WHO方式癌疼痛治療

出典: meddic

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮





薬剤群 代表薬 代替薬
非オピオイド鎮痛薬 アスピリン コリン・マグネシウム・トリサルチレート)
アセトアミノフェン ジフルニサルa
イブプロフェン ナプロキセン
インドメタシン ジクロフェナク
  フルルビプロフェン※1
弱オピオイド
(軽度から中等度の強さの痛みに用いる)
コデイン デキストロプロポキシフェンa
ジヒドロコデイン
アヘン末
トラマドールb
強オピオイド
(中等度から高度の強さの痛みに用いる)
モルヒネ メサドンa
ヒドロモルフォンa
オキシコドン
レボルファノールa
ペチジンc
ブプレノルフィンa
フェンタニル※2

鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?

メモ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 知りたかったのは…この薬が!この場面で!処方される理由 泌尿器科のキードラッグ(第12回)疼痛緩和(麻薬など)
  • 雑賀 隆史,名和 秀起
  • 泌尿器ケア 10(12), 1170-1172, 2005-12
  • NAID 40007039101
  • 看護基礎教育課程におけるがん疼痛治療教育の検討 : 『がんの痛みからの解放 第2版』をテキストとして
  • 渡曾 丹和子
  • 秋田大学医学部保健学科紀要 11(1), 86-90, 2003-03-31
  • … 看護基礎教育課程の学生に,がん疼痛の緩和に必要な知識を教授する前提として,モルヒネに関する知識の確認を行った.その後にWHO方式癌疼痛治療法のテキストを用いて講義を実施し,課題レポートにより知識の変化および看護ケアに関する意識の変化を確認した.知識確認テストの結果は,[モルヒネの習慣性]と[モルヒネの使用量について]の正解率が低く,知識不足とモルヒネに対する誤解・偏見を示していた.課題レポート …
  • NAID 110000976129
  • WHO 方式癌疼痛治療法における緩和的神経ブロック療法の適応とその意義

関連リンク

1986年に発表された「WHO方式がん疼痛治療法」は、「がんの痛み治療」として 世界中で実践されていて、多くのがん患者さんを激痛から解放することに貢献しています。 この治療法が提唱される以前の考え方は、がんそのものの治療が ...
【WHO方式のがん疼痛治療法】 がんの強さを3段階に分け 弱い痛みの第1段階では・・・・非ステロイド性抗炎症薬 中程度の痛みには・・・・弱麻薬を非ステロイド性抗炎症薬に追加 強い痛みには・・・・ モルヒネ ...
がん疼痛は決して末期状態だけに出現するものではないので、がんという診断から死亡するまでの間のどの病期においても痛みに対する治療を行う必要があり、痛みの性状や原因についての検討を進めると同時に、適切な鎮痛薬の投与 ...

関連画像

 星ブログ-がん疼痛治療WHO方式 治療身體的疼痛,應疏通經絡ページのトップに戻るWHO方式による癌性疼痛の who 方式 癌 疼痛 治療法


★リンクテーブル★
先読みWHO Cancer Pain Relief Programme
リンク元オピオイドローテーション」「強オピオイド鎮痛薬」「癌性疼痛」「3段階ラダー」「WHO method for relief of cancer pain
関連記事疼痛」「治療」「who」「W」「WHO

WHO Cancer Pain Relief Programme」

  [★] WHO式癌疼痛治療法


オピオイドローテーション」

  [★]

強オピオイド鎮痛薬WHO方式癌疼痛治療
  • 鎮痛効果や副作用がうまくバランスできない場合に他の強オピオイド鎮痛薬に変えて施用すること。


強オピオイド鎮痛薬」

  [★]

WHO方式癌疼痛治療オピオイドローテーション


癌性疼痛」

  [★]

cancer pain, terminal cancer pain
末期癌の疼痛癌疼痛がん疼痛
ブロンプトンカクテルWHO方式癌疼痛治療


3段階ラダー」

  [★] WHO方式癌疼痛治療


WHO method for relief of cancer pain」

  [★] WHO方式癌疼痛治療


疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




治療」

  [★]

therapymedical treatment treatmentcarepracticecurecuringremediationtreatcureremedytherapeutic
行う開業加硫看護硬化習慣、処置、心配、実行、精神療法世話治癒注意治療学治療学的治療的治療法治療薬療法練習診療介護治療上処理ケア実践


who」

  [★]

  • (疑問詞) 誰, (関係詞) ~する人
whom
who whom whose
which wihich whose
World Health Organization

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《疑問代名詞》『だれが』,どんな人が / 《関係代名詞》(先行詞は「人」) / 《制限用法》(…する,…した)『ところの』 / 《非制限用法》『そしてその人は(を)』,それは…する(した)人だが / 《古》《先行詞を含んで》…する人[はだれでも]」


W」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 23rd letter of the Roman alphabet」
w, double-u

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Watt / West; Western」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「wolfram(=tungsten)の原子記号」


WHO」

  [★] 世界保健機関 World Health Organization

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「World Health Organization世界保健機構」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡