Renshaw細胞

出典: meddic

Renshaw cell
レンショウ細胞
グリシン
  • 脊髄の運動ニューロンの軸索は末梢の筋に到達するが、すぐに分岐して反回ニューロンとなり、Renshaw細胞とシナプスを形成している。
  • Renshaw細胞は運動ニューロンの細胞体とシナプスを形成しており、アセチルコリンを受容してグリシンを放出する。
  • 運動ニューロングリシンを受容すると脱分極し、シナプスが抑制される。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • I-F-16 F波はRenshaw細胞の制御を受ける
  • 中角 祐治,林 雅弘
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 35(11), 800-801, 1998-11-18
  • NAID 110001863663
  • 中枢神経シナプスにおける化学的伝達物質についての薬理学的考察

関連リンク

脊髄神経回路網におけるRenshaw細胞へのシナプス伝達機構 -古い生理学的問題への新しいアプローチ- 西丸広史 産業技術総合研究所・脳神経情報研究部門・脳遺伝子研究グループ 哺乳類の中枢神経系におけるシナプス伝達の大部分は ...
③Renshaw抑制(反回抑制):Renshaw(レンショウ)細胞 は,脊髄中で運動ニューロンの側枝を受け,その運動ニュ-ロンに対してシナプス前抑制を行う.反回抑制は運動ニューロンの過度の興奮を抑える働きをしている . 検索 目次へ ...

関連画像

gif (49224 バイト)picrotoxinは、GAGAニューロンに 後中心傍回


★リンクテーブル★
先読みグリシン
リンク元ストリキニーネ」「Renshaw cell」「レンショウ細胞
関連記事細胞

グリシン」

  [★]

glycine Gly G
アミノ酢酸 aminoacetic acidグリココール glycocoll
アミノ酸


  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:-H

神経伝達物質



ストリキニーネ」

  [★]

strychnine
strychninum
ストリキニン
硝酸ストリキニーネ strychnini nitras
ホミカエキス


  • 痙攣薬
  • アルカロイド

薬理作用

SPC.210
  • グリシン受容体の拮抗阻害薬
  • 脊髄の抑制物質であるグリシンに拮抗することで、Renshaw細胞のネガティブフィードバックを解除する→興奮↑

中毒症状

SPC.210
  • 運動ニューロンの興奮により後弓反張をきたす
  • 知覚神経刺激に過敏。軽い刺激でけいれんを誘発
  • 意識は清明であるが、痛みに敏感で不安と恐怖を伴う
  • 呼吸麻痺と乳酸アシドーシスで死亡

治療

  • 隔離
  • 気道確保
  • ジアゼパムの投与
  • 全身麻酔
  • 神経筋接合部遮断薬の投与

薬効薬理

ホミカエキス散「ホエイ」として
  • エキスを単純胃瘻管造設イヌの胃内に投与するとき胃液分泌にほとんど変化は認められないが、コンズランゴ冷浸エキスを同時に適用するとき胃液分泌増加し酸度も上昇する。更にエキス又はチンキを単純胃瘻管造設イヌの口内又は胃内に投与するとき胃液分泌、酸度に変化を与えないし、胃、小腸に恒久性瘻管造設イヌになめさせるか胃内投与するとき、バルーン法で胃運動に著しい変化は認められない。

なおstrychnineをヒト、イヌの口内又は胃内に投与すると、ゲンチアナチンキとほぼ同様の効果があるという。また脊髄において抑制性シナプス後電位を減弱させてけいれんを引き起こすが、グリシン受容体に特異的に結合することが知られている。ペントバルビタールなどで麻酔したイヌに静脈内投与すると血圧上昇と心拍数増加が現れる。

参考

  • ホミカエキス散「ホエイ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2333005B1104_2_02/2333005B1104_2_02?view=body


Renshaw cell」

  [★] レンショウ細胞

  • (脊髄の抑制性介在ニューロン)ンショウ細胞、Renshaw細胞


レンショウ細胞」

  [★]

Renshaw cell
Renshaw細胞



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡