非定型肺炎

出典: meddic

atypical pneumonia PAP
原発性異型肺炎 primary atypical pneumonia

定義

  • 細菌が検出できない肺炎の総称

特徴

  • 胸部X線画像で、陰影が淡く、両側性、skip lesionなどが非定型的であり、βラクタム薬が無効であることが特徴

病因

症状

  • 乾性咳嗽、発熱

検査所見

  • 胸部X線画像:間質性陰影 →普通の肺炎では影は見られない

診断

細菌性肺炎と非定型肺炎の鑑別

  • 1. 年齢60歳未満
  • 2. 基礎疾患がない、あるいは軽微
  • 3. 頑固な咳がある
  • 4. 胸部聴診所見が乏しい
  • 5. 痰がない、あるいは、迅速診断法で原因菌が証明されない
  • 6. 末梢血白血球数が10,000/uL未満である

上記6項目を使用した場合

  • 4項目以上合致:非定型肺炎疑い
  • 3項目以下:細菌性肺炎疑い
(感度:77.9%、特異度:93.0%)

上記の1.-5.までの5項目を使用した場合

  • 3項目以上合致:非定型肺炎疑い
  • 2項目以下:細菌性肺炎疑い
(感度:83.9%、特異度:87.0%)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/16 16:38:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 成人における市中感染肺炎と抗菌薬治療 (特集 外来診療における正しい抗菌薬の使用)
  • 笹原 鉄平
  • 日本医師会雑誌 141(5), 1007-1012, 2012-08-00
  • NAID 40019362507
  • 肺炎と画像診断
  • 藤田 次郎
  • 日本内科学会雑誌 101(3), 748-753, 2012-03-10
  • NAID 10031123073
  • 8.肺炎と画像診断
  • 画像診断の進歩
  • 芦澤 和人
  • 日本内科学会雑誌 100(12), 3527-3532, 2011-12-10
  • … 肺炎における画像診断の役割として,存在診断,重症度判定.細菌性肺炎と非定型肺炎との鑑別.経過観察・治療効果判定が挙げられる.特に院内肺炎では,早期診断や重症度判定,さらには非感染性肺疾患との鑑別を含めて画像診断の役割は大きいCTの適応は慎重であるべきだが,市中肺炎と院内肺炎・日和見感染に分けて.代表的な起因病原体の特徴的な画像所見を把握しておく必要がある. …
  • NAID 10030390892

関連リンク

旧JRS市中肺炎ガイドラインの特徴の一つは,非定型肺炎と細菌性肺炎. を鑑別して, 治療に当たる方法を採った点である.今回改定する前に行っ. た調査でも,約80%の 呼吸器科医師がこの方法の継続を希望した.今回. の鑑別法は前回のものを継承する もの ...
非定型肺炎とは(マイコプラズマ肺炎を中心に)の特徴・作用機序・服薬指導内容など。

関連画像

細菌性肺炎と非定型肺炎の鑑別非定型肺炎を肺炎の予防細菌 性 肺炎 と 非 定型 肺炎  肺炎 な ので は ない か と成人市中肺炎の起炎菌.png臨床徴候から非定型肺炎を疑う


★リンクテーブル★
先読みPAP」「primary atypical pneumonia
リンク元その他メモ」「オウム病」「異型肺炎
拡張検索原発性非定型肺炎
関連記事肺炎

PAP」

  [★]


primary atypical pneumonia」

  [★] 原発性非定型肺炎, PAP

その他メモ」

  [★]

学会メモ

  • 概日時計
    • 自律性
    • 同調性
    • 温度補償性
      • 哺乳類の場合、mPer1,2,3とmCry1,2がある。
      • 培養細胞レベルでも時計機構を有する
  • iPS
    • iPSとES細胞との違い
    • iPSは拒絶されない組織を作ることができるが、ES細胞は拒絶される。
    • 現在のガイドラインは、個体作成は認めないこと、神経細胞を大脳皮質に移植しないこと、らしい
  • 遺伝子治療
  • ベクター系
  • Pott症候群
    • メチレーションの異常。meCP
  • リンパ管内皮マーカー

特別講演メモ

要調査 080607

  • 血中における白血球の比率が変動する遺伝的疾患とは?


オウム病」

  [★]

psittacosis
インコ飼い病 budgerigar fancier disease、オルニトーシス ornithosis、鸚鵡病
人畜共通感染症(トリでは無症状なのだが・・・)、非定型肺炎

概念

  • interstitial pneumonitis accompanied by headache, backache, and a dry, hacking cough
  • a pale, macular rash is also found on the trunk(Horder's spot)
  • 四類感染症

疫学

病原体

感染経路

  • 経気道感染:トリの排泄物の吸入
  • 経口感染:口移しで餌をやるなど

潜伏期

  • 7-14日

症状

  • 初発症状は突然の発熱と咳嗽
  • 激しい乾性咳、全身倦怠感、発熱、頭痛、比較的徐脈、
  • 重症例では肝脾腫、黄疸

検査

  • 血算:
  • 白血球:不変
  • 胸部単純X線写真:間質性肺炎

治療

  • 薬物療法

参考

  • 1. [charged] オウム病 - uptodate [1]


異型肺炎」

  [★]

atypical pneumonia
非定型肺炎
primary atypical pneumonia
PAP


原発性非定型肺炎」

  [★]

primary atypical pneumonia PAP
非定型肺炎肺炎


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡