GM-CSF

出典: meddic

顆粒球マクロファージコロニー刺激因子 granulocyte-macrophage colony-stimulating factor

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/05 15:24:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Peyer's patch-mediated intestinal immune system modulating activity of pectic-type polysaccharide from peel of Citrus unshiu.
  • Suh HJ, Yang HS, Ra KS, Noh DO, Kwon KH, Hwang JH, Yu KW.SourceDepartment of Food and Nutrition, Korea University, Seoul 136-703, Republic of Korea.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jun 1;138(2-3):1079-86. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.11.091. Epub 2012 Nov 29.
  • An intestinal immune system modulating polysaccharide (CUI-3IIb-3-2, 18kDa) was purified from Citrus unshiu peel. CUI-3IIb-3-2 mainly comprised GalA, GlcA, Ara, Gal and Rha, and it consisted of 4-linked GalA, terminal Araf, 4- or 5-linked/3,4- or 3,5-branched Ara, terminal Gal, and 2-linked/2,4-bran
  • PMID 23411217
  • Granulocyte macrophage colony-stimulating factor promotes regeneration of retinal ganglion cells in vitro through a mammalian target of rapamycin-dependent mechanism.
  • Legacy J, Hanea S, Theoret J, Smith PD.SourceDepartment of Neuroscience, Carleton University, Ottawa, Ontario, Canada.
  • Journal of neuroscience research.J Neurosci Res.2013 Jun;91(6):771-9. doi: 10.1002/jnr.23205. Epub 2013 Mar 4.
  • Lack of regeneration in the adult central nervous system (CNS) is a major hurdle that limits recovery from neurological ailments. Although accumulating research suggests the possibility of axon regeneration by targeting intrinsic signaling mechanisms, it remains a matter of controversy whether funct
  • PMID 23456828

和文文献

  • GM-CSF受容体抗体 (特集 リウマチ治療薬の新展開)
  • 仁科 直,竹内 勤
  • 医薬ジャーナル 48(6), 85-88, 2012-06
  • NAID 40019349556
  • 3)免疫機構から見た流産の病態解明とその対策(シンポジウム1「流産の原因と対策」,第63回日本産科婦人科学会・学術講演会)
  • 福井 淳史
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), 2167-2184, 2011-12-01
  • … However, proportion of CD56^<bright>/IFN-γ^+/TNF-α^+ cells and the TNF-α/GM-CSF expressing CD56^<bright> …
  • NAID 110008799036

関連リンク

顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子 (Granulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor:GM-CSF) 血液細胞はいずれも自己再生能を有する多能性幹細胞を起源とし、より分化能を限定された幹細胞、さらに各系統の前駆細胞を経て ...
Human granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF; 顆粒球マクロファージコロニー刺激因子) は、細胞培養や分化研究、ファンクショナルアッセイに最適な組換えタンパク質です。Human GM-CSF は下記の様々な ...

関連画像

GM-CSF (granulocyte monocyte colony GM-CSF: A Target for Brain Inflammation Figure 1. PU.1 dosage effect in  The main functions of GM-CSF and M-CSFGM CSF』の画像を検索しました Figure 5


★リンクテーブル★
リンク元サイトカイン」「ホジキンリンパ腫」「サイトカイン受容体」「マクロファージ」「顆粒球マクロファージコロニー刺激因子
拡張検索GM-CSF receptor」「GM-CSF受容体」「GM-CSFレセプター
関連記事C」「CS」「G」「CSF

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




ホジキンリンパ腫」

  [★]

Hodgkin's lymphoma Hodgkin lymphoma HL
Hodgkinリンパ腫ホジキン病 (国試)Hodgkin病 Hodgkin disease Hodgkin's disease HD
悪性リンパ腫
[show details]

概念

疫学

  • 日本では悪性リンパ腫の約10%を占める ⇔ 欧米では30%程度。
  • 好発年齢:若年者、中・高年者

病因

  • 不明

病型

  • 病理組織的な特徴から分類。
  • A. 結節性リンパ球優勢型
  • B. 古典型:ホジキン細胞の表面抗原(CD15+, CD20-, CD30+, CD45-)
  • 1) 結節硬化型:高頻度
  • 2) 混合細胞型:1)に次ぐが少ない。
  • 3) リンパ球豊富型
  • 4) リンパ球減少型
  • リンパ球減少型と混合細胞型はHIV感染患者によくみられる(HIM.699)

病期分類

参考2 YN.G-59
Ann Arbor 分類(Cotswolds 改訂)
I期 一リンパ節領域、またはリンパ組織(扁桃腺、脾臓、胸腺など)に病変が限局している場合。リンパ節以外の臓器の限局的なリンパ腫の病変がある場合。
II期 横隔膜を境界として、その上・下いずれか一方に限局した、二つ以上のリンパ節領域・リンパ組織の病変、もしくは一つのリンパ節領域・リンパ組織の病変と一つの非リンパ性臓器の浸潤
III期 横隔膜の両側に及ぶ、リンパ節領域・リンパ組織の病変
IV期 広汎な、リンパ節以外の臓器への浸潤
継続または繰り返す38度以上の原因不明の発熱、盗汗、6ヶ月以内での10%以上の体重減少、などのどれかの症状があるときB。無い場合はA。

病理

  • 背景となる細胞は、リード・シュテルンベルグ細胞がサイトカイン(IL-5IL-6IL-13TNFGM-CSF)を放出したために遊走してきた細胞である。(APT.83)

病態

  • 炎症症状+免疫不全症状
  • リンパ節に原発、とりわけ頚部のリンパ節に原発して、リンパ節に沿って連続的に進展する。
  • ホジキン細胞が各種のサイトカインを放出する結果、炎症に伴う症状・検査値の異常を呈する。(WCH.2527)
  • 免疫不全はリンパ球の減少に伴うものと考えられる。 →  ツベルクリン反応陰性 ← 細胞性免疫能の低下

症状

  • 発熱、リンパ節腫脹
  • 皮膚症状、遠隔部の症状(中枢神経、ネフローゼ症候群、免疫性溶血性貧血、血小板減少症、高カリウム血症、アルコール摂取時のリンパ節の疼痛)

HIM.699

  • (ほとんどの患者)圧痛を伴わないリンパ節の腫脹:頚部、鎖骨上部、腋窩
  • (半数以上の患者)(診断時に)縦隔リンパ節腫脹
  • (1/3の患者)発熱、寝汗(night sweat)、and/or 体重減少 → B症状(予後の悪さと関連)

発熱

  • 不明熱の原因としてホジキンリンパ腫が存在することがある。このような症状は腹部に混合細胞型のホジキンリンパ腫が存在するときによく見られる。(HIM.699)
  • Pel-Ebstein fever:まれ(HIM.699)。発熱は2-3週間ごとに3-7日の高熱をくり返す。

リンパ節腫脹

  • 無痛性。頚部リンパ節・鎖骨上窩リンパ節が多く、次いで鼡径部リンパ節、腋窩リンパ節が多い。
  • 半分の患者では診断時に縦隔リンパ節腫脹が認められる(HIM.699)。縦隔原発もありうる。

皮膚症状

  • 皮膚掻痒感、アルコール飲酒後のリンパ節の痛み

全身症状

  • 食欲不振、倦怠感

検査

血液検査

  • 血算、赤沈、生化学、CRP、銅、鉄、可溶性IL-2レセプター
  • 赤血球:正球性正色素性貧血 (診断時40%で程度は軽い。Hb10-12(WCH.2530))。自己免疫性溶血性貧血もみられるが診断時にはまれ。
  • 白血球:中等度増加
  • 単球増多、リンパ球減少(WCH.2530)。好酸球増加(YN.G-60)
  • 血沈:亢進 → 病勢を良く反映する。
  • LDH:↑
  • CRP:陽性
  • 銅:↑
  • 鉄:↓  ←  慢性疾患に伴う貧血ではないとすれば・・・何?
  • 可溶性IL-2レセプター:↑

診断

  • リンパ節生検、CTスキャン、ガリウムシンチ、PETより。

鑑別診断

  • 炎症性、単核球症、非ホジキンリンパ腫、phenytoin-induced adenopathy、非リンパ腫性の悪性腫瘍

病期分類

  • Ann Arbor分類による

治療

  • 治療方法の選択肢:化学療法、化学療法+放射線療法、放射線療法
  • 病期別の治療法 (参考1)
  • I~IIA期:化学療法+放射線療法の併用療法。
  • IIB期以降:進行期の治療をおこなう。すなわち化学療法の適応となる。  → IIB期の治療は化学療法+放射線療法の併用療法とかもありうる??(要調査)
放射線療法単独は、予後不良因子がない臨床病期I期に対して選択されることがある

予後

  • 良好。
  • 白血病化の頻度は少ない(YN.G-60)
  • 5年生存率:I/II期=90%以上、III/IV期=50-80% (YN.G-60)
  • 病型(次の順で良好):リンパ球豊富型>結節硬化型>混合細胞型>リンパ球減少型 (YN.G-60)

予後因子

  • 腫瘍の大きさ、高齢、男性、高ESR、B症状

(参考2)

国試

参考

  • 1. 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma.html
  • 2. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類 - 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/Hodgkin_lymphoma_a.html
  • 3. ホジキンリンパ腫 Ann Arbor分類
http://lymphoma.kmpm1b.com/L-basis/L-aboutlymphoma/stage.htm





サイトカイン受容体」

  [★]

cytokine receptor
サイトカイン
  • 多ユニット構造を取ることが特徴である。

サイトカイン受容体ファミリー

  • 細胞外領域に200a.a.からなる共通構造を有する。
  • HRF motif, hematopoietin receptor family motif
  • 細胞外領域のN末側に4つのCysが存在
  • 細胞外領域の膜貫通部位付近にWSXWSモチーフが存在
shared γc IL-2, IL-4, IL-7, IL-9, IL-13, IL-15
shared gp130 IL-6, G-CSF, IL-11, IL-12, LIF, OSM, CNTF
shared gp140 IL-3, IL-5, GM-CSF

チロシンキナーゼファミリー

IL-1受容体ファミリー

TNF受容体ファミリー

ケモカイン受容体ファミリー


マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

  • T細胞由来のIFN-γにより活性化される (PT.248)
  • IL-1, TNF, GM-CSF, INF-γなど。特にTh1細胞由来のINF-γが重要 (SMC.47)
  • サイトカインにより活性化され活性化マクロファージとなると、これまで殺せなかった細胞内寄生体の殺菌が可能となる

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌




顆粒球マクロファージコロニー刺激因子」

  [★]

granulocyte-macrophage colony-stimulating factor, GM-CSF



GM-CSF receptor」

  [★]

granulocyte-macrophage colony-stimulating factor receptor


GM-CSF受容体」

  [★]

GM-CSF receptor
顆粒球マクロファージコロニー刺激因子受容体顆粒球マクロファージコロニー刺激因子レセプターGM-CSFレセプター


GM-CSFレセプター」

  [★]

GM-CSF receptor
顆粒球マクロファージコロニー刺激因子受容体顆粒球マクロファージコロニー刺激因子レセプターGM-CSF受容体


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CS」

  [★]


G」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 7th letter of the Roman alphabet」
g


CSF」

  [★]



"http://meddic.jp/GM-CSF" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡