高髄液圧水頭症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

水頭症 概要 水頭症とは何らかの原因によって髄液の循環・吸収障害が起こり,その結果,脳室の異常拡大が生じたもので,小児,成人を問わずに発生し得る病態です. 髄液は脳を外部の衝撃から保護し、脳圧をコントロール、脳の ...
水頭症の特徴と症状 成人に多い交通性水頭症と小児に多い非交通性水頭症に分けて特徴と症状を示します。 成人の水頭症の特徴 髄液の循環を妨げている閉塞部分が脳室内にある場合の水頭症を非交通性水頭症といいます。
医療法人社団 葵会 千葉・柏たなか病院 正常圧水頭症センター センター長 東京大学生産技術研究所 研究員 専門: 特発性正常圧水頭症(認知症、歩行障害、排尿障害) 低髄液圧症候群 担当:土曜日 10:00~17:00(第1週)

関連画像

髄液は絶えず循環していて1日  の歩行障害と高齢者の水頭症特発性水頭症のCT


★リンクテーブル★
リンク元正常圧水頭症
関連記事水頭症」「」「髄液圧

正常圧水頭症」

  [★]

normal pressure hydrocephalus, NPH
水頭症高髄液圧水頭症



水頭症」

  [★]

hydro cephalus
hydrocephalus, hydrocephaly
水頭

分類

発症の起点となった時期

直接の原因

脳圧

機序

  • 1. 髄液の過剰産生 →(稀)脈絡叢乳頭腫
  • 2. 脳室、くも膜下腔の通過障害
  • 3. 上矢状静脈洞への髄液の吸収障害

病因

症候

画像

  • 中頭蓋窩の側脳室が見える



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


髄液圧」

  [★]

脳脊髄液
  • 60-180 mmH2O(YN. J7) → 4.4 - 13.2 mmHg




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡