095A111

  • 肝細胞癌に対して経動脈性塞栓術が適応とならないのはどれか。
  • (1) 胃静脈瘤の合併
  • (2) 3個以上の多発
  • (3) 腫瘍の破裂
  • (4) 腫瘍による門脈本幹の閉塞
  • (5) 高度の肝不全
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095A110]←[国試_095]→[095A112



★リンクテーブル★
国試過去問095A110」「095A112

095A110」

  [★]

  • 左右総腸骨動脈塞栓発生3日後の患者に、局所麻酔で塞栓・血栓除去術を行った。血流再開後に起こりうる病態はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095A109]←[国試_095]→[095A111

095A112」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 095A111]←[国試_095]→[095A113