EBV

出典: meddic

EBウイルス Epstein-Barr virus

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/28 18:28:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Simultaneous detection of the two main proliferation driving EBV encoded proteins, EBNA-2 and LMP-1 in single B cells.
  • Rasul AE, Nagy N, Sohlberg E, Adori M, Claesson HE, Klein G, Klein E.SourceDepartment of Microbiology, Tumor and Cell Biology (MTC), Karolinska Institutet, Nobels väg 16, S-171 77 Stockholm, Sweden. Electronic address: eahsan.rasul@ki.se.
  • Journal of immunological methods.J Immunol Methods.2012 Nov 30;385(1-2):60-70. doi: 10.1016/j.jim.2012.08.008. Epub 2012 Aug 18.
  • Epstein Barr virus (EBV) is carried by almost all adults, mostly without clinical manifestations. Latent virus infection of B lymphocytes induces activation and proliferation that can be demonstrated in vitro. In healthy individuals, generation of EBV induced malignant proliferation is avoided by co
  • PMID 22921685
  • Epstein-Barr virus reactivation during pregnancy and postpartum: Effects of race and racial discrimination.
  • Christian LM, Iams JD, Porter K, Glaser R.SourceDepartment of Psychiatry, The Ohio State University Medical Center, Columbus, OH, United States; The Institute for Behavioral Medicine Research, The Ohio State University Medical Center, Columbus, OH, United States; Department of Obstetrics and Gynecology, The Ohio State University Medical Center, Columbus, OH, United States; Department of Psychology, The Ohio State University, Columbus, OH, United States. Electronic address: Lisa.Christian@osumc.edu.
  • Brain, behavior, and immunity.Brain Behav Immun.2012 Nov;26(8):1280-7. doi: 10.1016/j.bbi.2012.08.006. Epub 2012 Aug 25.
  • OBJECTIVE: Adverse pregnancy outcomes, including preterm birth, are markedly higher among African-Americans versus Whites. Stress-induced immune dysregulation may contribute to these effects. Epstein-Barr virus (EBV) reactivation provides a robust model for examining cellular immune competence. This
  • PMID 22940537

和文文献

  • 症例報告 慢性腎不全患者に発生したEpstein-Barr virus(EBV)関連胃癌の1例
  • 永田 善之,三松 謙司,木田 和利 [他]
  • 日大医学雑誌 71(4), 278-281, 2012-08
  • NAID 40019415897
  • 慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV) : 正しい診断のために内科医が知っておくべきこと (特集 リンパ腫診療の基本 : 最良の治療を選ぶための基礎知識)

関連リンク

EBウイルス(Epstein-Barr virus::EBV)は、初感染時に、滲出性扁桃腺炎などの症状 を来たす。 ... 伝染性単核症で、末梢血中に増加する異型リンパ球は、殆どは、EBV特異 的CTL(CD8陽性キラーT細胞)であり、EBウイルスにより形質転換されたB細胞では ...

関連画像

 Hypothetical model of how EBV persistenceare being performed to learn about EBV epstein barr virus epstein barr virus ebv Progress and Problems in Understanding and EBV Infections treatments and clinical EBV-rash


★リンクテーブル★
リンク元ヘルペスウイルス科」「リンパ節腫脹」「EBウイルス」「全身リンパ節腫脹」「ヒトヘルペスウイルス
拡張検索EBV感染症
関連記事EB」「E

ヘルペスウイルス科」

  [★]

Herpesviridae
疱疹ウイルス
ヘルペスウイルス亜科ウイルス

ヘルペス科に属するウイルスによる感染症 (SMB.526)

ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス亜科
ヘルペスウイルス 潜伏部位 初感染における
顕性感染率
主な疾患
α 単純ヘルペスウイルス1型 HSV-1 知覚神経節 口唇ヘルペス口内炎角膜ヘルペスヘルペス脳炎性器ヘルペス新生児ヘルペス
単純ヘルペスウイルス2型 HSV-2 性器ヘルペス新生児ヘルペス、ヘルペス?疽、殿部ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルス VZV 水痘帯状疱疹ラムゼイ・ハント症候群
β サイトメガロウイルス CMV 顆粒球/マクロファージ前駆細胞 先天性巨細胞封入体症、輸血後CMV単球症、臓器移植後間質性肺炎肝炎
ヒトヘルペスウイルス6型 HHV-6 マクロファージ 突発性発疹脳炎
ヒトヘルペスウイルス7型 HHV-7 唾液腺? 突発性発疹
γ エプスタイン-バーウイルス EBV 骨髄Bリンパ球 伝染性単核症バーキットリンパ腫上咽頭癌日和見リンパ腫
ヒトヘルペスウイルス8型 HHV-8 Bリンパ球 カポジ肉腫キャッスルマン病


リンパ節腫脹」

  [★]

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html



EBウイルス」

  [★]

Epstein-Barr virus, EB virus, EBV
エプスタイン-バーウイルス エプスタイン-バー・ウイルスエプスタイン・バーウイルス
EBウイルス感染症ウイルス

ウイルス学

EBV関連抗原

  • EA, early antigen
  • VCA, virus capsid antigen
  • EBNA, EB virus determined nuclear antigen
  • LMA, late membrane antigen
  • LYDMA, lymphocyte-detected membrane antigen

EBV特異抗体

感染症

感染経路

  • 唾液感染

疫学

  • 日本では3歳までに80%が感染する (SMB.530)

検査

  • 急性期・回復期に、VCA-IGM, VCA-IgG, EA(早期抗原, early antigen)の高値、EBNA(核内抗原)の陰性を証明
EBNAは感染後3ヶ月以上経たないと立ち上がらない。




全身リンパ節腫脹」

  [★]

リンパ節腫脹

全身リンパ節腫脹

IRE.376改変
全身のリンパ節で免疫反応が起こるために生じる。
細胞内寄生する病原体で多い傾向。スピロヘータ感染症も全身の免疫反応が起こる。
  • 感染性
  • 非感染性


ヒトヘルペスウイルス」

  [★]

human herpes virus, HHV
ウイルス



EBV感染症」

  [★]

EBV infection
エプスタイン・バーウイルス感染症、エプスタイン・バーウイルス感染、EBV感染


EB」

  [★]


E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e


"http://meddic.jp/EBV" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡