鼡径リンパ肉芽腫症

出典: meddic

鼠径リンパ肉芽腫症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

鼠径リンパ肉芽腫症の症状とは、一体どんなものかご存知ですか?また、鼠径リンパ肉芽腫症の治療法には、どういう方法があるのか知っていますか?当ページでは、鼠径リンパ肉芽腫症の症状や治療方法についてわかりやすく解説 ...
そ径リンパ肉芽腫症 HIV 梅毒 B型C型肝炎 亀頭包皮炎 前立腺炎 精巣上体炎 外陰部炎 ヒトパピローマウイルス 咽頭クラミジア、淋病 性感染症QandA 自己診断チャート 性感染症と妊娠 性感染症と発がん 風俗と性病 性病の予防 症状の ...

関連画像

220px-CD_Granuloma.jpg大山 宗伯 東洋医学 記念館


★リンクテーブル★
リンク元性感染症」「鼠径リンパ肉芽腫症」「lymphogranuloma inguinale
関連記事リン」「肉芽腫」「」「肉芽腫症」「鼡径

性感染症」

  [★]

sexually transmitted disease, STD, STI
性行為感染症
性病

定義

  • 性行為を介して、ヒトからヒトへ病原微生物が直接伝播する感染症の総称
  • 性行為は性交のみに限らず、また異性間の場合も同性間の場合も含まれ,性器以外の性交に類似した行為も該当する。

疫学

♂:淋菌性尿道炎 > クラミジア性尿道炎 > 性器ヘルペス > 尖圭コンジローマ ♀:クラミジア性尿道炎 > 性器ヘルペス > 尖圭コンジローマ > 淋菌性尿道炎

性感染症

病原体 感染症 原因ウイルス
ウイルス 性器ヘルペス 単純ヘルペスウイルス
尖圭コンジローマ子宮頚癌 ヒト乳頭腫ウイルス
B型肝炎 B型肝炎ウイルス
C型肝炎 C型肝炎ウイルス
エイズ ヒト免疫不全ウイルス
成人T細胞白血病 ヒトTリンパ球向性ウイルス
サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス
伝染性軟属腫 伝染性軟属腫ウイルス
伝染性単核症 EBウイルス
細菌 梅毒 梅毒トレポネーマ
性器クラミジア感染症 クラミジア・トラコマチス
淋病 淋菌
軟性下疳 ヘモフィルス・デュクレイ
鼠径部肉芽腫 肉芽腫カリマトバクテリウム
赤痢 赤痢菌
非淋菌性尿道炎 クラミジア・トラコマチスマイコプラズマウレアプラズマ
真菌 口腔カンジダ症 カンジダ
非淋菌性尿道炎 カンジダ
寄生虫、
原虫
いろいろ トリコモナス
非淋菌性尿道炎 腟トリコモナス
アメーバ赤痢 赤痢アメーバ
毛ジラミ症 Phthirus pubis
疥癬 疥癬虫
白癬 Trichophyton rubrum, Trichophyton mentagrophytes
ランブル鞭毛虫下痢症 ランブル鞭毛虫

治療薬

QB.Q-265
淋疾 淋菌 ペニシリン、セフェム(セフトリアキソン)
非淋菌性尿道炎 クラミジア・トラコマティスなど テトラサイクリンマクロライド
外陰ヘルペス 単純ヘルペス アシクロビル
梅毒 梅毒スピロヘータ ペニシリン
鼡径リンパ肉芽腫症 クラミジア・トラコマティス テトラサイクリンマクロライド
軟性下疳 ヘモフィルス・デュクレイ マクロライドテトラサイクリン
疥癬 疥癬虫 安息香酸ベンジル
伝染性単核球症 EBウイルス  

URL

  • 性感染症
http://sks.oriaca.net/
  • STDの現状と取り扱い
http://www.jsog.or.jp/PDF/51/5109-203.pdf




鼠径リンパ肉芽腫症」

  [★]

lymphogranulomatosis inguinale
第四性病 fourth venereal disease性病性リンパ肉芽腫 lymphogranuloma venereum LGVニコラ・ファーヴル病 Nicolas-Favre diseaseフライ病 Frei diseasedonovanosis
鼠径リンパ肉芽腫性病性リンパ肉芽腫症、鼡径リンパ肉芽腫、鼡径リンパ肉芽腫症
クラミジア性感染症
[show details]



lymphogranuloma inguinale」

  [★]

鼠径リンパ肉芽腫症鼡径リンパ肉芽腫症

donovanosisLGVlymphogranuloma venereum

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





肉芽腫」

  [★]

granuloma
肉芽腫症

分類

NDE.34

肉芽腫を形成する疾患

  • 感染症
  • 抗酸菌(結核、、らい菌)
  • 真菌(クリプトコッカス、アスペルギルス、ヒストプラズマ、ブラストミセス、コクシジオイデスなど)
  • トレポネーマ(梅毒)
  • その他の菌(ネコひっかき病など)
  • 炎症性疾患(サルコイドーシス、クローン病、血管炎・膠原病、過敏性肺臓炎など)
  • 異物(ベリリウム、バリウム、縫合糸)



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

肉芽腫症」

  [★]

granulomatosisgranulomatous disease
肉芽腫性疾患


鼡径」

  [★]

groin
鼠径
鼠径部鼡径部 inguinal




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡