遺伝

出典: meddic

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式


  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/24 13:18:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • デジタルクラスタリングを用いた発がん過程の経時的トランスクリプトーム解析
  • 青戸良賢 ,八谷剛史 ,奥村和弘 ,長谷純崇 ,佐藤健吾 ,若林雄一 ,榊原康文
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2013-BIO-33(8), 1-6, 2013-03-14
  • … る発現差異遺伝子を探索した.本研究では,探索された発現差異遺伝子群の経時的トランスクリプトーム動態を解明するため,デジタルクラスタリングという手法を開発した.4 ステージ間計 6 (= 4C2) 通りの検定結果をデジタル化した 6 次元ベクトルを構築し,これをマンハッタン距離を用いたウォード法による階層的クラスタリングを行うことで,同じ検定結果を有する遺伝子群を同一 …
  • NAID 110009552452
  • 遺伝子発現量データを利用した表現型の違いに影響を及ぼす遺伝子セットの検出方法の開発
  • 土多隆雄 ,大林武 ,木下賢吾
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2013-BIO-33(7), 1-2, 2013-03-14
  • … マイクロアレイ解析では遺伝子単独の発現量変化に対して統計学的仮説検定を行うことで、表現型の違いに影響を及ぼす遺伝子を検出することが多い.しかし、実際には遺伝子は複数で相互に関わりあいながら機能することから、遺伝子単独ではなく複数の遺伝子による発現パターン変化にも着目する必要があるといえる.そこで、 …
  • NAID 110009552451

関連リンク

遺伝(いでん、英: heredity)とは、生殖によって、親から子へと形質が伝わるという現象 のことであり、生物の基本的な性質の一つである。素朴な意味では、親子に似通った点 があれば、「遺伝によるものだ」、という言い方をする。しかし、生命現象としての遺伝は、 ...
隔世遺伝(かくせいいでん)とは、個体の 持つ遺伝形質が、その親の世代では発現し ...

関連画像

血液型の遺伝と人の遺伝形質ファブリー病と遺伝常染色体劣性遺伝病は伴性劣性遺伝という遺伝  遺伝 > 遺伝の法則 > R_Bi_遺伝の臨床遺伝子検査受託のご案内

添付文書

薬効分類名

  • 遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤

販売名

フォリスチム注300IUカートリッジ

組成

  • フォリスチム注300IUカートリッジ:本剤は遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン(フォリトロピンベータ(遺伝子組換え))の注射液剤であり、適用に際して専用のペン型注入器を用いるカートリッジ製剤である。カートリッジ製剤には、300国際単位、600国際単位並びに900国際単位の3種類があり、これらは同一濃度(833IU/mL)で容れ目違い製品である。各カートリッジ中にそれぞれ下記の成分・分量を含有する。

成分名:フォリトロピンベータ(遺伝子組換え)

  • 含量及び分量(1カートリッジ中):300IU及び0.36mL

添加物(1mL中)

  • L-メチオニン 0.5mg
    ポリソルベート20 0.2mg
    ベンジルアルコール 10mg
    クエン酸ナトリウム水和物 14.7mg
    等張化剤
    pH調整剤
  • 本剤は、チャイニーズハムスター卵巣細胞を用いて製造される。セルバンク作製時において、ウシの血清由来成分(ウシ胎児血清)、また製造工程において、ウシの血清由来成分(ウシ胎児血清、ウシトランスフェリン)、ブタの膵臓由来成分(ブタインスリン)を培地成分として使用している。

禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者、卵巣、下垂体又は視床下部に腫瘍のある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 診断の確定していない不正出血のある患者[悪性腫瘍の疑いがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症のある患者
  • 多嚢胞性卵巣症候群に起因しない卵巣嚢胞又は卵巣腫大のある患者[卵胞刺激作用によりその症状を悪化させることがある。]

効能または効果

  • ・複数卵胞発育のための調節卵巣刺激
  • ・視床下部−下垂体機能障害に伴う無排卵及び希発排卵における排卵誘発

・複数卵胞発育のための調節卵巣刺激に使用する場合

  • フォリトロピンベータ(遺伝子組換え)として通常1日150又は225国際単位を4日間皮下又は筋肉内投与する。その後は卵胞の発育程度を観察しながら用量を調整し(通常75〜375国際単位を6〜12日間)、平均径16〜20mmの卵胞3個以上を超音波断層法により確認した後、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤により排卵を誘起する。

・視床下部−下垂体機能障害に伴う無排卵及び希発排卵における排卵誘発に使用する場合

  • フォリトロピンベータ(遺伝子組換え)として通常1日50国際単位を7日間皮下又は筋肉内投与する。その後は卵胞の発育程度を観察しながら用量を調整し(卵巣の反応性が低い場合は、原則として、7日間ごとに25国際単位を増量)、平均径18mm以上の卵胞を超音波断層法により確認した後、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤により排卵を誘起する。

・複数卵胞発育のための調節卵巣刺激に使用する場合

  • 本剤の使用に際しては十分な経過観察(超音波断層法による卵胞計測、血清エストラジオール検査等)が必要である。卵巣過剰刺激症候群を防止するため上記経過観察に加えて自覚症状や臨床所見についても観察を十分に行い、腹痛、呼吸困難、乏尿などの自覚症状並びにヘマトクリット値上昇、大量腹水、胸水貯留などの臨床所見を認める場合は、速やかに安静及び補液等の適切な処置を行い、必要により入院管理を行うこと。
    これまでの治療経験及び患者特性(年齢、多嚢胞性卵巣症候群等)を考慮して、卵巣の反応性が高く卵巣過剰刺激症候群の発現が懸念される場合の初期投与量は低用量とし、卵巣過剰刺激症候群発現のおそれがある場合には、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤の投与を中止すること。

・視床下部−下垂体機能障害に伴う無排卵及び希発排卵における排卵誘発に使用する場合

  • 卵巣の反応性が低い場合の増量について、原則として、25国際単位の増量とすること。なお、50国際単位を超える増量での試験は実施されておらず、増量幅に注意し慎重に投与すること(「臨床成績」の項参照)。
    本剤の使用に際しては十分な経過観察(超音波断層法による卵胞計測、血清エストラジオール検査等)が必要である。卵巣過剰刺激症候群を防止するため上記経過観察に加えて自覚症状や臨床所見についても観察を十分に行い、腹痛、呼吸困難、乏尿などの自覚症状並びにヘマトクリット値上昇、大量腹水、胸水貯留などの臨床所見を認める場合は、速やかに安静及び補液などの適切な処置を行い、必要により入院管理を行うこと。
    これまでの治療経験及び患者特性(年齢、多嚢胞性卵巣症候群等)を考慮して、卵巣の反応性が高く卵巣過剰刺激症候群発現のおそれがある場合には、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤の投与を中止すること。

慎重投与

  • 子宮筋腫のある患者[子宮筋腫の発育を促進するおそれがある。]
  • 子宮内膜症のある患者[症状が増悪するおそれがある。]
  • 乳癌の既往歴のある患者[乳癌が再発するおそれがある。]
  • 乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者[症状が増悪するおそれがある。]

重大な副作用

卵巣過剰刺激症候群

(4.7%)

  • 本剤の投与に引き続き、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤を投与した場合、卵巣腫大、卵巣捻転、下腹部痛、下腹部緊迫感、腹水・胸水の貯留を伴う卵巣過剰刺激症候群があらわれることがある。重度の卵巣過剰刺激症候群が発生した場合は本剤及びヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤の投与を中止し、患者を入院させて、安静にし、水分と電解質の管理を行い、必要に応じ鎮痛薬を投与する。腹腔、胸腔、心嚢への体液損失に関連した血液濃縮を引き起こすことがあるので、次の項目を毎日1回以上検査すること。

1)水分の摂取量と排泄量
2)体重
3)ヘマトクリット値
4)血清及び尿中電解質
5)尿の比重
6)BUNとクレアチニン
7)総蛋白量及びアルブミン・グロブリン比
8)血液凝固能試験
9)心電図による高カリウム血症のモニタリング
10)腹囲
卵巣過剰刺激症候群は卵巣損傷のリスクを増大させるが、肺窮迫又は心タンポナーデなどの処置を必要としない限り、腹水、胸水及び心膜水を除去しないこと。骨盤検査は卵巣嚢胞を破裂させ、腹腔内出血に至ることがあるので、避けること。もし出血が発生し外科的処置が必要な場合は出血を管理し、可能な限り多くの卵巣組織を維持すること。排卵後に過度の卵巣腫大が認められた患者では、卵巣嚢胞破裂による腹腔内出血の危険性があるので、性交を禁止するよう指示すること。
卵巣過剰刺激症候群の管理は、急性期、慢性期、回復期に分けられる。
<急性期>血管内容積が間質腔へ流出することによって起こる血液濃縮を防ぎ、血栓塞栓障害や腎臓損傷のリスクを最小限に抑えること。血管内容積の減少を許容可能な範囲に維持した上で、電解質を正常化させること。欠損した血管内容積を完全に補正することにより、間質腔の体液貯留が許容不可能なまで増加することがある。一定量の補液、電解質、ヒト血清アルブミンの点滴及び水分の摂取量と排泄量の厳密なモニタリングにより管理すること。高カリウム血症に関するモニタリングも行うこと。
<慢性期>急性期の患者を安定化させた後、カリウム、ナトリウム、水分を厳しく制限し、間質腔の過剰な体液の蓄積を抑えること。
<回復期>間質腔の体液が血管内へ戻ることにより、ヘマトクリット値の低下や水分摂取に伴わない尿排泄量の増加が観察される。腎臓において間質腔の体液排泄能力が低下すると、末梢又は肺の浮腫が発生することもある。回復期では、肺の浮腫に対処するために必要であれば利尿薬を使用してもよい。
なお、利尿薬は血管内容積の減少を促進することがあるので、回復期以外は使用を避けること。

血栓塞栓症

頻度不明注)

  • 血栓塞栓症が起こることがある。

流産、子宮外妊娠、多胎妊娠

流産(0.3%)、子宮外妊娠(0.1%)、多胎妊娠(29.0%)

アレルギー反応

頻度不明注)

薬効薬理

FSH受容体結合能及びアロマターゼ活性化作用14,15)

  • 仔ウシ精巣膜のFSH受容体標本への下垂体由来ヒトFSH(125I-hFSH)結合を濃度依存的に阻害し、FSH受容体に対する結合親和性を示した。幼若ラットのセルトリ細胞及び顆粒膜細胞のアロマターゼを濃度依存的に活性化し、性ステロイド代謝を亢進させた。なお、これらのFSH受容体結合能及びアロマターゼ活性化作用は、ヒト尿由来卵胞刺激ホルモン製剤と同等であった。

卵胞発育促進及び卵巣重量増加作用

  • 下垂体切除幼若ラットで卵巣内エストラジオール含量の増加を伴う卵胞径の増大や卵胞数の増加などの卵胞発育促進作用とともに、卵巣重量の用量依存的な増加作用が認められた16)。また、卵巣重量の増加作用は、ヒト尿由来卵胞刺激ホルモンと同等であった14)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フォリトロピンベータ (遺伝子組換え)
    Follitropin beta (genetical recombination)

本質

  • ヒト胎盤に由来するヒト絨毛性性腺刺激ホルモンα-サブユニットゲノムDNA及びヒト下垂体卵胞刺激ホルモンβ-サブユニットゲノムDNAの発現によりチャイニーズハムスター卵巣細胞で生産される、92個のアミノ酸残基(C437H682N122O134S13;分子量:10,206)をもつα-サブユニット及び111個のアミノ酸残基(C538H833N145O171S13;分子量:12,485)をもつβ-サブユニットからなる糖たん白質(分子量:約35〜45 kD;二本鎖型)

性状

  • 白色の粉末、又は塊である。


★リンクテーブル★
先読み遺伝性疾患」「遺伝子
国試過去問097F004」「106E044」「098G001
リンク元inheritance」「heredity」「遺伝形式」「遺産」「遺伝性
拡張検索遺伝子多型」「遺伝子型を同定する」「BCR遺伝子

遺伝性疾患」

  [★]

hereditary disease
先天性疾患
  • 世代を通じて配偶子に伝えられる疾患。家族性発生をみる。
  • 遺伝性疾患は必ずしも先天性疾患ではない。
例:Huntington病

遺伝性疾患

常染色体優性遺伝

神経 ハンチントン病
神経線維腫
筋緊張性ジストロフィー
結節性硬化症
泌尿器 多発性嚢胞腎
消化器 家族性大腸ポリポーシス
造血期 遺伝性球状赤血球症
フォンウィルブランド病
骨格 マルファン症候群
エーラス・ダンロス症候群
骨形成不全症
軟骨形成不全症
代謝 家族性高コレステロール血症
急性間欠性ポルフィリア

常染色体劣性遺伝

代謝 嚢胞性線維症
フェニルケトン尿症
ガラクトース尿症
ホモシスチン尿症
リソソーム貯蔵病
α1-アンチトリプシン欠損症
Wilson病
ヘモクロマトーシス
グリコーゲン貯蔵病
造血性 鎌形赤血球性貧血
サラセミア
内分泌 先天性副腎過形成
骨格 Ehlers-Danlos症候群
アルカプトン尿症
神経 神経原性筋萎縮症
Friedreich失調症
脊髄性筋萎縮症

伴性劣性遺伝

骨格筋 Dchenne型筋ジストロフィー
血液 ヘモフィリアA, ヘモフィリアB
慢性肉芽腫症
グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症
免疫 無γグロブリン血症
Wiskott-Aldrich症候群
代謝 尿崩症
Lesch-Nyhan症候群
神経 脆弱X症候群

伴性優性遺伝


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



097F004」

  [★]

  • 1か月の乳児。健康診査で黄疸を指摘されたので来院した。在胎40週、身長50cm、体重3,000gで出生した。周産期に異常はなく、黄疸は日齢2に出現した。母乳栄養で哺乳時間は10~20分である。排便回数は1日3回で、便は軟らかく黄色である。機嫌は良好である。身長55cm、体重4,500g。体温37.2℃。脈拍120/分、整。皮膚と眼球結膜とに黄疸を認める。腹部はやや膨隆し、肝を右肋骨弓下に1cm触知する。脾は触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ビリルビン(-)。血液所見:赤血球400万、Hb12.0g/dl、Ht36%、白血球11,900、血小板32万。血清生化学所見:血糖80mg/dl、総蛋白7.0g/dl、総ビリルビン6.8mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)。
  • この乳児の黄疸と最も関係があるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F003]←[国試_097]→[097F005

106E044」

  [★]

  • 2歳の男児。遺伝性疾患を疑われている。両親は健康で、近親婚ではない。母方叔父と母方叔母の長男とに同様の症状を認める。母方の祖父母に症状を認めない。
  • 最も考えられる遺伝形式はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E043]←[国試_106]→[106E045

098G001」

  [★]

  • 人への働きかけにおいて健康日本21で強調しているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F050]←[国試_098]→[098G002

inheritance」

  [★]

  • n.
assethereditaryheredityheritageinheritlegacywill

WordNet   license wordnet

「that which is inherited; a title or property or estate that passes by law to the heir on the death of the owner」
heritage

WordNet   license wordnet

「(genetics) attributes acquired via biological heredity from the parents」
hereditary pattern

WordNet   license wordnet

「any attribute or immaterial possession that is inherited from ancestors; "my only inheritance was my mother''s blessing"; "the world''s heritage of knowledge"」
heritage

WordNet   license wordnet

「hereditary succession to a title or an office or property」
heritage

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『相続』,継承 / 〈C〉『遺産』,相続財産 / 〈C〉(両親・前任者・前代などから)受け継いだもの」


heredity」

  [★]

  • 遺伝
hereditaryinheritinheritance

WordNet   license wordnet

「the biological process whereby genetic factors are transmitted from one generation to the next」

WordNet   license wordnet

「the total of inherited attributes」
genetic endowment

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「遺伝 / 遺伝形質」


遺伝形式」

  [★]

hereditary form
遺伝

遺伝形式


遺産」

  [★]

heritagelegacyassetinheritance
遺伝遺伝形質受け継いだ物財産


遺伝性」

  [★]

inheritable characterinheritedhereditaryheritableinheritable
遺伝遺伝的


遺伝子多型」

  [★]

genetic polymorphismpolymorphism
遺伝的多型性多型多型性多形性


遺伝子型を同定する」

  [★]

genotype
遺伝型遺伝形質遺伝子型ジェノタイプゲノタイプ


BCR遺伝子」

  [★]

BCR gene
フィラデルフィア染色体9番染色体





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡