upper airway syndrome

出典: meddic

かぜ症候群上気道症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The status of cephalometry in the prediction of non-CPAP treatment outcome in obstructive sleep apnea patients.
  • Denolf PL1, Vanderveken OM2, Marklund ME3, Braem MJ4.
  • Sleep medicine reviews.Sleep Med Rev.2016 Jun;27:56-73. doi: 10.1016/j.smrv.2015.05.009. Epub 2015 Jun 9.
  • Obstructive sleep apnea syndrome (OSAS) is the most common sleep disordered breathing disorder (SDB) in adults and is characterized by a recurrent partial or complete collapse of the upper airway during sleep. This can be caused by many factors, sometimes interacting, such as skeletal malformations,
  • PMID 26452001
  • Reduction of internal carotid artery intima-media thickness in patients with moderate-to-severe obstructive sleep apnea syndrome after nasal surgery and uvulopalatopharyngoplasty.
  • Peng Y1, Zhang L1, Hu D1, Dai Y1, Wang S2, Liao H3, Xiong Y3.
  • Acta oto-laryngologica.Acta Otolaryngol.2016 May;136(5):514-21. doi: 10.3109/00016489.2015.1130856. Epub 2016 Jan 29.
  • Conclusion Multi-level surgeries for the nasal cavity and palate can reduce the severity of obstructive sleep apnea with major narrowing above the retropalatal airway and reduce the carotid intima-media thickness, which can provide cardiovascular benefits to patients. Objective To evaluate the outco
  • PMID 26824298
  • Cerebro-costo-mandibular syndrome: Clinical, radiological, and genetic findings.
  • Tooley M1, Lynch D2, Bernier F2, Parboosingh J2, Bhoj E3, Zackai E3, Calder A4, Itasaki N5, Wakeling E6, Scott R7, Lees M7, Clayton-Smith J8, Blyth M9, Morton J10, Shears D11, Kini U11, Homfray T12, Clarke A13, Barnicoat A7, Wallis C14, Hewitson R14, Offiah A15, Saunders M16, Langton-Hewer S17, Hilliard T17, Davis P18, Smithson S1.
  • American journal of medical genetics. Part A.Am J Med Genet A.2016 May;170(5):1115-26. doi: 10.1002/ajmg.a.37587. Epub 2016 Mar 12.
  • Cerebro-Costo-Mandibular syndrome (CCMS) is a rare autosomal dominant condition comprising branchial arch-derivative malformations with striking rib-gaps. Affected patients often have respiratory difficulties, associated with upper airway obstruction, reduced thoracic capacity, and scoliosis. We des
  • PMID 26971886

和文文献

  • 睡眠時無呼吸症候群 (特集 呼吸器内科 : EVIDENCE UPDATE)
  • 睡眠時呼吸障害病態の手術効果からの検討
  • 久松 建一,工藤 逸大,牧山 清,高根 智之,平井 良治
  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 25(2), 139-150, 2012-06-10
  • NAID 10030795337
  • 臨床 睡眠時呼吸障害に対する鼻内手術の鼻腔抵抗による評価
  • 久松 建一,工藤 逸大,高根 智之 [他],牧山 清,平井 良治
  • 耳鼻咽喉科臨床 105(9), 851-857, 2012
  • … In fifty-six patients with sleep-disordered breathing (SDB), including obstructive sleep apnea-hypopnea syndrome (OSAHS), upper airway resistace syndrome (UARS), snoring and excessive daytime sleepiness, the nasal resistance was measured preoperatively with rhinomanometry using the anterior method. …
  • NAID 130002141254

関連リンク

In-depth information about Upper Airway Resistance Syndrome from the Ohio Sleep Medicine Institute Appointment Request What We Offer Second Opinion Physicians ...
Upper airway resistance syndrome (UARS) is a distinct, commonly underdiagnosed syndrome of sleep-disordered breathing. It is characterized by abnormal respirato ... Diagnosis UARS patients can present with a cluster of ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元かぜ症候群」「上気道症候群
関連記事upper」「syndrome」「airway

かぜ症候群」

  [★]

cold syndrome, common cold syndrome
上気道症候群 upper airway syndrome急性上気道炎 acute upper respiratory tract infection


概念

  • 上気道粘膜の急性カタル性炎症(急性カタル性上気道炎)の総称
  • 急性鼻炎や咽頭炎を呈し、全身症状は軽微。
  • 予後良好、2-5日で軽快し予後は良好。

病因

  • ウイルス:ほとんど
  • 特殊な細菌&細菌
  • 環境要因:個体条件(アレルギー、免疫不全、脱水、疲労、飲酒など)、物理化学的刺激(乾燥、寒冷)

疫学

  • 多くの人が1年に1回以上罹患。冬期に多い。
  • 小児において罹患回数が多い → 成人になると記憶T細胞、記憶B細胞が増加するため、なんとなくウイルスに対して抵抗性が付与される、はず。

病理

  • ウイルスの場合、上気道粘膜に付着して、粘膜上皮を冒す。上気道線毛円柱上皮(呼吸上皮)に付着し、上皮細胞は変性・脱落・壊死する。上皮を失った部位から細菌が侵入しやすくなる。

病型

症状

  • 鼻かぜ:鼻汁、鼻閉などの鼻症状が主体
  • のどかぜ:咽頭痛、嗄声など咽頭症状が主体
  • 気管支かぜ:咳、痰などの気管支症状が主体

共通の症状

  • まず、鼻炎症状が緩徐に発現し、鼻咽頭不快感・乾燥感、くしゃみ、鼻閉、水様鼻汁を呈する。

病原体に特異的な症状

診断

  • 臨床的診断
  • 検査はほとんどの場合行わないが、インフルエンザ、溶連菌などを鑑別する場合には迅速診断キットを使う。 → つかえる迅速診断キットがあればのはなし

検査

  • 血液検査:ウイルス感染の場合、WBCやCRPは動かないが、細菌感染があれば上昇する。
  • ウイルス分離は一般臨床では行われない。 → 高コストだし、培養している内に治癒する。
  • 血清抗体価測定ではペア血清で 4 倍以上の上昇で陽性とする。 → 高コストだし、ペア血清を取った時点で治癒する。
  • 細菌感染を疑ったら、喀痰検査(培養は時間がかかるので検鏡でしょう?)、血液検査(血算)のちに、培養して薬物感受性検査を行う(けど時間がどのくらいかかるのやら)

治療

  • 一般療法(安静、保温・保湿、栄養補給、脱水予防、入浴制限)
  • 対症療法:解熱・鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬、蛋白分解酵素製剤、含嗽薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン薬
  • 細菌感染が疑われるときのみ、抗生物質を使用する。予防的に使うのはいかがな最中

予後

  • 良好。数日-1週間で軽快

予防

  • RSウイルス:適応が限られるが、ワクチンを使うことができる。


上気道症候群」

  [★]

upper airway syndrome
かぜ症候群


upper」

  [★]

  • adj.
  • 上部の
upper part

WordNet   license wordnet

「the topmost one of two」

WordNet   license wordnet

「piece of leather or synthetic material that forms the part of a shoe or boot above the sole that encases the foot; "Uppers come in many styles"」

WordNet   license wordnet

「higher in place or position; "the upper bunk"; "in the upper center of the picture"; "the upper stories"」

WordNet   license wordnet

「superior in rank or accomplishment; "the upper half of the class"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(場所・位置が)『上のほうの』,上部の / 『上級の』,上位の / 奥地の,上流の / 靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分) / 覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)」


syndrome」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「a pattern of symptoms indicative of some disease」

WordNet   license wordnet

「a complex of concurrent things; "every word has a syndrome of meanings"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群 / (事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態」


airway」

  [★] 気道 respiratory tract

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉航空路 / 〈C〉(鉱山などの)通風路 / 《複数形》航空会社」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡