近畿大学医学部奈良病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 近畿大学医学部奈良病院

url

理念

  • 当院の理念1.患者さま中心の安全で良質な医療を目指します。2.人間性あふれる医療人を育てます。

住所

  • 630-0293 生駒市乙田町1248番1

診療の特徴、実績

  • 近畿大学医学部奈良病院は、平成11年10月に奈良県生駒市南部の緑豊かな丘陵地に開設されました。開院10年目を迎え、奈良県地域医療の基幹病院として発展しつつある病院です。職員も将来の医療を担う気概にあふれ、最先端の医療技術の導入をたえず模索しています。奈良病院には、生駒市および周辺の市町村からプライマリーケアを必要とする患者さんが訪れます。一方、各科専門領域の高度な医療を求めて、奈良県内外から患者さんが訪れ、あるいは紹介されてくることから、高度な医療も数多く経験できます。奈良病院で特色ある分野といえば、心臓、血管系の循環器疾患、各領域の悪性腫瘍、母児を含めた周産期の管理、救命救急です。いずれも内科系、外科系、産科、小児科、救命救急センターの連携のもとに最善の医療を心がけています。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 351.8人

一日平均外来患者数

  • 933.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.9日/0.0日

年間分娩件数

  • 385件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 13件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/12回

当院の救急医療の特徴

  • 当院の救急医療は各科との協力体制のもと、3次救急疾患に対応しております。救命救急病棟には重症外傷、重症急性膵炎、劇症肝炎、多発外傷、切断肢指、急性中毒、広範囲熱傷などの疾患が多く入院してこられます。またCCUでは循環器による心筋梗塞の集中治療を行っております。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 主に救命救急科

一日平均救急外来患者数

  • 10.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 3.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 37人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1ヵ月4回まで当直手当を支給する。)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 8人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 研修医は指導医と共に当直を行う。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 近畿大学医学部奈良病院は、大学病院としての側面と地域医療をめざす側面があり、臨床をするには最適と思います。2年後の後期研修においても、それぞれの科の専門医研修指定認定施設になっていますから、大変有用です。研修医は効率よく研修に励むことができ、研修医室、インターネット環境など十分に準備されています。医療の質を問うための、カルテ監査も病院レベルで行われており、医師だけでなく、多くの分野からのフィードバックを受けることが可能です。あとは、本人のやる気が重要ではないでしょうか。やる気のある研修医を募集しています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 近畿大学医学部奈良病院は開院して、11年目の病院で新しい病院です。今年度中にはほとんどの部署で電子カルテが導入する予定です。スピーディーで効率の良い医療を目指している病院で、研修においても無駄のない研修が可能でした。大学病院として設備が整っており、図書館やインターネット環境などの設備の良さと、高度な医療を行う教員との距離がちかいことから、大変良い研修ができたと思います。そのため研修後、専門医をとるために後期研修をこのままさせていただくことになりました。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/29 11:16:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 保存的治療を行った深在性損傷(III型)の脾臓,腎臓損傷の小児例
  • 小角 卓也,米倉 竹夫,野瀬 恵介,山内 勝治,大割 貢,森下 祐次,前川 昌平,木村 浩基
  • 日本小児外科学会雑誌 48(5), 870-876, 2012-08-20
  • 今回,1999年10月から2011年の3月までの期間に高エネルギー外傷による深在性損傷(III型)の脾臓,腎臓損傷に対して保存的治療を施行した小児症例を後方視的に入院経過,治療内容,そして予後を検討した.III型の脾臓損傷が3例,III型の腎臓損傷が3例,III型の脾臓,腎臓の重複損傷症例2例の計8症例であった.年齢は1歳9か月〜10歳5か月(平均;6.7歳).来院時の血圧・脈拍等のバイタルサイン …
  • NAID 110009489663
  • 電離箱形状や使用頻度の違いによる事前照射の測定値への影響
  • 下野 哲範,南部 秀和,松原 孝祐,越田 吉郎,五味 勉
  • 日本放射線技術學會雜誌 68(8), 986-996, 2012-08-20
  • Ionization chamber measurements in radiation therapy should be repeatedly performed until a stable reading is obtained. Ionization chambers exhibit a response which depends on time elapsed since the p …
  • NAID 10030705366

関連リンク

近畿大学医学部奈良病院 概要 病院長挨拶 法令による指定・承認 病院沿革 施設基準 施設認定 受付および診療時間 休診日 初診の方 他科受診 再診の方 予約手続 紹介状をお持ちの方へ セカンドオピニオン外来 診療科一覧 外来担当医表 ...
近畿大学医学部奈良病院 630-0293 奈良県生駒市乙田町1248-1 TEL 0743-77-0880 E-mail: info@nara.med.kindai.ac.jp

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事医学」「医学部」「学部」「大学

医学」

  [★]

medicinemedical scienceiatrologymedicalmed
医科医学上医学的医薬医用メディカル医療用医科学


医学部」

  [★]

medical schoolSchool of MedicineFaculty of Medicine
医学校


学部」

  [★]

facultyschoolundergraduate
学校学部学生


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3