BT-PABA試験

出典: meddic

N-benzoyl-L-tyrosyl-p-aminobenzoic acid test
パラアミノ安息香酸 para-aminobenzoic acid PABAPFD試験


概念

  • 膵臓の外分泌機能をキモトリプシンの活性により評価する検査。
  • BT-PABAを服用し、膵臓から分泌された膵液で分解、腸管で吸収、肝臓で抱合され、そして腎臓から尿として排泄されたPABAの量を定量する。

判定

基準値

  • 70%以上

70%以下(膵外分泌障害)

  • [高頻度]慢性膵炎、膵癌、急性膵炎後 
  • [可能性]Crohn病、肝硬変、腎不全、健常者(30%の人で低値)

注意

  • 吸収障害や肝機能・腎機能の低下がある場合に、異常低値となる。

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 便中エラスターゼ-1測定を中心とした膵外分泌機能検査の評価
  • 竹田 昌弘,白鳥 敬子,林 直諒,小田桐 恵美,高崎 健
  • 臨床病理 50(9), 893-898, 2002-09-20
  • NAID 10010300142
  • 無管法のBT-PABA試験と便中キモトリプシン活性測定試験による膵外分泌機能の評価
  • 内 緑,小泉 勝,木村 憲治,高須 充子,下瀬川 徹,豊田 隆謙
  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 13(1), 1-8, 1998-02-25
  • NAID 10016077852
  • 無管法のBT-PABA試験と便中キモトリプシン活性測定試験による膵外分泌機能の評価

関連リンク

PFD試験は,合成基質N-ベンゾイル-L-チロシル-p-アミノ安息香酸(BT-PABA)を経口投与し,膵外分泌酵素キモトリプシンによる腸管内分解産物であるパラアミノ安息香酸(PABA)の吸収後の尿中排泄率を測定する方法である。 経口投与されたBT ...
funktion mit oral verabreichter N-Benzoyl-L-Tyrosyl-Paraaminobenzoesaure (BT-PABA-Test). Schweiz. Med. Wschr. 110, 522-528, 1980. 26. Imondi, A. R., and Wohlgemuth, R. L.: Improved sensitivity of the BT 1180 井 久保 伊 ...
BT-PABAに よる膵外分泌機能検査法に関する研究 第2編 診断特異性の改善を目的とした併用試験の比較検討 岡山大学医学部第2内科(主任:木村郁郎教授) 井 久 保 伊 登 子 (昭和58年6月25日 受稿) Key words:膵 外分泌機能検査法, BT ...

関連画像

慢性膵炎/診断・治療指針共用試験対策シリーズ 第5巻 慢性膵炎/診断・治療指針では、MACのYouTube動画(10分12秒 有無 と bt paba 試験 pfd 試験 で リシル エンドペプチダーゼ


★リンクテーブル★
先読みpara-aminobenzoic acid
国試過去問103H036」「098I035」「107A059」「104A030」「104G041」「100G091」「106G014」「099D100」「102G018
リンク元パラアミノ安息香酸」「PFD試験
関連記事試験」「B」「PA」「BT」「PABA

para-aminobenzoic acid」

  [★] パラアミノ安息香酸 PABA


103H036」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。黒色便を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 以前からC型肝炎ウイルス抗体が陽性であることを指摘されていたが放置していた。最近、飲酒量が増加した。昨日から全身倦怠感があり、タール状の黒色便を排泄した。
  • 既往歴 : 28歳時、交通事故で輸血を受けた。
  • 現症 : 意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.0℃。脈拍96/分、整。血圧 112/70mmHg。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球325万、Hb 9.4g/dl、Ht 32%、白血球8,200、血小板 6.3万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、総コレステロール 196mg/dl、総ビリルビン 1.8mg/dl、AST 66IU/l、ALT 48IU/l、LD 496IU/l(基準176~353)、ALP 252IU/l(基準115~359)。CRP 0.3mg/dl。食道内視鏡写真を以下に示す。
  • 機能検査として有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103H035]←[国試_103]→[103H037

098I035」

  [★]

  • 58歳の男性。3か月前から続く背部痛と左上腹部痛とを主訴に来院した。
  • 20歳過ぎからアルコールを多飲している。
  • 意識は清明。身長165cm、体重52kg。脈拍76/分、整。血圧112/78mmHg。腹部は平坦で、肝・脾は触知しない。背部の皮膚に異常を認めない。
  • 血液所見:赤血球385万、Hb12.5g/dl、Ht36%、白血球5,800、血小板23万。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖112mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.3g/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST23単位(基準40以下)、ALT18単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ295単位(基準260以下)、γ-GTP120単位(基準8~50)、血清アミラーゼ232単位(基準37~160)。CA19-9 32U/ml(基準37以下)。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
  • a. 耐糖能異常
  • b. 膵液量の増加
  • c. 膵液中重炭酸濃度上昇
  • d. 糞便中脂肪量の低下
  • e. BT-PABA試験で尿中PABA排泄量の低下
[正答]


※国試ナビ4※ 098I034]←[国試_098]→[098I036

107A059」

  [★]

  • 58歳の男性。3か月前から続く背部痛と左上腹部痛とを主訴に来院した。20歳過ぎからアルコールを多飲している。意識は清明。身長165cm、体重52kg。脈拍76/分、整。血圧112/78mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。背部の皮膚に異常を認めない。血液所見:赤血球385万、Hb 12.5g/dl、Ht 36%、白血球5,800、血小板23万。血液生化学所見:空腹時血糖112mg/dl、総蛋白6.3g/dl、アルブミン3.4g/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST 23IU/l、ALT 18IU/l、ALP 295IU/l(基準115~359)、γ-GTP 120IU/l(基準8~50)、アミラーゼ232IU/l(基準37~160)、CA19-9 32U/ml(基準37以下)。
  • この患者でみられるのはどれか。2つ選べ。
  • a 耐糖能異常
  • b 膵液量の増加
  • c 糞便中脂肪量の低下
  • d 膵液中重炭酸濃度の上昇
  • e BT-PABA試験で尿中PABA排泄量の低下


[正答]


※国試ナビ4※ 107A058]←[国試_107]→[107A060

104A030」

  [★]

  • 50歳の男性。B型慢性肝炎で通院中に、腹部超音波検査で肝に単発の占拠性病変を指摘された。血液所見:赤血球440万、Hb12.8g/dl、Ht36%、白血球3,100、血小板13万。血液生化学所見:総ビリルビン1.1mg/dl、AST49IU/l、ALT47IU/l。腹部ダイナミックCT(別冊No、12A、B、C)を別に示す。
  • 治療方針の決定に最も有用なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 104A029]←[国試_104]→[104A031

104G041」

  [★]

  • 39歳の男性。腹痛を主訴に来院した。10年前からたびたび腹痛発作で通院加療を受けている。来院時の腹部造影CT(別冊No.4A、B)を別に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104G040]←[国試_104]→[104G042

100G091」

  [★]

  • 検査と疾患の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G090]←[国試_100]→[100G092

106G014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G013]←[国試_106]→[106G015

099D100」

  [★]

  • BT-PABA試験で活性を調べるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D099]←[国試_099]→[099D101

102G018」

  [★]

  • BT-PABA試験で異常値とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G017]←[国試_102]→[102G019

パラアミノ安息香酸」

  [★]

p-aminobenzoic acid para-aminobenzoic acid PABA
パラベン paraben4-アミノ安息香酸 4-aminobenzoic acidsulfonamide葉酸



臨床関連

  • BT-PABA試験:膵臓の外分泌機能をキモトリプシンの活性により評価する検査。BT-PABAを服用し、膵臓で分解、腸管で吸収、肝で抱合、腎臓から尿として排泄されたPABAの量を定量する。

PFD試験」

  [★]

PFD test
pancreatic function diagnostant試験
BT-PABA試験簡易膵外分泌機能検査
  • 膵臓の外分泌能を調べる試験


試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

PA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「personal assistant個人秘書 / public address [system]」

BT」

  [★]


PABA」

  [★] パラアミノ安息香酸 para-aminobenzoic acid



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡