酸性ホスファターゼ

出典: meddic

acid phosphatase ACP
酸ホスファターゼ酸性フォスファターゼ酸フォスファターゼ
前立腺癌前立腺酸性ホスファターゼ
[show details]
  • 酸性条件下でリン酸モノエステルを加水分解する酵素
  • アイソザイムが存在するが、前立腺に特異的な酸性ホスファターゼ(PAP)は前立腺癌(や前立腺炎(のマーカーとして使われている。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/12 19:25:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クリプトコックスのリン酸代謝制御系
  • 東江 昭夫,清水 公徳,LI Hao-Man,西沢 正文,川本 進
  • Medical mycology journal = / 日本医真菌学会 [編] 52(1), 19-23, 2011-01-31
  • NAID 10029354134
  • 非透析CKD患者における冠動脈・腹部大動脈石灰化スコア, 血清オステオプロテゲリン(OPG), および血清酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ(TRACP)-5bの関連
  • 塩田 潤,泉 治紀,笠原 仁,多川 斉,千葉 哲男,二瓶 宏
  • The Japanese journal of nephrology 52(8), 1022-1028, 2010-11-25
  • NAID 10027707525
  • 8-8 アーバスキュラー菌根の樹枝状体におけるポリリン酸と酸性ホスファターゼ活性の局在(8.共生,2010年度北海道大会)
  • 長田 泰幸,斎藤 雅典,斎藤 勝晴
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (56), 46, 2010-09-07
  • NAID 110008510383

関連リンク

本品は黄麹菌(Aspergillus oryzae )が産生する酵素であり、多種の酵素を含有しています。ビタミンB 1 やB 2 の定量において、高いホスファターゼ活性を利用し、結合型から遊離型へ分解するために使用頂くことができます。
酵素の一種で、ほとんど全身の細胞や組織に含まれています。リン酸化合物を分解するはたらきがあり、酸性の条件化ではたらくという特徴をもっています。ACPは含まれている臓器によって違った性質を示しますが、なかでも、前立腺 ...
健康診断と医学検査についての解説と健康管理のための情報をまとめたウェブページです。 ... 酸性フォスファターゼ(ACP)と前立腺がんの検査 酸性フォスファターゼ(ACP)は、前立腺に最も多く含まれているリン酸化合物の分解酵素で ...

関連画像

酸性ホスファターゼ(ACP)とは 前立腺酸性ホスファターゼ 酒石酸耐性酸性ホスファターゼ 酸性ホスファターゼ


★リンクテーブル★
先読みACP
リンク元好酸球」「溶血」「酸性ホスファターゼ測定」「ACPシステム」「酸ホスファターゼ
拡張検索前立腺酸性ホスファターゼ」「酸性ホスファターゼ試験」「酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ」「酸性ホスファターゼ染色
関連記事ホスファターゼ」「

ACP」

  [★] アシルキャリアータンパク質


好酸球」

  [★]

eosinophil (Z), eosinophile
顆粒球白血球好塩基球


  • 白血球
  • 顆粒球

組織学

  • 酸性色素(エオシン)で染まる顆粒(好酸性顆粒)を持つ → ギムザ染色っぽい顆粒がみえる (HIS.190 図10-3)
塩基性の成分が含まれている?
  • 二分葉の核 (HIS.197)
  • 直径は10-14μm (HIS.197)
  • 末梢血

顆粒

  • 寄生虫の破壊、抗原抗体複合体の加水分解
  • 特殊顆粒:主要塩基性タンパク質、好酸性陽イオンタンパク、好酸球由来神経毒素

機能 (HIS.198)

  • ケモカインによる遊走
  • ヒスタミン、ロイコトリエン、好酸球走化因子と結合して、これに向かって遊走する。
  • 顆粒の分泌
  • 抗原抗体複合体の取り込み、およびファゴサイト内での分解

基準値

  • 好酸球比率(白血球比):2-4%

好酸球数の変化

  • 増加
  • 寄生虫感染症、アレルギー疾患(特に、I型アレルギー)
  • 喘息、ある種の腫瘍
  • 減少:

サイトカイン

  • IL-5の受容→好酸球の前駆細胞増殖、前駆細胞から好酸球への分化促進 (HIS.197)


臨床関連



溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


酸性ホスファターゼ測定」

  [★]

acid phosphatase assay ACP assay
酸性ホスファターゼ


ACPシステム」

  [★]

ACP system
酸性ホスファターゼ ACP


酸ホスファターゼ」

  [★] 酸性ホスファターゼ


前立腺酸性ホスファターゼ」

  [★]

prostatic acid phosphatase PAP
前立腺酸ホスファターゼ前立腺酸フォスファターゼ前立腺酸性フォスファターゼ
酸性ホスファターゼ 前立腺癌
[show details]



酸性ホスファターゼ試験」

  [★]

acid phosphatase test for seminal stains
精液の証明


酒石酸抵抗性酸性ホスファターゼ」

  [★]

tartrate-resistant acid phosphatase, TRAP
酒石酸


酸性ホスファターゼ染色」

  [★]

acid phosphatase stain
ACP染色 ACP stain


ホスファターゼ」

  [★]

phosphatase, phosphoric monoester hydrolase
脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ
  • 生体分子のリン酸モノエステル結合を加水分解し、無機リンを遊離させる脱リン酸反応を触媒する酵素群


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡