095C008

  • 23歳の看護婦。HBs抗原陽性患者の採血をした後、その注射針で自分の指を誤って剌した。この看護婦はHBs抗原・抗体が陰性であった。直ちに行うべきことはどれか。
  • (1) ロで指から血液を吸い出す。
  • (2) プレドニゾロンを筋注する。
  • (3) HBワクチンを接種する。
  • (4) HBs抗体含有ガンマグロブリン製剤を投与する。
  • (5) 肝機能検査を行う。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095C007]←[国試_095]→[095C009



★リンクテーブル★
国試過去問095C007」「095C009

095C007」

  [★]

  • 78歳の女性。在宅療養中のところ介護老人保健施設に初めて入所した。10年前からB型肝炎ウイルスのキャリアであることが病歴に記載されている。必要な対策はどれか。
  • a. 個室に収容する。
  • b. 介護者にB型肝炎ウイルスキャリアであることを周知する。
  • c. 介護者は入室時には着衣を取り替える。
  • d. 介護者はこの入所者の汗には直接触れない。
  • e. 入浴時は他の入所者と同じ浴槽を使わない。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C006]←[国試_095]→[095C008

095C009」

  [★]

  • 60歳の男性。定期健康診断を受けに来院した。高校卒業後から、染料工場に勤務していた。現在では製造中止となっているβ-ナフチルアミンを使用する仕事に数年間従事したことがある。現在とくに自覚症状はない。最も気をつけるべき疾患はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C008]←[国試_095]→[095C010