野球肘

出典: meddic

baseball elbow, little leaguer's elbow
リトルリーガーズエルボー, little Leaguers elbow
上腕骨内側上顆炎テニス肘


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/18 13:04:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 宮崎県における少年野球検診の実際
  • 石田 康行,帖佐 悦男,長澤 誠,Ishida Yasuyuki,Chosa Etsuo,Nagasawa Makoto,イシダ ヤスユキ,チョウサ エツオ,ナガサワ マコト
  • 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 33(1), 7-11, 2013-03-00
  • … 検査の一次検診を行ない,異常があった場合は同意を得た後,レントゲン撮影と二次検診を行なった.二次検診該当者は72名,受診者の21.8%で,そのうち,当日二次検診受診者は97.2%であった.部位は91%が肘で,その80%が内側障害,20%が小頭障害であった.アンケートから肘痛出現時94%が親か監督に伝えていたにも関わらず,39%が練習を継続していた.野球肘の重症化防止には肘痛出現時に投球中止ができる環境の整備が必要と思われた. …
  • NAID 120005302324
  • 野球肘の早期発見と継続的な治療のために (特集 成長期のトレーニング)
  • 少年の野球肘を減らすための指導のポイント (November Special 肘の問題 : 難治性テニス肘と少年の野球肘)

関連リンク

野球肘とは、投球動作によって起こる肘の障害をすべてあらわします。 小児では骨や 軟骨、靭帯、筋肉などが未発達なため、体と連動した一連のスムーズな投球動作が 困難です。 従って、投球ホームは手投げの状態となり、肘に負担がかかり易くなります。
野球肘(やきゅうひじ)は、投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みである。正式 な医学的名称は上腕骨内側上顆炎。別名、リトルリーガー肘、リトルリーガーエルボー、 ベースボール肘、ベースボールエルボーとも呼ばれる。一般に野球の投手に多く見 ...

関連画像

野球肘野球肘」野球肘elbow-both.jpg野球肘野球肘の種類


★リンクテーブル★
先読みテニス肘」「上腕骨内側上顆炎
国試過去問105I041
リンク元離断性骨軟骨炎
関連記事

テニス肘」

  [★]

tennis elbow
バックハンドテニス肘
上腕骨外側上顆炎
  • テニスのバックハンドなど手関節での背屈筋群の使い過ぎによって起こる付着部炎。
  • 上腕骨外側上顆の疼痛とあっ津を認める。
  • 単純X線写真上、異常は認められない。


上腕骨内側上顆炎」

  [★]

  • ゴルフ肘、フォアハンドテニス肘、野球肘、スーツケース肘などと呼ばれる。
  • 前腕の屈筋群と回内筋群を使いすぎるとおこる。


105I041」

  [★]

  • 12歳の男児。右肘部痛を主訴に来院した。8歳から野球のリトルリーグに所属し、1日4時間の投球練習を毎日行ってきた。6か月前からボールを投げるときに右肘部の痛みを自覚し、2か月前から増悪してきた。身長167cm、体重64kg。右肘関節外側に軽度の圧痛を認める。関節可動域は屈曲125度、伸展0度である。屈曲伸展運動でひっかかる感じがある。右肘関節エックス線写真(別冊No.5)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I040]←[国試_105]→[105I042

離断性骨軟骨炎」

  [★]

osteochondritis dissecans OCD
解離性骨軟骨炎離断性骨端炎
骨端炎骨端症

病態

  • 関節軟骨直下の骨組織が何らかの原因で母床より離断し、壊死組織となったもの (SOR.568)

肘関節離断性骨軟骨炎

野球肘
SOR.250, 386
  • 疫学:10歳代の男児
  • 病態:投球時の痛み
  • 検査:
[show details]

膝関節離断性骨軟骨炎

SOR.568
  • 疫学:男女比=3-4:1。思春期、20歳代に好発、20%は両側性。
  • 好発部位:大腿骨内側顆(85%)、大腿骨外側顆(13%)、大腿骨膝蓋面(2%)、膝蓋骨(1%)
  • 症状:病巣が分離していない時期には運動後の不快感や軽い疼痛。病巣が不安定であれば運動時痛が増強し、走行や階段昇降が困難となる。病巣部が脱落し関節内に遊離すれば、関節のロッキングや関節推奨を生じ、可動制限と激痛を呈する。
  • 治療:経過観察、ドリリング、骨釘移植、病巣部の掻爬・骨軟骨片移植

足関節離断性骨軟骨炎

国試

  • 肘関節離断性骨軟骨炎:105I041


肘」

  [★]

elbowcubituscubital
肘関節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡