SM

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Development of a mouse model for sulfur mustard-induced ocular injury and long-term clinical analysis of injury progression.
  • Ruff AL, Jarecke AJ, Hilber DJ, Rothwell CC, Beach SL, Dillman JF 3rd.SourceUSAMRICD, Cellular and Molecular Biology , Gunpowder , USA.
  • Cutaneous and ocular toxicology.Cutan Ocul Toxicol.2013 Jun;32(2):140-9. doi: 10.3109/15569527.2012.731666. Epub 2012 Oct 30.
  • Context: Sulfur mustard (SM) is a highly reactive vesicating agent that can induce severe ocular injury. The clinical features of this injury have been well documented, but the molecular basis for this pathology is not well understood. Identification and validation of specific targets is necessary i
  • PMID 23106216
  • Endothelial cell damage following sulfur mustard exposure in rabbits and its association with the delayed-onset ocular lesions.
  • Kadar T, Cohen M, Cohen L, Fishbine E, Sahar R, Brandeis R, Dachir S, Amir A.SourceDepartment of Pharmacology, Israel Institute for Biological Research, Ness-Ziona , Israel.
  • Cutaneous and ocular toxicology.Cutan Ocul Toxicol.2013 Jun;32(2):115-23. doi: 10.3109/15569527.2012.717571. Epub 2012 Oct 30.
  • Objective: Ocular injuries following exposure to the toxic agent sulfur mustard (SM) are characterized by acute corneal erosions and inflammation of the anterior segment that may be followed by delayed corneal injuries, expressed clinically by neovascularization and epithelial defects. The present s
  • PMID 23106194

和文文献

  • アルミノケイ酸ガラス中のSm2+の光励起状態とその緩和過程
  • 内田 健治,Uchida Kenji
  • 41, 11-16, 2011-09-22T05:40:48Z
  • … Fluorescene and optical excitation spectra of the Sm2+and Sm3+ in Al2O3-SiO2 glasses prepared by the sol-gel method are investigated. … When the Sm3+-doped glass is heated in H2, the Sm3+ ions are reduced to the Sm2+ ions. … This article represents optical properties of Sm2+ in the glass. … The energy structure correlated with 4f-5d transition of Sm2+ ions will also be discussed. …
  • NAID 80021845329
  • Sequential Phase Transitions in Sm Substituted BiFeO<sub>3</sub>
  • Kubota Makoto,Oka Kengo,Nakamura Yoshitaka [他],Yabuta Hisato,Miura Kaoru,Shimakawa Yuichi,Azuma Masaki
  • Jpn J Appl Phys 50(9), 09NE08-09NE08-4, 2011-09-25
  • … The compositional and thermal evolution of the crystal structure of the solid solution Bi<sub>1-x</sub>Sm<sub>x</sub>FeO<sub>3</sub> … It was found that Bi<sub>1-x</sub>Sm<sub>x</sub>FeO<sub>3</sub> …
  • NAID 150000058034
  • 2.早期直腸癌に対する内視鏡治療(<特集>直腸癌治療の最近の動向)
  • 工藤 進英,石田 文生,遠藤 俊吾,池原 伸直,宮地 英行
  • 日本外科学会雑誌 112(5), 304-308, 2011-09-01
  • NAID 110008752202

関連リンク

海外SMグッズ販売 SM画像掲示板スレッド 29分前 変態M男露出(36) 6時間前 乳虐め (60) 7時間前 この熟女の詳細お願い致します(1) 9時間前 (参加型)この女性(127) 9時間前 家畜奴隷 汚牝子はどこに消えたのでしょうか?(113) 9時間前 ...
SMクラブ情報「SMクラブギャラリー」の公式ホームページです 全国のSMクラブ・M性感風俗情報をかんたん検索!無料画像満載でお届けします!SMクラブ・M性感風俗情報はすべて無料です。新人画像がどこより早い!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み平滑筋」「スフィンゴミエリン
リンク元紅皮症」「収縮期雑音」「streptomycin」「ソマトメジン」「ストレプトマイシン
拡張検索SMA」「USMC」「SMV」「SMA type 2
関連記事S」「sm

平滑筋」

  [★]

smooth muscle (K)
横紋筋(骨格筋心筋)
  • 収縮の制御(SP.125-

概念

  • 横紋を有さない
  • 非随意筋

平滑筋の構造 SP.125

  • 紡錘型
  • 直径:数μm, 長さ:数百μm
  • 単一の核が中央部に存在
  • Ca2+を貯蔵する筋小胞体を有する
  • ギャップ結合を有する
  • アクチンが束を造り細胞膜に付着
  • 活動電位を発生する興奮性の平滑筋細胞 :消化管、門脈、膀胱、尿管、輸精管、子宮など
  • 活動電位を発生しない興奮性の平滑筋細胞:大動脈、気管
  • チャネル
  • 膜電位依存性:Ca2+チャネル、Na+チャネル、K+チャネル
  • Ca2+依存性:K+チャネル
  • 細胞に対する直接の機械刺激、とりわけ伸展刺激によっても脱分極する。

平滑筋の筋収縮

  • 収縮のモード:膜電位依存性、膜電位非依存性
  • A. 膜電位依存性
  • 1) 機械受容チャネル or 受容体共役型チャネルを介して脱分極
  • 2) L型膜電位依存性Ca2+チャネルによりCa2+流入
  • 3) Ca2+流入がリアノジン受容体を活性化して筋小胞体からCa2+放出
  • 4) 筋収縮
  • B. 膜電位非依存性
  • 1) 7回膜貫通型受容体(Gq)を介してホスホリパーゼCβ(PLCβ)が活性化
  • 2) ホスホリパーゼCβによりIP3が産生される
  • 3) 筋小胞体上のIP3受容体に結合して、細胞内にCa2+が放出される

平滑筋の収縮制御

  • 平滑筋ミオシンのリン酸化によりミオシンとアクチンが結合 (⇔横紋筋ではアクチンフィラメント上にトロポニン(Ca2+依存的にミオシンの結合を許容するように制御)とトロポミオシン(ミオシンの結合を阻害)
  • 平滑筋ミオシン(重鎖(229kDa)x2 + 20kDa軽鎖(リン酸化の制御を受ける) x2+ 17kDa軽鎖 x2)はミオシン軽鎖キナーゼによってリン酸化を受ける。ミオシン軽鎖キナーゼはCa2++カルモジュリン依存的にリン酸化を行う。

軽鎖ミオシンとカルモジュリン

cAMP

  • 平滑筋のミオシンはミオシン軽鎖キナーゼによりリン酸化を受け、アクチンと相互作用できるようになり筋収縮が起こる。ミオシン軽鎖キナーゼは単独では不活性であり、Ca2+・カルモジュリン複合体の存在下で活性型となる。ミオシン軽鎖キナーゼはcAMP依存性キナーゼによりリン酸化を受けるとCa2+・カルモジュリン複合体との親和性が低下する。すなわち、細胞内cAMP濃度が上昇すると細胞内Ca2+が上昇しても筋収縮せずに弛緩したままとなる。これがβ2受容体作動薬→Gsα↑→[cAMP]i↑により平滑筋弛緩をもたらすメカニズムである。(HBC)


アセチルコリンによる血管平滑筋の弛緩

アセチルコリン→血管内皮細胞の受容体に作用→phosphoinositide cycleの作動→inositol triphosphate↑→細胞内Ca2+↑→endothelium-derived relaxing factor(EDRF)の放出-(diffuse into the adjacent smooth muscle)→EDRFが可溶性のguanylyl cyclaseを活性化→細胞内cGMP↑→cGMP依存性蛋白キナーゼ→muscle proteinをリン酸化→筋弛緩




スフィンゴミエリン」

  [★]

sphingomyelin
スフィンゴ脂質スフィンゴ脂質蓄積症




異化

臨床関連



紅皮症」

  [★]

erythroderma
剥脱性皮膚炎 exfoliative dermatitis

定義

  • (1)全身(体表の80%以上)の持続性の炎症性発赤(潮紅)し、健常部皮膚を殆ど残さず、(2)粃糠様・落葉状の落屑が持続する病態

原因

起こしやすい疾患 (2009 CBT QB2 p.116)

(%)は紅皮症に占める割合
湿疹続発性(約50%) アトピー性皮膚炎自家感作性皮膚炎など
各種疾患続発性 乾癬(数%)、毛孔性紅色粃糠疹天疱瘡など
中毒性 薬疹(約10%)(ピラゾロンINHSMなど)、ウイルスなどの感染症、GVHD
落屑性 ビタミンB群欠乏症
腫瘍性 T細胞リンパ腫(Sezary症候群菌状息肉腫)

起こしうる疾患 (NDE.122)



収縮期雑音」

  [★]

systolic murmur SMsystolic bruit
収縮期性心雑音収縮期心雑音腱索断裂心雑音

収縮期雑音 systolic murmur




streptomycin」

  [★] ストレプトマイシン SM

WordNet   license wordnet

「an antibiotic produced by the actinomycete Streptomyces griseus and used to treat tuberculosis」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ストレプトマイシン(結核の特効薬)」


ソマトメジン」

  [★]

somatomedin (PT), SM
インスリン様成長因子-I, IGF-I
インスリン様成長因子, インスリン様成長因子


インスリン様成長因子-I



ストレプトマイシン」

  [★]

streptomycin, SM
硫酸ストレプトマイシン streptomycin sulfate
抗結核薬結核
  • 蛋白合成阻害




SMA」

  [★]


USMC」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「United States Marine Corps 米国海兵隊」


SMV」

  [★] 上腸間膜静脈, superior mesenteric vein


SMA type 2」

  [★] 脊髄性筋萎縮症2型


S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」


sm」

  [★] 粘膜下層/粘膜下組織 submucosa


"http://meddic.jp/SM" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡