顆粒

出典: meddic

granule




血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/06 13:43:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 炭酸カルシウムが4-META/MMA-TBBレジン上への骨形成に与える影響
  • 逸見 優,菅谷 勉,中塚 愛,川浪 雅光
  • 北海道歯学雑誌 32(2), 114-123, 2012-03
  • … ていない.そこで表面に硬組織形成が可能なレジンを開発するために,4-META/MMA-TBBレジンに炭酸カルシウム顆粒を添加して骨髄腔内に移植し,レジン表面への骨の形成に及ぼす効果を評価した.4-META/MMA-TBBレジンのポリマー粉末に,0,30,60%の重量比で粒径5~10μmの炭酸カルシウム顆粒を混合し,直径1mmの円柱状に硬化後,長さ5mmに破断して移植試料とした.10週齢ウィスター雄性ラット …
  • NAID 120003918959
  • 脊髄障害性疼痛に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の治療効果
  • 加藤 啓,カトウ ケイ,Kei Kato,山崎 正志,ヤマザキ マサシ,Masashi Yamazaki,大河 昭彦,オオカワ アキヒコ,Akihiko Okawa,佐久間 毅,サクマ ツヨシ,Tsuyoshi Sakuma,高橋 宏,タカハシ ヒロシ,Hiroshi Takahashi,橋本 光宏,ハシモト ミツヒコ,Mitsuhiro Hashimoto,林 浩一,ハヤシ コウイチ,Koichi Hayashi,川辺 純子,カワベ ジュンコ,Junko Kawabe,藤由 崇之,フジヨシ タカユキ,Takayuki Fujiyoshi,古矢 丈雄,フルヤ タケオ,Takeo Furuya,山内 友規,ヤマウチ トモノリ,Tomonori Yamauchi,門田 領,カドタ リョウ,Ryo Kadota,宮下 智大,ミヤシタ トモヒロ,Tomohiro Miyashita,萬納寺 誓人,マンノウジ チカト,Chikato Mannoji,染谷 幸男,ソメヤ ユキオ,Yukio Someya,鎌田 尊人,カマダ タカヒト,Takahito Kamada,池田 修,イケダ オサム,Osamu Ikeda,橋本 将行,ハシモト マサユキ,Masayuki Hashimoto,井上 雅俊,イノウエ マサトシ,Masatoshi Inoue,花岡 英紀,ハナオカ ヒデキ,Hideki Hanaoka,国府田 正雄,コウダ マサオ,Masao Koda,高橋 和久,タカハシ カズヒサ,Kazuhisa Takahashi
  • 千葉医学雑誌 88(1), 1-9, 2012-02-01
  • … 脊髄障害性疼痛を有する13例を対象として,顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経保護療法の臨床試験を施行した。 …
  • NAID 120004040457

関連リンク

顆粒(かりゅう)とは、. 粉末よりも粒径の大きい粒、特に粉末を固め大型の粒に成形した もの。本項で詳述する。 医学・生物学で、顕微鏡により細胞内に見られる粒状の構造の こと。ほぼ小胞に相当する。 顆粒とは、一般に粉末よりも粒径の大きい粒をいうが、 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 胃炎・消化性潰瘍治療剤

販売名

アスコンプ顆粒50%

組成

  • アスコンプ顆粒50%は、1g中に(日局)アルジオキサ500.0mgを含有する。

添加物

  • 添加物として、D-マンニトール、トウモロコシデンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。

禁忌

  • 透析療法を受けている患者
    [他のアルミニウム含有製剤で、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれたとの報告がある。]

効能または効果

下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎
  • 通常、成人にはアルジオキサとして1日300〜400mgを3〜4回に分けて経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者
    [長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがあるので、定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。]

薬効薬理

粘膜上皮再生賦活作用、肉芽形成促進作用5)

  • ラット、モルモットを用いた各種実験潰瘍(幽門結紮潰瘍、水浸拘束ストレス潰瘍、レセルピン潰瘍、ヒスタミン潰瘍、酢酸潰瘍)に対し、アルジオキサを経口投与したところ、粘膜上皮再生賦活作用や肉芽形成促進作用等の抗潰瘍作用が認められた。

胃・十二指腸粘膜血流量増加作用6)

  • アルジオキサをラットに経口投与し、胃・十二指腸粘膜血流量を水素ガスクリアランス法により測定したところ、血流量の増加が認められた。

抗ペプシン作用7)

  • アルジオキサは、ブタペプシンのヘモグロビン分解活性を阻害することが認められた(in vitro)。

有効成分に関する理化学的知見

性状

  • アルジオキサは白色の粉末である。
    本品は水又はエタノール(99.5)にほとんど溶けない。
    本品は希塩酸に溶ける。
    本品のフッ化ナトリウム・塩酸試液溶液(1→100)は旋光性を示さない。

融点

  • 約230℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元アズール顆粒」「granule」「粒状」「粒剤」「顆粒剤
拡張検索顆粒球吸着療法」「ケラトヒアリン顆粒」「血小板特殊顆粒」「顆粒球減少

アズール顆粒」

  [★]

azurophilic granule
顆粒白血球

概念

医学辞書
  • アズールによって赤紫色に染色される細胞質内の顆粒で、血液細胞(顆粒球、単球、リンパ球)にみられる。顆粒球において顕著で、前骨髄球段階から出現
  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

顆粒内に含まれる物質

BPT.39
NADPH + O2 -(NADPH oxidase)→ O2-・ (superoxide)
O2-・ -(spontaneous dismutation)→ H2O2 (gydrogen peroxide)
H2O2 -(myeloperoxidase)→ HOCl



granule」

  [★]

granular

WordNet   license wordnet

「a tiny grain」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「小粒,微粒」


粒状」

  [★]

granularparticulate
顆粒顆粒状微粒子粒子粒子性

粒剤」

  [★]

granule
顆粒顆粒剤

顆粒剤」

  [★]

granule
顆粒粒剤


顆粒球吸着療法」

  [★]

granulocyte and monocyte adsorption apheresis GCAP
GCAP療法?
顆粒球除去カラム?

概念

  • 血液を体外に引き出し、顆粒球・単球を選択的に除去して体内に戻す治療
  • 循環時間は約60分
1度の活動期につき潰瘍性大腸炎の治療としては10回または11回まで、クローン病の治療では治療スケジュールは週一回、10回。

参考

  • 1. 株式会社JIMRO
[display]http://www.jimro.co.jp/ibd/13gcap_guidebook/2_kekkyuseibun_zyokyo.html
[display]http://www.jimro.co.jp/ibd/09gcap/gcap.htm
-GCAP


ケラトヒアリン顆粒」

  [★]

keratohyalin granule
ケラトヒアリン果粒角硝子顆粒
  • 顆粒層に存在する
  • 好塩基性の顆粒
  • プロフィラグリンを含む
  • 角層で角化するときに脱リン酸化とペプチジルアルギニンデイミナーゼによりフィラグリンとなる



血小板特殊顆粒」

  [★]

platelet specific granules
血小板


顆粒球減少」

  [★]

granulocytopenia
顆粒球減少症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡