遅発性ジスキネジア

出典: meddic

tardive dyskinesia
遅発性ジスキネジー
ジスキネジア dyskinesia
[show details]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/17 15:58:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抑肝散の精神神経疾患への応用 (第15回認知神経科学会) -- (ミニシンポジウム 漢方医学と認知機能)
  • セルトラリン投与により遅発性ジスキネジアが出現した老年期うつ病の1例
  • 倉増 亜紀,植田 勇人,宇城 敏秀 [他]
  • 精神医学 51(5), 425-429, 2009-05
  • NAID 40016539932

関連リンク

財団フェローのLiam WyattがMLA(博物館、図書館などの機関・施設)とウィキ メディアンの共同作業について横浜(11日)と京都(13日)で講演を行ないます(詳細). 遅発性ジスキネジア. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みdyskinesia
国試過去問084B090」「089B064
リンク元メトクロプラミド」「クロルプロマジン」「遅発性ジスキネジー」「tardive dyskinesia
関連記事遅発性」「ジスキネジア」「遅発」「ネジ」「

dyskinesia」

  [★] ジスキネジア

WordNet   license wordnet

「abnormality in performing voluntary muscle movements」


084B090」

  [★]

  • 向精神薬と副作用との組み合わせで適切なもの。2つ

089B064」

  [★]

  • 三環系抗うつ薬の主な副作用
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

メトクロプラミド」

  [★]

metoclopramide
ベンズアミド
Reglanプリンペランエリーテンテルペランプロメチンアノレキシノンネオプラミールフォリクロンプラミールペラプリンプリンパール
  • 健胃薬
  • 胃腸機能調整薬

特徴

  • ベンズアミド系

構造

薬理作用

  • 消化器機能をつかさどる脳幹部に作用し、食道から近位小腸までの平滑筋の運動を増強し、胃内容物の排出、腸管内での移動を促進する
  • 中枢性のみならず末梢性の嘔吐を抑制する。

適応

プリンペラン錠
  • 次の場合における消化器機能異常(悪心・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感)
  • 胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆嚢・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐、薬剤(制癌剤・抗生物質・抗結核剤・麻酔剤)投与時、胃内・気管内挿管時、放射線照射時、開腹術後
  • X線検査時のバリウムの通過促進

禁忌

プリンペラン錠
  • 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 褐色細胞腫の疑いのある患者[急激な昇圧発作を起こすおそれがある。]
  • 3. 消化管に出血、穿孔又は器質的閉塞のある患者[本剤には消化管運動の亢進作用があるため、症状を悪化させるおそれがある。]

副作用

  • 遅発性ジスキネジア ← D2受容体拮抗作用を有するため。
  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれ、投与中止後も持続することがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。(プリンペラン錠)

添付文書

  • プリンペラン

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2399004F1200_1_02



クロルプロマジン」

  [★]

chlorpromazine, CPZ
塩酸クロルプロマジン
コントミンウインタミン、Thorazine、ベゲタミン-A配合
精神神経用剤

特徴

  • 抗ヒスタミン薬の開発の過程で見いだされた
  • 統合失調症患者に強い鎮静、睡眠作用を必要とする場合に使う

構造

作用機序

錐体外路症状は少ない。末梢性抗コリン作用による副作用が生じやすい
→鎮静、催眠作用:強。興奮や不眠を示す患者によい。

薬理作用 (SPC.193)

  • 鎮静作用(ノルアドレナリンが関与)
  • 抗幻覚・抗妄想作用(ドーパミンが関与)
  • 感情の安定化
  • 賦活作用(セロトニンが関与)

動態

適応

注意

禁忌

副作用 (SPC.193)

  • 抗コリン作用(口渇、かすみ目、便秘、尿閉、発汗減少)
  • α-ブロック作用(頻脈、起立性低血圧、射精障害)
  • 内分泌作用
  • 体温調節以上
  • けいれん誘発
  • 錐体外路症状

末梢

  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗セロトニン作用
  • 局所麻酔作用

相互作用

遅発性ジスキネジー」

  [★] 遅発性ジスキネジア


tardive dyskinesia」

  [★] 遅発性ジスキネジア

遅発性」

  [★]

delayedlate-onsettardivetardy
後発性遅延型遅延性遅発遅発型遅発的晩期発症晩期発症型晩発晩発性


ジスキネジア」

  [★]

dyskinesia, dyskinesis
ジスキネジー




遅発」

  [★]

delayedlate
後期後発性遅延型遅延性遅発型遅発性遅発的晩発晩発性遅い


ネジ」

  [★]

screw
スクリュー

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡