食事指導

出典: meddic

dietary intervention


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • IBSの食事指導,生活習慣改善 (特集 機能性消化管障害 : 気のせいでない科学の裏付けと最新治療) -- (過敏性腸症候群(IBS))
  • 金子 宏,飯田 章人,春日井 邦夫
  • 診断と治療 103(8), 1053-1057, 2015-08
  • NAID 40020559473
  • 在宅で行なう高齢者の栄養管理(第1回)在宅訪問栄養食事指導を行なう必要性 : 健康寿命を延ばすために
  • 食物アレルギー 食物依存性運動誘発アナフィラキシー (特集 アレルギー疾患の診療のpitfalls 好酸球の臨床) -- (全身性アレルギー疾患)
  • 浅海 智之,柳田 紀之,海老澤 元宏
  • 診断と治療 103(5), 589-594, 2015-05
  • NAID 40020476793

関連リンク

※塩分量は標準的な量です。各家庭の味付けや食材などによって異なりますので、ひとつの目安としてご参照ください。 参考文献: 毎日の食事のカロリーガイドブック(女子栄養大学出版部)、暮らしの食品成分表(一橋出版)
東京都病院経営本部の公式ホームページ。食事療法についてのポイント、献立例、日常生活の注意などのご紹介です。 ... 食事療法のポイント 1 食事で摂取するエネルギー量をコントロールしましょう 消費エネルギーより摂取 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問098F038」「097F030
関連記事指導」「食事

098F038」

  [★]

  • 次の文を読み、37,38の問いに答えよ。
  • 35歳の2回経妊、未産婦、尿等持続のため近医から紹介されて来院した。
  • 現病歴:現在妊娠20週。定期妊娠健康診査を受けていたが、尿糖以外、特に異常は指摘されなかった。
  • 現症:身長160cm、体重80kg。体温36。5℃。脈拍80/分、整。血圧104/64mmHg.胸部の打聴診で異状を認めない。子宮底長18cm、胸囲95cm。胎児心拍数140/分。
  • 内診所見:子宮は成人頭大、軟、子宮口閉鎖、展退度0%。膣分泌物は白色、少量。
  • 検査所見:尿所見:比重1.030、蛋白(-)、糖2+、沈渣異常なし。血液所見:赤血球430万、Hb12.5g/dl、層蛋白6.0g/dl、尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl。
  • 75gブドウ糖負荷試験で静脈血前値104mg/dl、1時間値200mg/dl、2時間値160 mg/dl の結果を得た。この妊婦でまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F037]←[国試_098]→[098F039

097F030」

  [★]

  • 52歳の女性。1年前に糖尿病と診断され通院中である。糖尿病の改善に必要なことを指導されたが、日々の業務に追われ、日常の生活習慣は変わらない。空腹時血糖は徐々に上昇傾向を示している。
  • この患者で最も必要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F029]←[国試_097]→[097F031

指導」

  [★]

guidancedirectioninstructionguideconductinstructdirectcoachtutorial
案内インストラクション行うガイダンス、ガイド、コーチ行為指揮指示指令先導直接直接型直接的伝導配向方向導く向ける誘導、方向づける、説明書ダイレクト向き


食事」

  [★]

dietmealeatingdinnerprandialdietetic
経口摂取食餌食事制限摂食ダイエット夕食食物摂取




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡