102G053

出典: meddic

  • 53歳の男性。倦怠感を主訴に来院した。10年前から肝障害を指摘されていたが放置していた。飲酒は日本酒5合/日を33年間。意識は清明。身長168cm、体重54kg。体温37.2℃。眼球結膜に黄染を認めない。前胸部にくも状血管膿を認める。下腿に浮腫を認める。右肋骨弓下に肝を5cm触知する。脾を触知しない。神経学的に異常はない。血液所見:赤血球380万、白血球2,800、血小板5万、PT 48%(基準80~120)。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.8g/dl、総コレステロール118mg/dl、総ビリルビン2.0mg/dl、AST156IU/l、ALT72IU/l、LDH480IU/l(基準176~353)、ALP480IU/l(基準260以下)、γ-GTP580IU/l(基準8~50)。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。
  • ICG試験(15分値)として予想されるのはどれか。
  • a. 1%
  • b. 3%
  • c. 10%
  • d. 30%
  • e. 80%
[正答]


※国試ナビ4※ 102G052]←[国試_102]→[102G054

"http://meddic.jp/102G053" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡