部分的アゴニスト活性

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

このような場合、NMDAをNMDA型グルタミン酸受容体に対する選択的アゴニストと 呼ぶ。 対義語として ... 受容体を活性化するアゴニストの中にも、活性化度が生体分子 に比べて非常に低く、作用するものの作用があまりにも弱い、と言うような薬剤も存在 する。このようなアゴニストをパーシャルアゴニスト、または部分作動薬と言う。 パーシャル ...

関連画像

脂質認識G蛋白共役型受容体(GPCR 2013年2月15日 薬事・食品衛生 非内在性の構成的に活性化  活性 及び タンパク 同化 活性ヒト神経精神病を治療するため


★リンクテーブル★
関連記事アゴニスト」「部分」「部分的」「活性」「

アゴニスト」

  [★]

agonist
作用薬作動薬


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


-作動薬
-agonist


部分」

  [★]

partportionregionmoietypiecedivisionpartial
一部区域区画成分断片地域パート部分的部門分割分裂役割領域小片


部分的」

  [★]

partialpartiallyin partpartly
部分ある程度


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


的」

  [★]

target
ターゲット標的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡