来院した。正常分娩で運動発達は正常で「賢そうな子供」とよくほめられた。3歳ころにいくつかの発語があったが3か月で消えてしまった。同じころ、ナンパープレートの数字を覚えて積木で並べることがあった。またよく迷子になり、全く泣かないので見つけるのが大変だった。現在、かん高い声でオウム返しをしたりする。数字と難しい漢字とを覚えるのが得意で、電話帳をボロポロになるまで絶えずながめている。強い偏食があり、食べるものは10種類ほどに限られている。この疾患について誤っているのはどれか。
  • a. 罹患率は男児に高い。
  • b. 発作性脳波異常を認めることが多い。
  • c. 学習能力は正常に保たれる。
  • d. 多動を伴うことが多い。
  • e. 認知発達障害と考えられている。

[正答]


※国試ナビ4※ 095G004]←[国試_095]→[095G006

095G003」

  [★]

  • 69歳の女性。家族に伴われ来院した。12年前から手指振戦、無動および歩行障害のためにドパミン作動薬による治療を受けてきた。最近症状が悪化したので薬を増やしたところ、「Aちゃん(孫の名前)が呼んでいる。」と言い、夜中に飛び起きて近隣を歩き回ったり、大声での独り言が目立ち、家族が注意しても言動が改善しなくなった。身長150cm、体重48kg。意識は清明。四肢腱反射低下。両手首と肘とに筋強剛を認める。歩行は前屈みで両腕の振りを認めない。この患者でまず行うべき薬物療法はどれか。
  • a. 現在の薬物を減量する。
  • b. 抗コリン薬に変更する。
  • c. 抗精神病薬を追加する。
  • d. 抗うつ薬を追加する。
  • e. 抗不安薬を追加する。

[正答]


※国試ナビ4※ 095G002]←[国試_095]→[095G004