N-アセチルグルコサミン

出典: meddic

N-acetylglucosamine, N-acetyl glucosamine, GlcNAc, NAG
N-アセチル-D-グルコサミン N-acetyl-D-glucosamineN-アセチルキトサミン N-acetylchitosamine
N-アセチルグルコサミニダーゼ



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/19 06:08:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • シイタケおよびFlammulina populicola培養への低分子ヒアルロン酸を主成分とするニワトリ鶏冠分解物の応用
  • 寺下 隆夫,白坂 憲章,楠田 瑞穂,若山 祥夫
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 19(2), 93-99, 2011-07-31
  • … 得た.またF.populicola NBRC 7777株では0.125%のHA分解物の添加で1.70倍の菌糸体重量が得られ,子実体収量も1.75倍に増加した.さらに,この菌株を用い,低分子HAの菌体への取り込みについて,HA分解物のN-アセチルグルコサミン量を調べたところ,菌糸体で2.85倍,子実体で2.69倍に増加した.また,無添加の対照区では検出されなかったグルコサミノグリカンが,分解物の添加区で69.30-469.0μg/Petri dish検出され,培地に添加し …
  • NAID 110008711284
  • SF-014-5 胆嚢癌に発現する糖転移酵素N-アセチルグルコサミン転移酵素V (GnT-V)の腫瘍生物学的意義(SF-014 サージカルフォーラム(14)胆管:基礎,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 小貫 建一郎,山本 雅一,杉山 弘明,石毛 和紀,門田 伸一,竹内 薫,三善 英知,正田 純一
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 353, 2011-05-25
  • NAID 110008683727
  • N-アセチルグルコサミンおよびグルコサミン塩酸塩の摂取がマウス長管骨の骨密度に与える影響
  • 清水 達夫,中谷 祥恵,古旗 賢二,和田 政裕
  • キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 17(1), 74-78, 2011-04-01
  • NAID 10028164216

関連リンク

楽天市場-「n-アセチルグルコサミン」検索結果です。楽天市場は、セールや送料無料など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。(標準順 写真付き一覧)
ヘルス&ビューティー の優れたセレクションでオンラインショッピング。 ... 20点在庫あり。ご注文はお早めに。商品の仕様... N-アセチルグルコサミン・MSM・サメ軟骨抽出物・ヒアルロン酸の4種類の機能素材をバランスよく配合 ...
N-アセチルグルコサミンの特長とその効果について紹介しています。焼津水産化学工業株式会社(YSK)のN-アセチルグルコサミン紹介サイトです。 元気とうるおいを体内からサポートする、N-アセチルグルコサミン N ...

関連画像

N-アセチルグルコサミンが アセチルグルコサミン 500mg する、N-アセチルグルコサミンアセチルグルコサミン 4 アセチルグルコサミンのご有機EL・半導体材料,LED照明,LED


★リンクテーブル★
先読みNAG」「N-acetyl-D-glucosamine」「N-acetylglucosamine
リンク元真菌」「ペプチドグリカン」「N-アセチルグルコサミニダーゼ」「フィコリン」「GlcNAc
拡張検索N-アセチルグルコサミン転移酵素」「N-アセチルグルコサミン受容体」「N-アセチルグルコサミンレセプター」「ウリジン二リン酸-N-アセチルグルコサミン
関連記事N」「Nd」「n」「アセチルグルコサミン」「アセチル

NAG」

  [★]


N-acetyl-D-glucosamine」

  [★]

N-アセチル-D-グルコサミン

acetylglucosamine


N-acetylglucosamine」

  [★]

GlcNAc


真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

  • N-アセチルグルコサミンのホモ重合体
  • β(1→4)結合
  • リゾチームで分解される
  • 糸状菌では細胞壁成分にキチンが多い

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    


ペプチドグリカン」

  [★]

peptidoglycan
ムレイン murein



N-アセチルグルコサミニダーゼ」

  [★]

N-acetyl glucosaminidase, N-acetyl-β-D-glucosaminidase, NAG
マンノース糖タンパク質エンドβ-N-アセチルグルコサミニダーゼ
N-アセチルグルコサミン
アラニンアミノペプチダーゼ
  • 近位尿細管の細胞障害マーカー

フィコリン」

  [★]

ficolin
補体MBL
  • レクチン経路(lectin pathway)に関与
  • いくつかの病原体の表面に存在するN-アセチルグルコサミンに結合し、レクチン経路に入り補体を活性化


GlcNAc」

  [★] N-アセチルグルコサミン

N-acetyl-D-glucosamine
See N-Acetylglucosamine (GlcNAc)


N-アセチルグルコサミン転移酵素」

  [★]

N-acetylglucosaminyltransferase
N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ


N-アセチルグルコサミン受容体」

  [★]

N-acetylglucosamine receptor
N-アセチルグルコサミンレセプター


N-アセチルグルコサミンレセプター」

  [★]

N-acetylglucosamine receptor
N-アセチルグルコサミン受容体

ウリジン二リン酸-N-アセチルグルコサミン」

  [★]

uridine diphosphate N-acetylglucosamine

N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

Nd」

  [★] ネオジム neodymium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「neodymiumの化学記号」

n」

  [★]

  • n.
number of experimentsample size
  • pの前の[n]はmと記載する。synptom→symptom


アセチルグルコサミン」

  [★]

acetylglucosamine
N-アセチル-D-グルコサミン

アセチル」

  [★]

acetylAc
アクチニウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡