骨盤位

出典: meddic

pelvic presentation, breech presentation
presentatio caudae
胎位異常分娩


概念

  • 胎位の一つ。

分類

  • 殿位:70%
  • 単殿位、不全副殿位、全副殿位
  • 足位:30%
  • 全足位、不全足位
  • 膝位:10%
  • 全膝位、不全膝位

疫学

  • 頻度:3-4%(妊娠末期)


NGY.446

  • 妊娠7ヶ月:30%
  • 妊娠8ヶ月:15%
  • 妊娠9ヶ月:6-9%
  • 正期産  :3-5%

病因

NGY.446
胎児の自己回転が妨げられる環境、胎児が動きやすい環境(羊水過多、子宮が広がりやすい?)ことが関係。

治療

妊娠管理

  • 経過観察:妊娠30週までは胎児の自己回転を期待。
  • 膝胸位:胎児の自然回転を期待 (QB.P-303)
  • 外回転術:妊娠35-37週に超音波断層法により胎児を観察しながら外診手により骨盤位から頭位に回転する方法。成功率は65%。(NGY.445)

分娩管理


分娩における問題・合併症

NGY.448 G10M.238
  • 前期破水、臍帯圧迫・臍帯脱出、遷延分娩、頭蓋内出血
  • 分娩外傷:頭蓋内出血、頭蓋骨・脊柱・鎖骨・大腿骨の骨折、上腕挙上→上腕骨骨折、上腕神経麻痺、腹腔内臓器損傷

国試



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/19 19:24:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨盤位に対する鍼灸治療の取り組み : とやまプロトコールについて (第35回現代医療鍼灸臨床研究会 産科領域のマイナートラブルと鍼灸治療) -- (シンポジウム)
  • よい効果をもたらした骨盤位の経腟分娩 (医療介入を極力おさえたお産)
  • 24週未満の骨盤位には経膣分娩を行う (特集 周産期医療におけるPros,Cons(産科編))
  • 24週未満の骨盤位には帝王切開を行う (特集 周産期医療におけるPros,Cons(産科編))

関連リンク

骨盤位(こつばんい)とは、子宮内の胎児が下半身を子宮口の側に向けた胎位をいう。 俗に「逆子(さかご)」 ... ところが、骨盤位ではこれとは逆に尻や足が子宮口の側を向い ており、体の一部が胎外に出たまま頭が引っ掛かって分娩が滞る可能性がある。胎児 は ...
骨盤位(さかご)とは? 「胎位」という言葉がありますが、これは子宮内での胎児の向きを 表現するものです。 胎児の頭が下か、頭が上か、頭が横かなどを表します。 「胎位」は まず、「縦位」と「横位」と「斜位」に分けられます。 子宮はやや縦長の臓器ですが、その ...
骨盤位(逆子)、横位とはどんな病気か. 産道からみて胎児の頭部より骨盤部が先進して いる状態を骨盤位(逆子)、胎児の頭部あるいは骨盤部のいずれもが先進していない 状態を横位といいます。骨盤位は妊娠中期では高頻度にみられますが、妊娠の進行に ...

関連画像

骨盤位(逆子) 骨盤位(逆子 骨盤位 ・ Breech birth骨盤位分娩骨盤位(さかご)とは 骨盤位はまず先進部の種類に 骨盤位(さかご) 【こつばん o0800035311973453609.jpg 骨盤位 肩 甲 位 の 場合 は


★リンクテーブル★
先読み胎位
国試過去問105C023」「104B014」「080A049」「107B018」「105B029」「095B001
リンク元異常分娩」「pelvic presentation
拡張検索ファイト・スメリー骨盤位牽出術
関連記事骨盤

胎位」

  [★]

fetal presentation, lie, presentation
  • 子宮内における胎児の縦軸と母体の縦軸(子宮軸)との位置的関係
  • 縦位
  • 頭位
  • 骨盤位
  • 斜位
  • 横位



105C023」

  [★]

  • 33歳の初産婦骨盤位のため自宅近くの産科診療所にて妊娠39週で帝王切開を受けた。その後、性器出血が持続したため、術後3時間で搬入された。意識レベルはJCS II-10。マスクで酸素投与(6L/分)されている。呼吸数24/分。臥位で脈拍140/分、整。血圧68/38mmHg。皮膚は蒼白で冷たい。腹部は平坦で、子宮底は臍下2cmに硬く触知する。腟鏡診で子宮口からの新たな出血を認めない。
  • まず行うべき処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C022]←[国試_105]→[105C024

104B014」

  [★]

  • Leopold診察法の結果を示す。
  • 第1段:胎児頭部を触れる。
  • 第2段:胎児の背部を母体の右側に触れる。
  • 第3、4段:胎児下向部は骨盤内に進入している。
  • この児の胎位・胎向はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B013]←[国試_104]→[104B015

080A049」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

107B018」

  [★]

  • 分娩中の異常とその対応の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B017]←[国試_107]→[107B019

105B029」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B028]←[国試_105]→[105B030

095B001」

  [★]

  • 双胎の1児と2児との胎位で分娩時に最も多い組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A120]←[国試_095]→[095B002

異常分娩」

  [★]

abnormal labor
  • C.産科疾患の診断・治療・管理 6.異常分娩の管理と処置

分類

  • 娩出力の異常
  • 産道の異常
  • 胎児・胎児付属物の異常

娩出力の異常

陣痛の異常

  • 微弱陣痛
  • 過強靭痛
  • 狭窄輪難産

腹圧の異常

  • 微弱腹圧
  • 過強腹圧

産道の異常

骨盤の異常

児頭骨盤不均衡

軟産道の異常

胎児の異常

胎位異常

  • 骨盤位

胎勢異常

回旋異常

屈曲位における回旋異常

反屈位における回旋異常

進入異常

肩甲難産

胎児付属物の異常

  • 前期破水
  • 臍帯異常
  • 胎盤性異常分娩
  • 癒着胎盤
  • 子宮内反症


pelvic presentation」

  [★]

  • 骨盤位
breech


ファイト・スメリー骨盤位牽出術」

  [★] ファイト・スメリー法


骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡