馬尾症候群

出典: meddic

cauda equina syndrome
馬尾障害
多発神経根炎多発性神経根障害脊髄円錐症候群



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 正中(馬尾)型脊柱管狭窄症に対する術式の検討
  • 佐多 和仁,寺澤 貴志,小川 崇,早川 高志,貝沼 慎悟,〓 漢成,坂井 宏章
  • Journal of spine research 1(5), 1127-1132, 2010-05-25
  • NAID 10027713916
  • CT・MRIを読む(第6回)後躯麻痺(5)外傷・椎体奇形・馬尾症候群・脊髄空洞症
  • 57.Drop metastasisにより馬尾症候群をきたした肺癌脳転移の1例(第47回日本肺癌学会中国・四国支部会,中国・四国支部,支部活動)
  • 多田 光宏,神田 響,濱口 俊一,本田 健,鈴木 妙子,花田 真希,出口 奈穂子,峠岡 康幸,礒部 威
  • 肺癌 48(4), 361, 2008-08-20
  • NAID 110006985947

関連リンク

馬尾症候群とは 尾側腰髄の神経根は、それぞれ脊髄を出た後、神経孔において脊椎外に出るまで脊柱管の中を並んで通ります。これらの神経根のことを総称して馬尾神経と呼びます。馬尾症候群は腰仙椎関節付近における脊髄、神経根 ...
馬尾とは腰の部分の神経のことで、仙骨まで走ってきた脊髄はそこでいくつかの神経に分かれていきます。見た目がウマのしっぽと似ているのでそう呼ばれています。 変形性脊椎症、仙骨の亜脱臼・不安定、腫瘍、その他の原因により ...
愛犬が、運動の後に足を引きずったり、ふらついたりする。 原因はいろいろ考えられるが、特に活動量の多い大型犬の場合、「馬尾症候群」という、腰部に走る神経が関係している病気の可能性もある。

関連画像

f0025769_20163874.jpgたぶん来週中には手術を・・・が あった 馬 尾 症候群 その他、T13-L1椎間で腹側やや f0025769_12563232.jpgまた、L6・S1椎体腹側において


★リンクテーブル★
先読み脊髄円錐症候群
リンク元腰痛」「脊髄くも膜下麻酔」「多発神経根炎」「多発性神経根障害
関連記事症候群」「馬尾」「」「症候

脊髄円錐症候群」

  [★]

conus medullaris syndrome, conus syndrome
脊髄圧迫圧迫性脊髄症サドル状感覚消失脊髄円錐


腰痛」

  [★]

low back pain LBP
backachelumbar painlower back painlow backachelumbago
lumbago
背痛腰痛症背部痛腰背部痛腰背痛、放射線による背痛

疫学

  • 腰痛とは、腰部に痛みを訴える状態

疫学

  • 生涯有病率:80% (出典不明)

病因

機序別

  • 変性:腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰椎すべり症
  • 代謝:脊椎の骨粗鬆症による圧迫骨折
  • 外傷:圧迫骨折、横突起骨折、ぎっくり腰(腰椎捻挫)
  • 炎症:可能性脊椎症、強直性脊椎炎、結核性脊椎炎
  • 腫瘍:血管腫、骨髄腫、骨転移

部位別

未完成
  • 脊椎:外傷、変性、感染
  • 泌尿器系:尿路結石、悪性腫瘍
  • 生殖系(産婦人科):子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、切迫流産、前置胎盤早期剥離、絨毛膜羊膜炎
  • 消化器系:胆石、悪性腫瘍

診察

参考1
  • 診断的トリアージと病因分類をおこなう。
  • 診断的トリアージ:
  • (1)Red flag sign:重篤な疾患の可能性がある腰痛
  • (2)Green light:非特異的腰痛。神経学的異常・器質的異常のない予後良好な腰痛
  • (3)Yellow flag sign:慢性腰痛、休職、長期の活動性低下へ移行する可能性がある腰痛

red flag sign

診療エッセンシャルズ 新訂版第2刷 p.313
  • 急性発症
  • 腹部腫瘤
  • 下肢の虚血症候
  • 進行性
  • 安静時に改善しない
  • 夜間の疼痛
  • 発熱、寝汗、体重減少
  • 免疫抑制状態
  • 癌・結核・繰り返す尿路感染の既往
  • 最近の感染症
  • 神経学的異常(特に馬尾症候群)

参考

  • 参考1
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/guideline2009/08-2.html




脊髄くも膜下麻酔」

  [★]

spinal subarachnoid anesthesia
脊椎麻酔 spinal anesthesia脊麻腰椎麻酔 lumbar anesthesia lumbar spinal anesthesiaくも膜下麻酔 subarachnoid anesthesia
クモ膜下ブロック くも膜下ブロック硬膜外麻酔
誤用
脊椎クモ膜下麻酔 ← 脊椎にくも膜下はない
[show details]

薬剤

合併症

  • 血圧低下、呼吸抑制、頭痛
  • 穿刺部位によって、CN III/IV/VI麻痺、馬尾症候群を呈しうる。

禁忌

  • ショック時、脱水、心筋梗塞、穿刺部位の炎症、脳脊髄疾患、出血性素因

国試



多発神経根炎」

  [★]

polyradiculoneuritispolyradiculitis
多発根神経炎多発性神経根炎多発性神経根障害馬尾症候群

多発性神経根障害」

  [★]

polyradiculopathy
多発神経根炎多発神経根症馬尾症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



馬尾」

  [★]

cauda equina (M)
脊髄神経


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

  • 馬尾性跛行



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡