運動器リハビリテーション

musculoskeletal rehabilitation


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 神経筋電気刺激における運動器リハビリテーションと工学 : 医工連携による装置の開発
  • 志波 直人,松瀬 博夫,吉光 一浩,名護 健,松垣 亨
  • 運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 22(1), 19-23, 2011-06-09
  • NAID 10029055017
  • 運動器の機能向上および運動器リハビリテーション : 介護予防の観点から
  • 天本 健司
  • 日本整形外科學會雜誌 85(1), 28-33, 2011-01-25
  • NAID 10029094473

Related Links

*第26回日本運動器科学会 会 期: 平成26年7月5日(土) 会 場: アクトシティ浜松 〒430-0928 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL:053-451-1111 会 長: 藤野 圭司 (藤野整形外科医院) テーマ: 「骨折のドミノを防ごう」 ...
1 運動器リハビリテーション料 (I) (1単位) 175点 2 運動器リハビリテーション料 (II) (1単位) 165点 3 運動器リハビリテーション料 (III) (1単位) 80点 注1別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生 ...



★リンクテーブル★
国試過去問110E063
関連記事リハビリテーション」「リハビリ

110E063」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。発熱と全身の倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴:2か月前に37℃台の発熱があり、かかりつけ医から抗菌薬を処方された。7日後に解熱したが、倦怠感と食欲低下は持続していた。10日前から38℃台の発熱があり、再度かかりつけ医を受診した。抗菌薬と解熱薬とを処方されたが、発熱と倦怠感が持続するため受診した。
  • 既往歴:高血圧症と糖尿病で内服治療中。
  • 生活歴:一人暮らし。無職。喫煙は20本/日を50年間。飲酒はビール1,000~1,500mL/日を50年間。
  • 家族歴:父親が胃癌で死亡。母親が大腸癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 182cm、体重 90kg。体温 38.0℃。脈拍 108/分、整。血圧 138/80mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 96%(room air)。皮膚は乾燥している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は乾燥が著明である。頸静脈の怒張を認めない。表在リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音は正常。肋骨脊柱角に叩打痛を認めない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白1+、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 440万、Hb 15.1g/dL、Ht 44%、白血球 14,500(桿状核好中球2%、分葉核好中球 88%、好酸球 0%、好塩基球 0%、単球 4%、リンパ球 6%)、血小板 32万、PT 87%(基準 80~120)。血液生化学所見:総蛋白 7.1g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.5mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 57IU/L、ALT 43IU/L、LD 355IU/L(基準 176~353)、ALP 349IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 109IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 38IU/L(基準 37~160)、CK 76IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 38mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 9.0mg/dL、血糖 284mg/dL、HbA1c 9.6%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 174mg/dL、トリグリセリド 179mg/dL、Na 135mEq/L、K 4.9mEq/L、Cl 105mEq/L。CRP 11mg/dL。心電図で洞性頻脈を認める。胸部エックス線写真で異常を認めない。
  • その後の経過:精査のため入院とし、腹部超音波検査で肝膿瘍を認めた。超音波ガイド下膿瘍穿刺吸引検査を行い、採取した穿刺液を培養検査に提出し、抗菌薬の投与を開始した。培養検査ではGram陽性球菌が検出された。
  • 治療が奏功し退院が計画された。ADLは自立しており、明らかな認知機能障害を認めないが、食事の準備と服薬管理とに問題がみられた。
  • この患者の退院支援として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 110E062]←[国試_110]→[110E064

リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)

リハビリ」

  [★] リハビリテーション