OPLL

出典: meddic

後縦靭帯骨化症 ossification of posterior longitudinal ligament

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/24 19:55:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Management and Outcomes of Cerebrospinal Fluid Leak Associated With Anterior Decompression for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament With or Without Dural Ossification.
  • Fengbin Y1, Xinyuan L, Xiaowei L, Xinwei W, Deyu C.
  • Journal of spinal disorders & techniques.J Spinal Disord Tech.2015 Dec;28(10):389-93. doi: 10.1097/BSD.0000000000000031.
  • STUDY DESIGN: A retrospective clinical study.OBJECTIVE: To analyze and evaluate the clinical outcomes of cerebrospinal fluid (CSF) leak after anterior decompression for cervical ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) with or without dural ossification (DO).SUMMARY OF BACKGROUND D
  • PMID 24136050
  • Investigation of ossification in the posterior longitudinal ligament using micro-focus X-ray CT scanning and histological examination.
  • Fukutake K1, Ishiwatari T2, Takahashi H3, Tsuchiya K4, Okubo Y5, Shinozaki M6, Tochigi N7, Wakayama M8, Nemoto T9, Shibuya K10,11, Wada A12.
  • Diagnostic pathology.Diagn Pathol.2015 Nov 21;10(1):205.
  • BACKGROUND: Ossification in the posterior longitudinal ligament (PLL) correlates with changes of enthesis during the early stages of development, but this issue remains controversial, as little is known regarding the details of this process. The aim of the present study was to elucidate part of the
  • PMID 26589843
  • Posterior instrumented fusion suppresses the progression of ossification of the posterior longitudinal ligament: a comparison of laminoplasty with and without instrumented fusion by three-dimensional analysis.
  • Katsumi K1, Izumi T2, Ito T3, Hirano T4, Watanabe K4, Ohashi M4.
  • European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society.Eur Spine J.2015 Nov 19. [Epub ahead of print]
  • PURPOSE: There is no definitive evidence that additional instrumented fusion following laminoplasty suppresses the progression of ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL). Recently, we reported a novel method involving the creation of three-dimensional (3D) model from computed tomo
  • PMID 26585974

和文文献

  • B-10-50 半導体レーザOPLLを用いた120 Gbit/s, 64 QAM-150 kmコヒーレント光伝送(B-10. 光通信システムB(光通信方式,光通信機器,デバイスのシステム応用,光通信網・規格),一般セッション)
  • 王 怡〓,葛西 恵介,中沢 正隆
  • 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2011年_通信(2), 263, 2011-08-30
  • NAID 110008725090
  • 非線形シュレディンガー方程式の逆伝搬法を用いた10 Gsymbol/s, 64 QAMコヒーレント光伝送の特性改善(コア・メトロシステム,光アクセスシステム・次世代PON,ブロードバンドアクセス方式,(広域)イーサネット,光伝達網(OTN),高速インターフェース,アナログ光伝送,量子通信,一般)
  • 豊田 和志,岡本 聖司,大宮 達則,吉田 真人,廣岡 俊彦,中沢 正隆
  • 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム 110(392), 67-72, 2011-01-20
  • … 我々はこれまで周波数安定化ファイバレーザと光位相同期(OPLL)回路を用い、64〜512値のQAMコヒーレント光伝送の研究に取り組んできている。 …
  • NAID 110008676583
  • 頚椎後縦靱帯骨化症における単純X線とCTでの骨化型分類の評価の検討 (日本脊椎インストゥルメンテーション学会特集号)
  • 神谷 光史郎,藤由 崇之,川辺 純子 [他]
  • Journal of spine research 2(10), 1679-1682, 2011-10
  • NAID 40019053825

関連リンク

この病気は公費負担の対象疾患です。公費負担の対象となるには認定基準があります。 認定基準 臨床調査個人票 臨床調査個人票 1. 後縦靭帯骨化症(OPLL)とは 後縦靭帯骨化症とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走 ...
管理人が経験した難病,後縦靱帯骨化症(OPLL)の闘病記。 同じ病を持つ人の集まり『心配無くそうOPLLの会』も発足。同じ病の方の情報交換の場になれば幸いです。

関連画像

OPLL case opll asian patient with severe opllOPLL - Ossification of Posterior OPLLView full size version of OPLLLearning Head and Neck Radiology


★リンクテーブル★
リンク元後縦靭帯骨化症」「頚椎後縦靭帯骨化症」「ossification of posterior longitudinal ligament
関連記事OP

後縦靭帯骨化症」

  [★]

ossification of posterior longitudinal ligament, OPLL
頚椎後縦靭帯骨化症後縦靭帯難病

概念

  • 椎体及び椎間板の後面にあり脊柱管の前壁をなす後縦靭帯が肥厚・骨化し、脊髄を緩徐に圧迫して脊髄症状を引き起こす疾患。
  • 変性は頚椎に多いが胸腰椎のこともある。
  • 1960年に月本により報告された。
  • 難病であり、特定疾患治療研究事業の対象疾患である。
  • びまん性特発性骨増殖症の部分症であることがある。

病因

  • 遺伝によるものが指摘されている。

疫学

  • 東南アジアに多く、50歳以上の男性に多い。男性での発生頻度は4%、女性では2%。
  • 頚椎部の発生は男子に、胸椎部の発生は女子に多い。
  • 日本人3%、中国人0.2-1.8%、台湾人3%、アメリカ人0.12%、ドイツ人0.1%。 (SOR.447)
  • 糖尿病の合併例が多い
  • 患者の両親に26%、兄弟に28%と同一家族に多発

分類

骨化の型による分類

  • 1. 分節型
  • 2. 連続型
  • 3. 混合型

病態

SOR.448
  • 骨化占有率が50%を越えると60%の症例に脊髄症が発生
  • 骨化占有率が60%を越えるとほぼ全症例に脊髄症が発生

症状

  • 脊髄症

検査

  • 頚部CT
[show details]
  • 頚部MRI

治療

SOR.449
重症例には手術療法をするが、軽症例に対して予防的に手術すべきかという基準はない。
  • 保存療法:頚椎カラー装着により頚部の安静を保つ。
  • 手術療法:除圧術により脊髄の圧迫を解除する。手指の痺れ・巧緻運動障害、下肢体幹の感覚障害、痙性歩行、膀胱直腸障害などの重症頚髄症が見られた場合には手術適応。

ガイドライン

  • 後縦靭帯骨化症 - 診療ガイドライン
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0033/1/0033_G0000095_GL.html

参考

  • 1. 後縦靭帯骨化症 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/257
  • 2. [charged] 広汎性特発性骨増殖症(DISH) - uptodate [1]

国試


頚椎後縦靭帯骨化症」

  [★]

ossification of posterior longitudinal ligament in the cervical spine, OPLL in the cervical spine, ossification of posterior longitudinal ligament of cervical spine OPLL
頸椎後縦靭帯骨化症頚椎後縦靱帯骨化症
脊椎靭帯骨化症難病



ossification of posterior longitudinal ligament」

  [★] 後縦靭帯骨化症 OPLL


OP」

  [★]


"http://meddic.jp/OPLL" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡