TAP

出典: meddic

TAP-1, TAP-2



  • TAP-1
  • TAP-2
  • ATP-binding cassete family(ABC family)に属する
ATPのエネルギーでイオン、糖、アミノ酸、ペプチドを運ぶ
  • インターフェロンでTAPの発現が上昇する
  • 遺伝子はMHC class IIIに存在する
  • TAPは8-16残基のペプチド、C末端が疎水性残基か塩基性残基をよく輸送し、
MHC class Iに結合するペプチドの特徴に一致する (IMM.184)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/28 11:30:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Experimental and computational investigation of the patient-specific abdominal aortic aneurysm pressure field.
  • Antón R1, Chen CY, Hung MY, Finol EA, Pekkan K.
  • Computer methods in biomechanics and biomedical engineering.Comput Methods Biomech Biomed Engin.2015 Jul;18(9):981-992. Epub 2014 Jan 27.
  • The objective of the present manuscript is three-fold: (i) to study the detailed pressure field inside a patient-specific abdominal aortic aneurysm (AAA) model experimentally and numerically and discuss its clinical relevance, (ii) to validate a number of possible numerical model options and their a
  • PMID 24460046
  • The metal-organic framework HKUST-1 as efficient sorbent in a vortex-assisted dispersive micro solid-phase extraction of parabens from environmental waters, cosmetic creams, and human urine.
  • Rocío-Bautista P1, Martínez-Benito C2, Pino V3, Pasán J4, Ayala JH5, Ruiz-Pérez C6, Afonso AM7.
  • Talanta.Talanta.2015 Jul 1;139:13-20. doi: 10.1016/j.talanta.2015.02.032. Epub 2015 Feb 25.
  • Three metal-organic frameworks (MOFs), specifically HKUST-1, MOF-5, and MIL-53(Al), have been synthetized, characterized, studied and compared in a vortex-assisted dispersive micro-solid-phase extraction (VA-D-µ-SPE) procedure in combination with high-performance liquid chromatography (HPLC) with d
  • PMID 25882402
  • Quantification and characterization of microbial biofilm community attached on the surface of fermentation vessels used in green table olive processing.
  • Grounta A1, Doulgeraki AI1, Panagou EZ2.
  • International journal of food microbiology.Int J Food Microbiol.2015 Jun 16;203:41-8. doi: 10.1016/j.ijfoodmicro.2015.03.001. Epub 2015 Mar 5.
  • The aim of the present study was the quantification of biofilm formed on the surface of plastic vessels used in Spanish-style green olive fermentation and the characterization of the biofilm community by means of molecular fingerprinting. Fermentation vessels previously used in green olive processin
  • PMID 25770432
  • Bridged β-cyclodextrin-functionalized MWCNT with higher supramolecular recognition capability: the simultaneous electrochemical determination of three phenols.
  • Yang L1, Fan S1, Deng G1, Li Y1, Ran X1, Zhao H2, Li CP3.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2015 Jun 15;68:617-25. doi: 10.1016/j.bios.2015.01.059. Epub 2015 Jan 28.
  • A rapid and sensitive electrochemical sensor based on disulfides bridged β-cyclodextrin dimer-functionalized multi-walled carbon nanotube (DBβ-CD-MWCNT) nanohybrids with higher supramolecular recognition capability was successfully constructed for the first time. Simultaneous trace analysis of thr
  • PMID 25656778

和文文献

  • 青年期を対象とした温泉水素水飲用の安全性
  • 平松 喜美子,池田 匡,三好 雅之,大庭 桂子,野口 佳美,芦立 典子,西村 直子
  • 米子医学雑誌 63(1), 1-7, 2012-01-31
  • … The research method was the crossover comparison examination of hot spring hydrogen water and tap water for four weeks. … Mean corpuscular volume and mean corpuscular hemoglobin concentration significantly decreased after drinking of hot spring hydrogen water and tap water. …
  • NAID 120003781437
  • 非血縁臍帯血移植後にサイトメガロウイルス網膜炎の治療中に免疫回復ぶどう膜炎を生じた1例
  • 内村 英子/豊口 光子/園部 愛/三宮 瞳/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E234-E238, 2012-01-31
  • 【目的】急性骨髄性白血病に対する非血縁臍帯血移植後にサイトメガロウイルス(CMV)網膜炎を発症し、経過中に免疫再構築ぶどう膜炎を認めた一例を経験したので報告する。,【症例】52歳男性、2008年7月急性骨髄性白血病に対する非血縁臍帯血移植を施行後、免疫抑制剤 タクロリムス(FK506)が投与されていた。同年8月に両側の足背や大腿部に皮疹が出現し、Graft-versus-Host Disease( …
  • NAID 110008767983
  • Gargling for Oral Hygiene and the Development of Fever in Childhood: A Population Study in Japan
  • Noda Tatsuya,Ojima Toshiyuki,Hayasaka Shinya,Murata Chiyoe,Hagihara Akihito
  • Journal of Epidemiology advpub(0), 1111210269, 2012
  • … In subgroup analysis, significantly lower ORs for fever onset were observed for children who gargled with green tea (OR = 0.32), functional water (OR = 0.46), or tap water (OR = 0.70). …
  • NAID 130001313076

関連リンク

野尻浩行写真展『新しい季節に抱かれて』 2014/6/24(tue)-7/6(sun) 13:00-19:00 close(mon) home exhibition next/past map member blog books @tapgalleryさんをフォロー
TAP PORTUGAL 航空Japan のOfficialサイトです。ポルトガル方面へのご旅行は、お気軽にご相談下さい。 ... 国名 :ポルトガル共和国 Republica Portuguesa 位置 :ユーラシア大陸の最西端 国土面積 :約92,000平方km(日本の約4 ...
※本記載は始期日が2013年10月1日以降のご契約のご説明です。 商品について 「TAP」の補償内容、特約内容、ロードアシストや各種サービスの内容を知りたい方はこちらをご参照ください。 保険料・ご契約条件 お客様一人ひとりの状況 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みtransporters associated with antigen processing
リンク元子宮体癌」「tricuspid annuloplasty」「ペプチドトランスポーター」「三尖弁弁輪形成術
拡張検索TAPSE」「TAPVR」「CTAP」「TAP2」「TAPA-1
関連記事tap」「TA」「T

transporters associated with antigen processing」

  [★]

tAP
tAP


子宮体癌」

  [★]

uterine corpus cancer, carcinoma of uterine corpus, cancer of the uterine body
carcinoma corporis uteri
子宮内膜癌 endometrial carcinoma endometrial cancer
子宮腫瘍産婦人科学子宮内膜増殖症(前癌病変)
  • G9M.157(進行期分類)

定義

  • 子宮体部内膜に発生する上皮性悪性腫瘍。

疫学

  • 発生頻度は欧米に多く、日本では少ない(女性人口10万当たり4)→高齢化、生活習慣との関連
  • 発症年齢は50歳代が最も多く、閉経後が7割を占める。40歳以下の婦人は5%程度。
  • 妊娠中および分娩後5年以内に体癌が発見されることはほとんどない。
  • 日本では近年増加傾向。子宮癌全体の30%を占める(みえる9.150)

リスクファクター

プロゲステロンに拮抗されずに、エストロゲンに長期暴露されることによる
  • 典型像:60歳くらいの太った未産の女性
  • 未婚不妊、閉経後、高い初婚・初妊年齢、少ない妊娠・出産回数、卵胞ホルモン服用歴、肥満
  • 卵巣機能異常(無排卵周期症PCOSなどの既往) → 正常量のエストロゲンが存在するものの、これに拮抗するプロゲステロンが欠乏する
出典不明

症状

  • ほとんどの場合に症状がある。
  • 9割で不正性器出血がみられる。そのほか過多月経、異常帯下、下腹部痛など。

子宮体癌の組織的分類

()内の頻度はG9M.155
  • 子宮内膜癌
  • 腺癌:ほとんどが腺癌

G9M.155

  • 腺癌(95%以上)
  • 類内膜癌(80-90%) → 類内膜腺癌(60-70%)、扁平上皮への分化を伴う類内膜腺癌(20-30%)
細胞異型が強い場合にはGradeを上げる。
  • Grade1(高分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下。プロゲステロン受容体陽性率高。予後良好
  • Grade2(中分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の6-50%。プロゲステロン受容体陽性率中。予後中等度
  • Grade3(低分化型)充実増殖の占める割合が腺癌成分の50%超。プロゲステロン受容体陽性率低。予後不良
  • その他(扁平上皮癌など(5%以下))

発生機序による分類

  • type I:エストロゲン依存性。発症は遺伝子変異とエストロゲンの長期持続刺激による子宮内膜細胞の異常増殖
  • type II:エストロゲン非依存性。子宮内膜異型増殖症を介さないで癌化する
  I型子宮体癌 II型子宮体癌
発生機序 エストロゲンへの長期暴露 de novo癌
好発年齢 閉経前-閉経早期  
頻度 80-90% 10-20%
病巣周辺の
子宮内膜異型増殖症
あり なし
組織型 類内膜腺癌 漿液性腺癌
明細胞腺癌
分化度 高分化型 低分化型
筋層浸潤 軽度 高度
予後 比較的良好 不良
遺伝子変異 K-ras, PTEN p53

検査

超音波エコー(経膣超音波)

腫瘍マーカー

MRI

  • T2画像が有用。
  • junctional zoneの菲薄化・欠損
  • 子宮内膜>腫瘍>筋層>junctional zone

診断

  • スクリーニング:細胞診
  • 子宮腔内の吸引あるいは擦過細胞診による検出率:90%以上
  • 子宮頚・腟部からの細胞採取による検出率:50%以下
  • 確定診断:子宮内膜の試験掻爬組織診

手術進行期分類 (日産婦 1995,FIGO1998)

原則として手術進行期分類を用い、手術を行っていない例では臨床進行期分類を用いる
体 → 頚 → 骨盤内 → 骨盤外
0期: 子宮内膜異型増殖症
I期: 子宮体部に限局
Ia期: 子宮内膜に限局
Ib期: 浸潤が子宮筋層1/2以内
Ic期: 浸潤が子宮筋層1/2を越える
II期: 子宮頸部に及ぶ
IIa期: 頸管腺のみ
IIb期: 頸部間質浸潤
III期: 子宮外に広がるが小骨盤腔を越えない、または所属リンパ節転移
IIIa期: 漿膜浸潤、付属器浸潤、腹膜細胞診陽性
IIIb期: 膣転移
IIIc期: 所属リンパ節転移(骨盤リンパ節傍大動脈リンパ節)
IV期: 小骨盤腔を越える、または明らかな膀胱または腸粘膜を侵す
IVa期: 膀胱、腸粘膜へ浸潤
IVb期: 遠隔転移(腹腔内リンパ節、鼠径リンパ節転移を含む)


転移

  • 直接浸潤
  • リンパ行性転移

症状

  • 不正性器出血、腹痛

治療

  • 手術療法、放射線療法、薬物療法(抗ガン剤、ホルモン療法)
  • 治療法の基本は手術療法(単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術)。
  • 補助的に摘出術を追加することがある:両側付属器切除術、リンパ節郭清、部分大網切除術
  • 薬物療法・放射線療法:手術不能例、再発例、術後の補助療法

薬物療法

抗悪性腫瘍薬

  • シスプラチン、アドリアマイシン、タキサン系の多剤併用療法
化学療法のレジメン
参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/nmk/cr/report/200702/502818.htm

ガイドライン的には「アンスラサイクリン系とプラチナ製剤を含む薬剤の選択が薦められている(グレードB)。タキサン系製剤も併用さているが、その十分な根拠は得られていない(グレードC)。(子宮体癌の治療ガイドライン2006年)

一般的な抗腫瘍薬による副作用

ホルモン療法

  • ホルモン療法単体:挙児希望のGrade1のIa期:高用量MPA
  • 術後補助療法:再発リスクの低い場合、高用量黄体ホルモン療法は非推奨(グレードD)(参考2)

手術療法

  • 1. 子宮摘出術
  • 単純子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 準広汎子宮全摘術
  • 子宮体部に限局しているとき
  • 広汎子宮全摘術
  • MRIや肉眼で明らかな頸部間質浸潤が認められるとき。
  • 2. 両側付属器切除術
  • 3. リンパ節郭清
  • 骨盤リンパ節郭清:基本的に施行。省略するのは、類内膜癌Grade1で、画像診断で病変が子宮内膜に限局すると推定される場合のみ。
  • 傍大動脈リンパ節郭清
  • 鼠径リンパ節郭清
  • 4. 部分大網切除術

傍大動脈リンパ節郭清術と部分大網切除術の適応

転移リスクが高いため
  • 1. 骨盤リンパ節転移例
  • 2. 付属器転移例
  • 3. 筋層浸潤が1/2を超す例
  • 4. 予後不良例(組織型が類内膜癌Grade3、漿液性腺癌明細胞腺癌、癌肉腫など)。太字の物は特に大網転移率が高い。

放射線療法

  • 子宮頚癌(扁平上皮癌)より放射線は有効ではない。 → 放射線療法は腺癌に奏効しづらい!!!

子宮温存を希望する若年性子宮体癌

  • 根治治療ではなく、いずれは子宮全摘が必要。
  • 再発例では子宮全摘

適応

  • 画像診断上Ia期(内膜限局)
  • G1の類内膜腺癌

治療

  • 子宮内膜全面掻爬
  • 高用量黄体ホルモン療法

予後

予後規定因子

  • 筋層浸潤の深さ、頚部浸潤、子宮外進展、リンパ節転移、病理組織型、組織学的分化度、血管・リンパ管侵襲

5年生存率

臨床進行期 5年生存率(%)
出典不明(相対) NGY.229
I 86 79
II 68 66.8
III 42 37.5
IV 16 8.5

国試


症例

  • 55歳の女性。不正性器出血を主訴に来院した。未経妊、閉経51歳。不妊治療をした経験がある。子宮は鶏卵大で卵巣は両側とも触知しない。経膣超音波で子宮内膜の肥厚が見られる。

子宮体癌治療ガイドライン(2006年)

  • FIGOは子宮体癌の手術進行期分類を採用。
  • 1)進行期決定のために手術術式の選択が必要である。
  • 2)子宮体癌は放射線感受性が低く、抗ガン剤の標準治療の確立が遅れている。
  • このことから子宮体癌では手術療法が第一選択。高齢や内科的合併症などの理由で、放射線療法が選択される場合もある。

参考

  • 1.
[display]http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_d2b6.html
  • 2. 子宮体がん治療ガイドライン2009年版:(金原出版)
http://www.jsgo.gr.jp/guideline/taigan.html
  • 3. ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0050/1/0050_G0000135_GL.html



tricuspid annuloplasty」

  [★]

TAP, 三尖弁弁輪形成術


ペプチドトランスポーター」

  [★]

peptide transporter
TAP


三尖弁弁輪形成術」

  [★]

tricuspid annuloplasty, TAP


TAPSE」

  [★] 三尖弁輪収縮期移動距離 tricuspid annular plane systolic excursion


TAPVR」

  [★] 総肺静脈還流異常症 total anomalous pulmonary venous return


CTAP」

  [★] 経動脈性門脈造影下CT CT during arterial portography


TAP2」

  [★]

transporter associated with antigen presentation 2


TAPA-1」

  [★]

CD81&B cell co-receptor complex


tap」

  [★]

WordNet   license wordnet

「walk with a tapping sound」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》 / …‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》 / (…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》 / 『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》 / (靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具 / 《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈酒だるなど〉‘に'飲み口をつける / 〈たるなどの中の液体〉‘を'出す / 〈幹〉‘に'刻み目をつけ樹液を採る / 〈電話・電話線など〉‘を'秘密に接続する;〈人・通話〉‘を'盗聴する / 〈鉱山・土地など〉‘を'開発する / (たるの)飲み口,栓 / (水道などの)蛇口,栓 / タップ(電気回路の中間接点)」

WordNet   license wordnet

「a light touch or stroke」
pat, dab

WordNet   license wordnet

「a plug for a bunghole in a cask」
spigot

WordNet   license wordnet

「a small metal plate that attaches to the toe or heel of a shoe (as in tap dancing)」

WordNet   license wordnet

「a tool for cutting female (internal) screw threads」

WordNet   license wordnet

「make light, repeated taps on a surface; "he was tapping his fingers on the table impatiently"」
rap, knock, pink

WordNet   license wordnet

「strike lightly; "He tapped me on the shoulder"」
tip

WordNet   license wordnet

「cut a female screw thread with a tap」

WordNet   license wordnet

「draw (liquor) from a tap; "tap beer in a bar"」

WordNet   license wordnet

「draw from or dip into to get something; "tap one''s memory"; "tap a source of money"」

WordNet   license wordnet

「furnish with a tap or spout, so as to be able to draw liquid from it; "tap a cask of wine"」

WordNet   license wordnet

「pierce in order to draw a liquid from; "tap a maple tree for its syrup"; "tap a keg of beer"」


TA」

  [★]


T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」


"http://meddic.jp/TAP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡