酸性色素

出典: meddic

acid dye, :acidic dye
陰イオン性色素 anionic dye
染色法

酸性色素

  • 塩基性の成分と反応して染まる色素。正電荷をもつ成分
  • 色素は負電荷を有しており、液性は酸性、と思われる

染色部位

  • 細胞質
  • 膠原線維

染色剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酸性色素の染色による加熱(笹かまぼこ)および非加熱すり身の識別
  • 佐藤 靖子,鈴木 惇(
  • 日本調理科学会誌 36(4), 360-363, 2003-11-20
  • … 加熱調理したすり身のタンパク質の熱変性の違いは,分子量と色調の異なる2種類の酸性色素の組み合わせにより明確に示すことができた。 … 生すり身と加熱されたすり身のタンパク質における染色性の違いは,2種類の組み合わせた酸性色素間の分子量の差が300以上であるとき明確であった。 …
  • NAID 110001171565
  • イオンクロマトグラフィーにおけるカーボン充填カラムの耐久性と化学フィルターを用いる色素中の塩化物, 臭化物並びに硫酸塩の定量
  • 岡本 利光,磯崎 昭徳,奥谷 忠雄,長島 潜
  • 分析化学 48(10), 927-934, 1999-10-05
  • … イオンクロマトグラフィーにおけるカーボン充填カラムの耐久性と再現性を高濃度な酸性色素をマトリックスとして用いて調べた. … 更に, 酸性色素を試料とし, 塩化物, 臭化物並びに硫酸塩の定量において色素本体を選択的に除去するため前処理法を検討した. …
  • NAID 110002905643

関連リンク

理科おじさんの部屋第14回で、食用色素で毛糸や絹布を染めました。このとき使った色素は、食用赤色102号、食用黄色4号、食用青色1号でした。これらは「酸性色素」と呼ばれるグループに属します。 おじさんはもともと ...
栄養・生化学辞典 - 酸性色素の用語解説 - 分子が酸としての性質をもつ色素.通常は酸性タール色素. ... サントリーセサミン 公式サイト セサミンの健康パワーを試したいあなたへお悩みに応じたサプリメントをご用意!
酸性色素 塩基性色素 両極性色素 無極性色素 性質 水溶液中で負に荷電 一般に水に溶けやすい 水溶液中で正に荷電 一般にアルコールに溶けやすい 平衡状態にある色素 酸や塩基に関係しない 染色性 細胞質の染色に適している

関連画像

色素 原液 弱 酸性 溶液細胞質中に、 酸性色素に 酸性红 M7000 LCW色素品牌:金秋实食用色素 の機能性色素および酸性色素


★リンクテーブル★
リンク元染色法」「リゾチーム」「フィブリノイド変性」「エオシン」「陰イオン性色素
関連記事色素

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


リゾチーム」

  [★]

lysozyme
塩化リゾチーム リゾチーム塩酸塩 lysozyme hydrochloride
アクディームエリチームエンリゾスカノーゼリンノイチームミタチームムコゾームリゾティアリチームリフラップレフトーゼ
ムラミダーゼ
酵素製剤


  • 14kDa/18-20kDa(LAB.491), 129 a.a.
  • pIは7.4より大きい → 生理的条件で正に荷電 → 酸性色素エオジンで赤く染まる
  • 生体内では単球が有しており、単球が大量に崩壊する病態では末梢血リゾチーム濃度が上昇する;サルコイドーシス

局在

  • 涙液、唾液、喀痰、鼻汁

機能

  • 抗細菌作用、ウイルス作用、白血球貪食脳の増強、好手様作用

解釈

血中リゾチーム上昇

尿中リゾチーム上昇

便中リゾチーム上昇

血中リゾチーム低下

参考

  • 1.
[display]http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/KENSA/SRL0430.htm


フィブリノイド変性」

  [★]

fibrinoid degeneration
類線維素変性
膠原病フィブリノイド壊死変性
  • フィブリンやその分解産物が細胞外基質にしみこみ沈着した状態。
  • 病理組織上ではフィブリン様(フィブリノイド)の好酸性(酸性色素、例えばエオジンに染まる())無構造が沈着するもの。
  • フィブリノイドの成分は免疫複合体、補体
  • 原因疾患:
  • 膠原病、アレルギー疾患、悪性高血圧
  • 糸球体腎炎(糸球体病変)、関節リウマチ(関節病変)、全身性エリテマトーデス(皮膚病変)、結節性多発動脈炎(動脈壁)



エオシン」

  [★]

eosin
エオジン ← エオシン と呼ぶ人が多いみたい。
染色法
  • 酸性色素
  • 正電荷を帯びた部位を赤く染める
  • 例えば、表皮の角層はエオジンで赤く染まり、リゾチームを多く含むパネート細胞はエオジンで赤く染まる。
エオシン-Y、マーキュクロムは-COONaとう側鎖を有する。


陰イオン性色素」

  [★]

anionic dye
酸性色素


色素」

  [★]

dyepigmentdye stuff
染色ピグメント染める着色料組織染色剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡