rubella

出典: meddic

風疹

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=German measles」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/13 02:27:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Immunogenicity and Safety of Measles-Mumps-Rubella and Varicella Vaccines Coadministered with a Fourth dose of Haemophilus influenzae Type b and Neisseria meningitidis Serogroups C and Y-Tetanus Toxoid Conjugate Vaccine in Toddlers: A Pooled Analysis of Randomized Trials.
  • Bryant K, McVernon J, Marchant C, Nolan T, Marshall G, Richmond P, Marshall H, Nissen M, Lambert S, Aris E, Mesaros N, Miller J.SourceUniversity of Louisville; Louisville, KT USA.
  • Human vaccines & immunotherapeutics.Hum Vaccin Immunother.2012 Aug 1;8(8). [Epub ahead of print]
  • A pooled analysis was conducted of 1257 toddlers who received a fourth dose of Haemophilus influenzae type b-Neisseria meningitidis serogroups C and Y-tetanus toxoid conjugate vaccine (HibMenCY-TT) or Hib conjugate vaccine (Hib polysaccharide conjugated to N. meningitidis outer membrane protein) coa
  • PMID 22617844
  • Characterization of cell lines stably transfected with rubella virus replicons.
  • Tzeng WP, Xu J, Frey TK.SourceDepartment of Biology, Georgia State University, P.O. Box 4010, Atlanta GA 30302-4010, USA.
  • Virology.Virology.2012 Jul 20;429(1):29-36. Epub 2012 Apr 26.
  • Rubella virus (RUBV) replicons expressing a drug resistance gene and a gene of interest were used to select cell lines uniformly harboring the replicon. Replicons expressing GFP and a virus capsid protein GFP fusion (C-GFP) were compared. Vero or BHK cells transfected with either replicon survived d
  • PMID 22542003

和文文献

  • 症例報告 風疹再感染後に死産に至った1例
  • 高橋 望,松本 佳余子,西島 明 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 63(1), 42-46, 2014-01
  • NAID 40019998169
  • 風疹HI抗体価別によるワクチン接種ブースターの長期効果
  • 寺田 喜平,赤池 洋人,荻田 聡子 [他]
  • 感染症学雑誌 = The journal of Japanese the Association for Infectious Diseases 88(1), 110-116, 2014-01
  • NAID 40019974382
  • 看護大学学生の麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎の抗体価の推移
  • 山本 法子,安岡 砂織,出野 慶子 [他]
  • 東邦看護学会誌 (11), 15-19, 2014
  • NAID 40020020385

関連リンク

風疹(ふうしん、英: Rubella)は、ウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる急性 熱性発疹性疾患。一般に日本では三日はしかとしても知られ、英語では「German measles(ドイツはしか)」とも呼ばれている。日本では「風しん」として感染症法に基づく 五類 ...
Rubella, also known as German measles or three-day measles, is a disease caused by the rubella virus. The name "rubella" is derived from Latin, meaning little red. Rubella is also known as German measles because the disease was first ...

関連画像

Picture of Rubellarubellarubella main menu rash and fever rubella Rubella Photosالترجمة الفورية للصفحة maculopapular rash indicative of rubella


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 16」「風疹」「麻疹・ムンプス・風疹ワクチン
拡張検索rubella panencephalitis」「measles-mumps-rubella vaccine」「rubella vaccine
関連記事rubel

100Cases 16」

  [★]

☆case16 膝の痛み
glossary
indigestion 消化障害消化不良
症例
80歳 男性
主訴:左膝の痛みと腫脹
現病歴:左膝の痛みを2日前から認めた。膝は発熱腫脹しており、動かすと疼痛を生じる。時々胸焼けと消化不良が見られる。6ヶ月前のhealth checkで、高血圧(172/102mmHg)と血中クレアチニンが高い(正常高値)こと以外正常といわれた。その4週間数回血圧測定したが、高値継続したため、2.5mg bendrofluamethizide(UK)/ベンドロフルメチアジドbendroflumethiazide(US)で治療開始した。最近血圧は138/84 mmHgであった。
喫煙歴:なし。
飲酒歴:一週間に平均4unit。
既往歴股関節中程度(mild)の変形性関節症
家族歴:特記なし
服薬歴アセトアミノフェン(股関節疼痛に対して)
身体所見 examination
 血圧 142/86mmHg体温37.5℃。脈拍88/分。grade 2 hypertensive retinopathy(高血圧症性網膜症)。心血管系呼吸器系検査場異常なし。手にDIPにヘバーデン結節なし。
 左膝が発熱腫脹している。関節内に液、patellar tap陽性。90℃以上膝関節屈曲させると痛みを生じる。右の膝関節正常に見える。
検査 investigation
 生化学白血球増多、ESR上昇、尿素高値グルコース高値
 単純X線:関節間隙やや狭小。それ以外に異常は認めない。
problem list
 #1 左膝の痛み
 #2 胸焼け
 #3 消化不良
 #4 高血圧
 #5 クレアチニン正常高値
 #6 股関節変形性リウマチ
 #7 高血圧性網膜症
■考え方
 ・関節痛鑑別診断を考える。
 ・VINDICATEで考えてみてもよいでしょう。
 ・関節痛頻度としては 外傷慢性疾患(OAなど)>膠原病脊椎疾患悪性腫瘍
関節痛の鑑別疾患
DIF 282
V Vascular 血友病 hemophilia, 壊血病 scurvy, 無菌性骨壊死 aseptic bone necrosis (Osgood-Schlatter diseaseとか)
I Inflammatory 淋疾 gonorrhea, ライム病 lyme disease, 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus, 連鎖球菌 Streptococcus, 結核 tuberculosis, 梅毒 syphilis, 風疹 rubella, 単純ヘルペス herpes simplex, HIV human immunodeficiency virus, サイトメガロウイルス cytomegalovirus
N Neoplastic disorders 骨原性肉腫 osteogenic sarcoma, 巨細胞腫 giant cell tumors
D Degenerative disorders degenerative joint disease or 変形性関節症 osteoarthritis
I Intoxication 痛風 gout (uric acid), 偽痛風 pseudogout (calcium pyrophosphate), ループス症候群 lupus syndrome of hydralazine (Apresoline) and procainamide, gout syndrome of diuretics
C Congenital and acquired malformations bring to mind the joint deformities of tabes dorsalis and syringomyelia and congenital dislocation of the hip. Alkaptonuria is also considered here.
A Autoimmune indicates (多い)関節リウマチ RA (可能性)血清病 serum sickness, 全身性エリテマトーデス lupus erythematosus, リウマチrheumatic fever, ライター症候群 Reiter syndrome, 潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis, クローン病=限局性回腸炎 regional ileitis, 乾癬性関節psoriatic arthritis (老人であり得る)リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica
T Trauma 外傷性滑膜炎 traumatic synovitis, tear or rupture of the collateral or cruciate ligaments, 亜脱臼 subluxation or laceration of the meniscus (semilunar cartilage), 脱臼 dislocation of the joint or patella, a 捻挫 sprain of the joint, and fracture of the bones of the joint.
E Endcrine 先端肥大症 acromegaly, 閉経 menopause, 糖尿病 diabetes mellitus
■答え
 骨格筋系-関節炎-単関節炎-急性単関節
 痛風 尿酸 → 発熱ESR↑、白血球
 偽痛風 ピロリンカルシウム
 高齢女性でチアジド利尿薬の使用により痛風誘発されやすい。特に腎機能低下糖尿病の人はこのリスクが高まる。
■(BSTからの知識「)循環器領域での利尿薬
心不全治療において、循環血漿量を減らし、心臓前負荷軽減する。
利尿薬は高尿酸血症を起こす。(けど、心不全治療において高尿酸血症になったからといって痛風発症している患者はみたことない)
電解質異常を起こしやすいので、血液生化学検査でモニタして注意する。たとえば低Kで不整脈リスクが高まる。
チアジド系の利尿薬血糖を上げるし、尿酸を上げる
長期の使用で腎機能を低下させる
initial plan
 Dx 1. 関節液の吸引関節液の一般検査生化学検査、培養検査
    ・白血球増加していれば急性炎症性であることを示す。
    ・偏光顕微鏡関節液を検鏡する。
     ・尿酸結晶:針状結晶negatively birefringent
     ・ピロリンカルシウム結晶positively birefringent
 Tx 1. 関節液の吸引炎症が軽度改善
   2. NSAIDによる疼痛管理
   3. PPINSAID潰瘍予防するため
   4. ACE inhibitor導入


風疹」

  [★]

rubella
三日はしか
風疹ウイルス感染症法

特徴

感染経路

  • 経気道感染(SMB.455)←つまり飛沫感染?。別の資料:飛沫経気道感染

疫学

  • 好発年齢:5~15歳。 別の資料:4-9歳が先体の60%を占める(ウイルス学授業プリント)
  • 季節性:春から初夏
  • 不顕性感染率は約25%
  • 終生免疫あり

潜伏期

  • 18日 (ウイルス学授業プリント)。別の資料:16~18日間が多い

症状

  • 丘疹:紅斑状の発疹が顔面に出現し、次第に体幹、四肢に広がる。発疹は癒合しない (⇔麻疹)。発疹消退後、色素沈着無し
  • 軽度の発熱(38℃)、耳後、後頭部のリンパ節の腫脹、結膜炎、咽頭痛を呈する。

3大主症状

  • 発疹、発熱、 リンパ節腫脹(耳介後部リンパ節)

合併症

  • 関節炎 (成人女性に多い)
  • 血小板減少性紫斑病 (3000例に1例)
  • 脳炎(6000例に1例)
  • 溶血性貧血(まれ)

経過

  • 病期:6-7日
  • 発症前(発疹出現前)から伝染力有り。大体、感染時より10日後(SMB.455)
このころには口腔、咽頭、気道分泌液中にウイルスが存在(SMB.455)
発症7日前からウイルス血症
  • 発疹より先立って頚部のリンパ節が腫脹し、発疹消失後数週間に渡って持続
  • 発疹出現-3~5日-発疹消失
  • 発疹と共に発熱-2~3日-解熱 →三日はしか

検査

  • HI:(陽性)血清8倍未満
  • CF:(陽性)血清4倍未満
  • EIA
  • IgG(陰性)2.0未満
  • IgN(陰性)0.8未満

治療

予防

米ではMMRワクチンを12-15月、4-6歳の2回接種
  • 風疹のγグロブリン製剤は少なくとも日本にはない

出席停止の解除(学校保険法)

先天性風疹症候群

  • 妊娠初期(妊娠3ヶ月以内)の妊婦に感染した場合は、胎児の多くが先天性異常を持って生まれてくる

先天性異常

  • 聴覚障害:神経知覚性難聴
  • 眼症状:白内障緑内障、小眼症、網膜症
  • 心疾患:動脈管開存肺動脈狭窄中隔欠損
  • その他:小頭症、身体発育遅滞、骨透明症、肝脾種、血小板減少性紫斑病

発生率

  • 妊娠4週まで :50%以上
  • 妊娠 5~ 8週:35%
  • 妊娠 9~12週:15%
  • 妊娠13~16週: 8%
  • 妊娠20週以降:まれ==ウイルス学==

鑑別




麻疹・ムンプス・風疹ワクチン」

  [★]

measles-mumps-rubella vaccine, MMR vaccine
MMRワクチン
麻疹, 流行性耳下腺炎, 風疹麻疹おたふくかぜ風疹混合ワクチン
measles, mumps, rubella


rubella panencephalitis」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a rare loss of mental and physical skills in adolescents; associated with the rubella virus」

measles-mumps-rubella vaccine」

  [★] 麻疹・ムンプス・風疹ワクチン

rubella vaccine」

  [★]

measles-mumps-rubella vaccine


rubel」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the basic unit of money in Belarus」


"http://meddic.jp/rubella" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡