Cryptococcus

出典: meddic

クリプトコッカス属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/01 15:05:24」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • PCR-REA as an important tool for the identification of Cryptococcus neoformans and Cryptococcus gattii from human and veterinary sources.
  • Cordeiro RA, Costa AK, Brilhante RS, de Lima RA, Castelo-Branco Dde S, Ribeiro JF, Monteiro AJ, Rocha FA, Sidrim JJ, Rocha MF.SourceDepartment of Pathology and Legal Medicine, School of Medicine, Specialized Medical Mycology Center, Federal University of Ceará, Fortaleza, CE, Brazil; Department of Pathology and Legal Medicine, School of Medicine, Postgraduate Program in Medical Microbiology, Federal University of Ceará, Fortaleza, CE, Brazil.
  • Veterinary microbiology.Vet Microbiol.2011 Dec 29;154(1-2):180-4. Epub 2011 Jul 7.
  • The extraordinary ability of Cryptococcus species to cause disease has focused the attention of scientists on finding ways to improve their identification methods. In this study, PCR-REA, manual methods (morphological and biochemical characteristics), API 20C and VITEK 2 were used to test identify a
  • PMID 21802868
  • Fungal diversity in cow, goat and ewe milk.
  • Delavenne E, Mounier J, Asmani K, Jany JL, Barbier G, Le Blay G.SourceUniversité Européenne de Bretagne, France.
  • International journal of food microbiology.Int J Food Microbiol.2011 Dec 2;151(2):247-51. Epub 2011 Sep 8.
  • Knowledge of fungal diversity in the environment is poor compared with bacterial biodiversity. In this study, we applied the denaturing high-performance liquid chromatography (D-HPLC) technique, combined with the amplification of the ITS1 region from fungal rDNA, for the rapid identification of majo
  • PMID 21944758

和文文献

  • Characterization of D-galacturonate reductase purified from the psychrophilic yeast species Cryptococcus diffluens(ENZYMOLOGY, PROTEIN ENGINEERING, AND ENZYME TECHNOLOGY)
  • Hamada Shohei,Seike Yuichiro,Tanimori Shinji,Sakamoto Tatsuji,Kishida Masao
  • Journal of bioscience and bioengineering 111(5), 518-521, 2011-05
  • … D-Galacturonic acid reductase was purified from a psychrophilic yeast strain of Cryptococcus diffluens, which was isolated from Satho, a traditional alcohol drink in Thailand. …
  • NAID 110008661196
  • Possible participation of the Rho/Rho-associated coiled-coil-forming kinase pathway in the cell death of Cryptococcus neoformans caused by Staphylococcus aureus adherence
  • Ikeda Reiko
  • Microbiology and immunology 55(8), 552-557, 2011-08
  • NAID 40018961416

関連リンク

Cryptococcus (literally "hidden sphere") is a genus of fungus. Species grow in culture as yeasts. The perfect (sexual) forms or teleomorphs of Cryptococcus species are filamentous fungi in the genus Filobasidiella. The name Cryptococcus is ...

関連画像

Cryptococcusm321-5 Cryptococcus neoformans in brain H Animal: Cryptococcus 17.jpgCryptococcus neoformans 11, 2013 at 1600 × 1200 in CryptococcusCryptococcus


★リンクテーブル★
リンク元髄膜炎」「不完全菌」「クリプトコッカス属」「cryptococcal」「cryptococci
拡張検索Cryptococcus neoformans」「Cryptococcus neoformans infection」「Cryptococcus属

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試



不完全菌」

  [★]

imperfect fungus, imperfect fungi
完全菌真菌

不完全菌の特徴

子のう菌・担子菌には、単細胞で生活する酵母の形を取るものと、菌糸体を発達させるものがある。不完全菌にも、それに対応して、不完全酵母類・不完全糸状菌類がある。不完全酵母は出芽や分裂によって増殖する。

不完全酵母

参考

クリプトコッカス属」

  [★]

Cryptococcus
Cryptococcus属
真菌
  • クリプトコッカス科
  • 出芽で増殖
  • 不完全真菌
  • 莢膜を
  • 仮性菌糸を形成しない



cryptococcal」

  [★]

  • クリプトコッカスの
cryptococciCryptococcus

cryptococci」

  [★]

クリプトコッカス

cryptococcalCryptococcus

Cryptococcus neoformans」

  [★]

Cryptococcus neoformans, C. neoformans
Filobasidiella neoformansクリプトコッカス・ネオフォルマンス
クリプトコッカス症


  • 厚い莢膜
  • 不完全菌酵母
  • 担子菌
  • 感染組織内、培地でも莢膜を持つ単細胞(酵母)として増殖
  • 中枢神経系に強い親和性を有する。

分布

  • ミルク、加重、健常者の皮膚、消化管
  • 土壌特にハトその他の鳥類、コアラの糞などで汚染された土壌に豊富に存在

分離培養

染色

感染症

感染経路は空気感染 → 肺クリプトコッカス症
細胞免疫能低下患者 → 髄膜や脳に二次感染
HIV患者では高頻度にクリプトコッカス髄膜炎

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images



Cryptococcus neoformans infection」

  [★]

  • クリプトコッカス・ネオフォルマンス感染症、クリプトコッカス・ネオフォルマンス感染

Cryptococcus属」

  [★] クリプトコッカス属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡