軽費老人ホーム

出典: meddic

home for the elderly withamoderate fee
老人福祉、老人福祉法、在宅福祉介護保険、老人福祉施設、措置入所
  • 老人福祉法第20条の六に規定される施設。
  • 無料又は低額な料金で、老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設(老人福祉法第20条の二の二から前条までに定める施設を除く。)とする。

種類



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/21 07:38:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 日本最初の盲人専用軽費老人ホーム「聖明園」の設立過程 : 創立者本間昭雄の視点から
  • 軽費老人ホーム入所者に対する身体活動量の一年間の追跡調査(パイロットスタディ)
  • 支え合うということ : 軽費老人ホームときわ荘での取り組み

関連リンク

軽費老人ホーム(軽費老人ホームA型、軽費老人ホームB型、都市型軽費老人ホーム)の特徴、ケアハウスとの違い、よい点と悪い点、入居基準、費用、提供されるサービス、設備、入居手続き、入所難易度等を解説しています。
軽費老人ホームは、60歳以上(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)で、身の回りのことは自分で対処することができるが、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安があり、身寄りのない人または、家庭の事情等 ...

関連画像

HOME 理事長挨拶 事業概要 施設 軽費老人ホーム町柏寿協会 軽費老人ホーム 軽費老人ホームとは、低額な 軽費老人ホーム市にあります、軽費老人ホーム


★リンクテーブル★
先読み措置入所」「介護保険
国試過去問098B003
リンク元ケアハウス
関連記事老人」「ホーム

措置入所」

  [★]

老人福祉法
  • 老人福祉法第11条に規定される老人福祉施設への入所措置
  • 一 六十五歳以上の者であつて、環境上の理由及び経済的理由(政令で定めるものに限る。)により居宅において養護を受けることが困難なものを当該市町村の設置する養護老人ホームに入所させ、又は当該市町村以外の者の設置する養護老人ホームに入所を委託すること。
  • 二 六十五歳以上の者であつて、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難なものが、やむを得ない事由により介護保険法に規定する地域密着型介護老人福祉施設又は介護老人福祉施設に入所することが著しく困難であると認めるときは、その者を当該市町村の設置する特別養護老人ホームに入所させ、又は当該市町村以外の者の設置する特別養護老人ホームに入所を委託すること。
  • 三 六十五歳以上の者であつて、養護者がないか、又は養護者があつてもこれに養護させることが不適当であると認められるものの養護を養護受託者(老人を自己の下に預つて養護することを希望する者であつて、市町村長が適当と認めるものをいう。以下同じ。)のうち政令で定めるものに委託すること。


介護保険」

  [★]

care insurance
介護保険制度介護保険法社会保険


介護保険法が規定する施設

国試


098B003」

  [★]

  • 70歳の男性。脳梗塞で6か月間入院治療を受け、病状が安定してきた。失語症と右片麻痺とがあるのでリハビリを継続して行っているが、寝たきりの状態である。
  • 紹介する施設として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B002]←[国試_098]→[098B004

ケアハウス」

  [★]

軽費老人ホーム


老人」

  [★]

the aged
初老老齢高齢者年輩高齢老齢者老年者高年齢



ホーム」

  [★]

home
在宅




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡