methemoglobin

出典: meddic

メトヘモグロビン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/23 06:19:26」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Prolonged Intravenous Infusion of Sodium Nitrite Delivers Nitric Oxide (NO) in Humans.
  • Pluta RM.SourceSurgical Neurology Branch, National Institute of Neurological Disorders and Stroke, National Institutes of Health, 5512 Pembroke Terrace, Bethesda, MD, USA, rysiek@ninds.nih.gov.
  • Acta neurochirurgica. Supplement.Acta Neurochir Suppl.2013;115:49-51.
  • In preclinical studies, infusion of sodium nitrite delivers nitric oxide (NO) as treatment of vasospasm after subarachnoid hemorrhage. We evaluated safety and toxicity of intravenous nitrite administration in healthy volunteers infused with increasing doses of sodium nitrite for 48 h. Twelve volunte
  • PMID 22890643
  • Metabolic activation by human arylacetamide deacetylase, CYP2E1, and CYP1A2 causes phenacetin-induced methemoglobinemia.
  • Kobayashi Y, Fukami T, Higuchi R, Nakajima M, Yokoi T.SourceDrug Metabolism and Toxicology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kanazawa University, Kakuma-machi, Kanazawa 920-1192, Japan.
  • Biochemical pharmacology.Biochem Pharmacol.2012 Nov 1;84(9):1196-206. doi: 10.1016/j.bcp.2012.08.015. Epub 2012 Aug 23.
  • Phenacetin has been used as an analgesic antipyretic but has now been withdrawn from the market due to adverse effects such as methemoglobinemia and renal failure. It has been suggested that metabolic activation causes these adverse effects; yet, the precise mechanisms remain unknown. We previously
  • PMID 22940574

和文文献

  • Regulation of Cytochrome b5 Expression by miR-223 in Human Liver: Effects on Cytochrome P450 Activities
  • Takahashi Kei,Oda Yuki,Toyoda Yasuyuki,Fukami Tatsuki,Yokoi Tsuyoshi,Nakajima Miki
  • Pharmaceutical Research 31(3), 780-794, 2014-03
  • … Purpose: Cytochrome b 5 (b 5) is a hemoprotein that transfers electrons to several enzymes to fulfill functions in fatty acid desaturation, methemoglobin reduction, steroidogenesis, and drug metabolism. …
  • NAID 120005596360
  • The influence of anticoagulant and temperature in measurement of plasma hemoglobin concentration for hemolysis test
  • , , , , ,
  • 生体医工学 52(Supplement), O-544-O-545, 2014
  • … The reason for the decrease in hemoglobin concentration is considered to be the formation of methemoglobin. …
  • NAID 130004948247
  • 17-2 Drinking mineral waters, the actual medical benefit - data of evidence
  • ,
  • 日本温泉気候物理医学会雑誌 77(5), 546-546, 2014
  • … <BR>  Sulfide waters can be damageable for erythrocyte through their deleterious action on enzymatic pathways (GAPDH, G6PDH) and methemoglobin (Albertini, 2008).<BR>  Epidemiologic studies emphasized the ability of some tap waters to facilitate some disorders, mainly acid waters and type I diabetes (Skenes, 2002), poorly silicated waters and Alzheimer's disease (Gillette Guyonnet, 2005).<BR>  If the studies demonstrated actual pharmacological effects of mineral waters, the clinical relevance of these properties as the medical benefit …
  • NAID 130004719536

関連リンク

methemoglobin [met-he´mo-glo″bin] a hematogenous pigment formed from hemoglobin by oxidation of the iron atom from the ferrous to the ferric state. A small amount is found in the blood normally, but injury or toxic agents convert a ...
Definition of METHEMOGLOBIN: a soluble brown crystalline basic blood pigment that differs from hemoglobin in containing ferric iron and in being unable to combine reversibly with molecular oxygen Ask The Editor Videos Lay vs ...

関連画像

Definition of « Methemoglobin »Figure 3Methemoglobin Reductase PathwayMethemoglobin (Ferrihemoglobin)Methemoglobin (Ferrihemoglobin)portrait of the Fugate family-most


★リンクテーブル★
リンク元MRI」「コンピュータ断層撮影」「メトヘモグロビン」「methaemoglobin」「MetHb
拡張検索methemoglobin reductase activity」「congenital methemoglobinemia」「acquired methemoglobinemia」「azide methemoglobin」「methemoglobinemia

MRI」

  [★]

magnetic resonance imaging核磁気共鳴画像磁気共鳴撮像磁気共鳴断層撮影 magnetic resonance computed tomography MR-CT、磁気共鳴映像法磁気共鳴画像法核磁気共鳴画像診断法


頭部MRIにて使用するシークエンス

  • 造影剤を使わない方法
  • TOF法(time-of-flight法)
  • 流入してくるプロトンの量を強調→流入する血流のみを高信号に描出
  • PC法(phase contrast法)
  • 流速に応じた位相の変化を利用
  • 造影剤を使用する方法
  • MRDSA(MR digital subtraction angiography)
  • 造影剤の急速注入→適応:動静脈病変、血行動態、例えば脳動静脈奇形
  • T2*強調画像:出血性病変
  • ダイナミックMRI:下垂体、vascularity
Perfusion imaging:vascularity
  • 頭蓋内スクリーニング(T2より病変がわかりやすい)
  • 適応:急性期脳梗塞

MRIの撮像条件と信号強度

  脂肪
T1強調画像 T1WI
T2強調画像 T2WI
FLAIR
拡散強調画像 DWI

基本的な物質のMRI画像

参考2 SOR.122
T2

調

高信号          










 
               
               
               
              脂肪
               
               
        線維組織      
               
    皮質骨
空気
血流
           
低信号                
   

  .
 
 
  .
 
 
  .
 
 
 .
 
 
  .
 
 
  .
 
 


    T1強調画像


YN.J-60

  • MRIの組織間信号強度
  • MRIの血液信号の強度 経時的変化(脳出血)

整形外科分野でのMRI信号強度(SOR.122)

脳のCT, MRIの比較

  CT MRI
T1 T2
灰白質 high low high
白質 low high low
CSF low low high
血液 high void void

疾患とMRI

脳出血

wiki_jaを引用改変
病期 ヘム鉄の性状 磁性 局在 T2WI T1WI CT
超急性期(24時間以内) オキシヘモグロビン oxyhemoglobin Fe2+/反磁性 赤血球内 軽度高信号 軽度低信号 高吸収域
急性期(3日以内) デオキシヘモグロビン deoxyhemoglobin Fe2+/常磁性 赤血球内 低信号 軽度低信号 高吸収域
急性期(7日以内) メトヘモグロビン methemoglobin Fe3+/常磁性 赤血球内 低信号 高信号 高吸収域
亜急性期(2週間以内) フリーメトヘモグロビン   Fe3+/常磁性 赤血球外 高信号 高信号 辺縁部から低下
慢性期(1か月以後) ヘモジデリン hemosiderin Fe3+/常磁性 赤血球外 低信号 低信号 低吸収域

脳梗塞

  • CTでは発症早期の所見は取りづらく(early CT signは除く)、12-24時間後に低吸収が出現するため、拡散強調画像(DWI)による発症1-3時間後の高信号をとらえるのが早期診断に有用である。

肝臓

SRA.482
  • 正常:T1 >筋肉、脾臓、T2 脾臓、腎臓> >筋肉。
  • 病変:T1 軽度低信号、T2 敬語高信号
  • T1強調画像で高信号:脂肪沈着を伴う病変(脂肪肝、肝細胞癌、線種様過形成)、高蛋白貯留液を含む嚢胞性病変(粘液性嚢胞、感染後の嚢胞)、線種様過形成、常磁体物の沈着(亜急性期メトヘモグロビン)、メラニン、ガドリニウム
  • T2強調画像で著明な高信号:液体の貯留 → 肝嚢胞海綿状血管腫
  • T2強調画像で低信号:水分減少を伴う病変(凝固壊死、線種様過形成)、メラニンデオキシヘモグロビンヘモジデリン

血腫

参考5改変
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

T1とT2

  • T1が場所、T2が性質を知るために行う?

造影

  • ガドリニウム:MRIで造影といえばこれ。
  • 超磁性体酸化鉄粒子 SPIO:肝網内系をターゲットとした造影剤である。SPIOはKupffer細胞に貪食されリソソームにクラスター化される家庭でT2*緩和時間およびT2緩和時間を短縮させる。ゆえにKupffer細胞を含む正常肝組織の信号が低下し、含まない腫瘍とのコントラストを強調することができる。(参考1)

磁場

参考3 参考4
  • 2010年現在、臨床で主流となっているMRIは1.5Tが主流。3Tも入り始めている、らしい。
  • 臨床で使用可能な磁場強度の上限は厚労省が決めているらしい。

参考

  • 1. 多様化する肝転移治療の選択|肝転移の画像診断:Cancer Therapy.jp:コンセンサス癌治療
[display]http://www.cancertherapy.jp/liver_metastasis/2007_autumn/02.html
  • 2. C.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌59巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5905-113.pdf
  • 3. MR検査室 - 慶応大学病院
[display]http://www.hosp.keio.ac.jp/kensa/hoshasen/m0.htm
  • 4. MRI開発史と科学者たち 物理学専攻 M1 24B07054 森尾豊
[display]http://www-het.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~higashij/lecture/coe07/4hanmorio.pdf
  • 5. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf


コンピュータ断層撮影」

  [★]

computed tomography CT, computerized tomography
CTスキャン CT scanコンピューター断層撮影コンピュータ断層撮影法
コンピュータ体軸断層撮影 computed axillar tomography computerized axial tomography CAT、axial computed tomography、computerized trans axial tomography、
X線CT X-ray computed tomography X-CT、CT-scanner

CT値

  • 水:0、空気:-1000とした。脂肪は-100程度。
  • 血腫:40-95 > 灰白質:36-46 > 白質(脂質richだから?):2-32

脳のCT, MRIの比較

  CT MRI
T1 T2
灰白質 high low high
白質 low high low
CSF low low high
血液 high void void

脳出血とCT/MRI




メトヘモグロビン」

  [★]

methemoglobin, metHb, MetHb, MHg
酸化ヘモグロビンフェリヘモグロビン ferrihemoglobin
ヘモグロビン, Hemoglobin M
  • ヘモグロビンは4つのサブユニット(α鎖2つ、β鎖2つ)からなり、それぞれがFe2+を配位したヘムを有する。
  • この4分子存在するヘムがすべて酸化されFe3+となったヘモグロビンをメトヘモグロビンと呼ぶ
  • メトヘモグロビンはO2のへ結合能を失う
  • 血液の色は茶色っぽくなる? (FB.111)

メトヘモグロビンを生成させる物質

治療薬


methaemoglobin」

  [★]

メトヘモグロビン

methemoglobin


MetHb」

  [★] メトヘモグロビン methemoglobin


methemoglobin reductase activity」

  [★] メトヘモグロビン還元酵素活性

congenital methemoglobinemia」

  [★] 先天性メトヘモグロビン血症


acquired methemoglobinemia」

  [★] 後天性メトヘモグロビン血症

azide methemoglobin」

  [★] アザイドメトヘモグロビン


methemoglobinemia」

  [★] メトヘモグロビン血症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡