顆粒球コロニー刺激因子

出典: meddic

granulocyte colony-stimulating factorG-CSF


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/04 20:22:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄障害性疼痛に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の治療効果
  • 加藤 啓,カトウ ケイ,Kei Kato,山崎 正志,ヤマザキ マサシ,Masashi Yamazaki,大河 昭彦,オオカワ アキヒコ,Akihiko Okawa,佐久間 毅,サクマ ツヨシ,Tsuyoshi Sakuma,高橋 宏,タカハシ ヒロシ,Hiroshi Takahashi,橋本 光宏,ハシモト ミツヒコ,Mitsuhiro Hashimoto,林 浩一,ハヤシ コウイチ,Koichi Hayashi,川辺 純子,カワベ ジュンコ,Junko Kawabe,藤由 崇之,フジヨシ タカユキ,Takayuki Fujiyoshi,古矢 丈雄,フルヤ タケオ,Takeo Furuya,山内 友規,ヤマウチ トモノリ,Tomonori Yamauchi,門田 領,カドタ リョウ,Ryo Kadota,宮下 智大,ミヤシタ トモヒロ,Tomohiro Miyashita,萬納寺 誓人,マンノウジ チカト,Chikato Mannoji,染谷 幸男,ソメヤ ユキオ,Yukio Someya,鎌田 尊人,カマダ タカヒト,Takahito Kamada,池田 修,イケダ オサム,Osamu Ikeda,橋本 将行,ハシモト マサユキ,Masayuki Hashimoto,井上 雅俊,イノウエ マサトシ,Masatoshi Inoue,花岡 英紀,ハナオカ ヒデキ,Hideki Hanaoka,国府田 正雄,コウダ マサオ,Masao Koda,高橋 和久,タカハシ カズヒサ,Kazuhisa Takahashi
  • 千葉医学雑誌 88(1), 1-9, 2012-02-01
  • 脊髄障害性疼痛を有する13例を対象として,顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経保護療法の臨床試験を施行した。対象症例は,脊髄症の急性増悪と関連する疼痛を認めた6例(脊髄症急性増悪群)および脊髄症の後遺症と考えられる疼痛を認めた7例(脊髄症後遺症群)の二群に分けられた。G-CSFを5μg/kg/日×5日間(1例),10μg/kg/日×5日間(11例),10μg/kg/日×3日間(1例)の …
  • NAID 120004040457
  • 急性脊髄損傷に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経保護療法 (特集 運動器傷害における治療法の新しい試み) -- (脊椎 脊髄損傷の臨床研究)
  • 山崎 正志,佐久間 毅,高橋 宏 [他]
  • 整形外科 62(8), 749-754, 2011-07
  • NAID 40018919447

関連リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 顆粒球コロニー 刺激因子(かりゅうきゅうコロニーしげきいんし、granulocyte-colony stimulating factor) とは、サイトカインの一種で顆粒球産出の促進、好中球の機能を高める作用がある。
GM-CSF(Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor:顆粒球単球コロニー 刺激因子)は、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種。 IL(インターロイ キン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を骨髄系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させ 、 ...

関連画像

顆粒球コロニー刺激因子 図1 顆粒球コロニー刺激因子の CSF(顆粒球コロニー刺激因子  顆粒球コロニー刺激因子(GCSF顆粒球コロニー刺激因子 白血球を増殖させる医薬品


★リンクテーブル★
先読みG-CSF」「granulocyte colony-stimulating factor
国試過去問099G056」「098A033」「105G038
拡張検索顆粒球コロニー刺激因子受容体」「顆粒球コロニー刺激因子レセプター」「組換え顆粒球コロニー刺激因子
関連記事顆粒」「刺激」「顆粒球」「」「コロニー

G-CSF」

  [★] granulocyte colony-stimulating factor granulocyte colony stimulating factor


granulocyte colony-stimulating factor」

  [★]

G-CSF granulocyte colony stimulating factor


099G056」

  [★]

  • 51歳の男性。非Hodgkinリンパ腫に対する外来化学療法を開始して12日後に、悪寒を伴う39.1℃の発熱をきたしたため入院した。意識は清明。呼吸困難と咳とはない。脈拍116/分、整。血圧110/72mmHg。血液所見:赤血球415万、Hb13.4g/dl、Ht44%、白血球1,100(桿状核好中球1%、分葉核好中球24%、単球7%、リンパ球68%)、血小板9.7万。血清生化学所見:総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.6g/dl、AST32単位、ALT28単位、LDH285単位(基準176~353)、Na139mEq/l、K4.2mEq/l、Cl101mEq/l、CRP13.8mg/dl。入院後、直ちに血液培養のための採血を行った。治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G055]←[国試_099]→[099G057

098A033」

  [★]

  • 32歳の女性。3日前から続く高熱と咽頭痛とを主訴に来院した。甲状腺機能亢進症のため、1か月前から抗甲状腺薬を服用している。体温38.9℃、脈拍120/分、整。血圧120/80mmHg。咽頭と口蓋扁桃とに偽膜を認める。胸部打聴診で具常所見はない。腹部は平坦で肝・脾は触知しない。血液所見:赤血球450万、Hb14.0g/dl、Ht42%、白血球1,200(桿状核好中球2%、分葉核好中球2%、単球9%、リンパ球87%)、血小板22万。血清生化学所見:AST35単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)、LDH220単位(基準176~353)。まず投与するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A032]←[国試_098]→[098A034

105G038」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 105G037]←[国試_105]→[105G039

顆粒球コロニー刺激因子受容体」

  [★]

granulocyte colony-stimulating factor receptorG-CSF receptor
顆粒球コロニー刺激因子レセプターG-CSF受容体G-CSFレセプター


顆粒球コロニー刺激因子レセプター」

  [★]

granulocyte colony-stimulating factor receptorG-CSF receptor
顆粒球コロニー刺激因子受容体G-CSF受容体G-CSFレセプター


組換え顆粒球コロニー刺激因子」

  [★]

recombinant granulocyte colony-stimulating factor


顆粒」

  [★]

granule



血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




顆粒球」

  [★]

granulocyte
顆粒性白血球 granular leukocyte
白血球無顆粒球


顆粒球

細胞表面抗原



球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる


コロニー」

  [★]

colony
集落
細菌、造血幹細胞コロニー、S-R変異





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡