髄膜血管型神経梅毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 Fischer斑を伴った髄膜血管型神経梅毒の1剖検例
  • 小尾 公美子,土谷 邦秋,安野 みどり [他]
  • Brain and nerve 59(7), 797-803, 2007-07
  • NAID 40015561886

関連リンク

しかし、最近ではHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と梅毒の合併例が多くなり、新たな問題 として取り上げられています。 神経梅毒は、髄膜(ずいまく)血管型と実質型に大別され ています。髄膜血管型には、髄膜型、脳血管型、脊髄髄膜(せきずいずいまく)血管型が ...
に示す様に昭和60年より梅毒の増加(特に初期梅. 毒,二期梅毒)が,報告されており1 ト3)今後それに. 伴う神経梅毒の増加が懸念されている. 一方諸外国の文献では, 神経梅毒の病型に変化. がみられ,髄膜型及び髄膜血管型が増加している. と報告され て ...

関連画像

Argyll Robertson 瞳孔 ( 縮瞳 、 対 Argyll Robertson 瞳孔 ( 縮瞳 、 対 最近の研修医室 研修医日記2013 最近の研修医室 研修医日記2013


★リンクテーブル★
リンク元肥厚性頸髄硬膜炎
関連記事血管」「梅毒」「神経」「神経梅毒」「髄膜

肥厚性頸髄硬膜炎」

  [★]

hypertrophic cervical pachymeningitis
pachymeningitis cervicalis hypertrophicans
髄膜血管型神経梅毒髄膜炎


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



梅毒」

  [★]

syphilis
ワッセルマン反応
  • first aid step1 2006 p.145,163,173

定義


症状

検査




神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経梅毒」

  [★]

neurosyphilis, neurolues
梅毒

病型と症状

  • 髄膜血管性:髄膜炎症状に基づく:
  • 脊髄癆:脊髄の後根・後索障害に基づく:
  • 進行麻痺:前頭葉・側頭葉の慢性髄膜炎に基づく:人格変化、知能変化、言語蹉跌。前頭葉・側頭葉の萎縮。

国試


髄膜」

  [★]

meninx, meninges (M)
脳脊髄膜






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡