5-HT1D受容体

出典: meddic

5-HT1D receptor
5-HT1Dレセプター5-HT1Dセロトニンレセプターセロトニン1Dレセプターセロトニン1D受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 片頭痛の最新のトピックス : 薬物治療の問題点と今後望まれる薬剤
  • 清水 利彦,鈴木 則宏
  • 日本薬理学雑誌 131(3), 210-214, 2008-03-01
  • … セロトニン5-HT1B/1D受容体アゴニストであるトリプタン系薬剤は片頭痛急性期発作に用いられ,多くの患者で著効する.本邦ではスマトリプタン,ゾルミトリプタン,エレトリプタンおよびリザトリプタンの4種類が使用可能なトリプタン系薬剤である.あるトリプタン系薬剤が無効な場合,別のトリプタン系薬剤が有効なこともあり,そのような症例では他のトリプタン系薬剤への変更を試みる価値がある.しかし片頭 …
  • NAID 10024382193
  • 新規トリプタン, 安息香酸リザトリプタン(マクサルト^【○!R】)の片頭痛治療への導入
  • 池本 文彦,融 太郎,相島 博 [他],棗田 豊
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 123(4), 295-302, 2004-04-01
  • … マクサルト)はセロトニン5-HT1B/1D受容体に対して強力かつ高い選択性を持つアゴニストである.今日の病態生理学によれば,片頭痛の発症には頭蓋内血管の拡張と三叉神経の活性化による種々の神経物質の遊離が主要な役割を果たしていると考えられている.硬膜血管では5-HT1B受容体は血管収縮に働き,三叉神経節では5-HT1D受容体は血管活動性神経ペプチド …
  • NAID 10013514568
  • セロトニンと片頭痛
  • 廣瀬 源二郎
  • 日本内科学会雑誌 90(4), 33-38, 2001-04-10
  • … 発作中に血小板内セロトニンは減少し,その血漿濃度は増加し,代謝産物である5-HIAAが尿中に増加することが知られている.片頭痛の三叉神経血管系仮説によれば,その病態生理はセロトニン受容体の介在する三つのプロセスからなる.第一に髄膜血管の拡張により血管壁周囲の三叉神経感覚枝が活性化され疼痛インパルスを誘発,第二にインパルスの末梢側三叉神経終末到達により血管作用性神経ペプタイド(P物質,ニューロキ …
  • NAID 10007312518

関連リンク

5-HT1(Gi/Go共役型) 5-HT1A 主な存在部位 中枢神経 作用 気分や不安と関係がある。5-HT2を抑制。 アゴニスト: セディール(タンドスピロン) 部分アゴニスト: エビリファイ(アリピプラゾール) アンタゴニスト: メチオテピン
作用機序 薬 臨床適応 副作用 5-HT1A受容体作動薬 タンドスピロン 不安、うつ状態 5-HT1B/1D受容体作動薬 トリプタン製剤 片頭痛、群発頭痛 5-HT1非選択的作動薬 エルゴタミン 麦角アルカロイドなど 片頭痛、群発頭痛 5-HT2A/2C

関連画像

 人間の脳内5-HT1A受容体分布Description GPCR in membrane.jpgで は 5 ht1a セロトニン 受容体 本剤の成分に対し過敏症の既往 この ly 334370 は 5 ht1b や 5 ht1d に


★リンクテーブル★
リンク元5-HT1D receptor」「5-HT1Dレセプター」「セロトニン1D受容体」「セロトニン1Dレセプター」「5-HT1Dセロトニンレセプター
関連記事受容体」「受容」「」「HT

5-HT1D receptor」

  [★]

5-HT1D serotonin receptor


5-HT1Dレセプター」

  [★]

5-HT1D receptor
5-HT1D受容体セロトニン1Dレセプターセロトニン1D受容体


セロトニン1D受容体」

  [★]

5-HT1D receptor
5-HT1D受容体5-HT1Dレセプターセロトニン1Dレセプター


セロトニン1Dレセプター」

  [★]

5-HT1D receptor
5-HT1D受容体5-HT1Dレセプターセロトニン1D受容体


5-HT1Dセロトニンレセプター」

  [★]

5-HT1D serotonin receptor
5-HT1D受容体5-HT1Dセロトニン受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


HT」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡