身体診察

出典: meddic

physical examination

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ニューロパチーの診断と治療-日常診療でよく見る疾患を中心に-
  • 鈴木 美紀,竹内 恵,内山 真一郎
  • 東京女子医科大学雑誌 84(E1), E73-E79, 2014-01-31
  • … 次に身体診察の際には腱反射の有無、近位筋・遠位筋の筋力低下の分布と強弱、感覚障害の分布を観察しながら、障害病型が単ニューロパチー、多発単ニューロパチー、多発ニューロパチー(ポリニューロパチー)かを判断する。 …
  • NAID 110009752557
  • Dr.ブランチの病歴聴取・身体診察のコツ(第6回・最終回)診断をつけるためにはどのように情報を収集,解析すればいいのでしょうか?教えてください!(Part 2)
  • ブランチ ジョエル,井上 健司
  • レジデントノート 15(9), 1714-1722, 2013-09
  • NAID 40019787312
  • Dr.ブランチの病歴聴取・身体診察のコツ(第5回)診断をつけるためにはどのように情報を収集,解析すればいいのでしょうか? 教えてください!(Part 1)
  • ブランチ ジョエル,井上 健司
  • レジデントノート 15(7), 1295-1307, 2013-08
  • NAID 40019742919

関連リンク

『YouTubeでみる身体診察』 監修 倉本 秋 瀬尾宏美 編集 石井洋介 著 コーチレジ ... 書籍 67ページ 本動画は、研修医、医学生の方むけに身体診察の基本手技を解説したものです。
レジデントノート 2016年5月号 Vol.18 No.3 身体診察ってこういうことだったのか! 〜教科書だけではわからない「手あて」の医療がみえてくる! 2016/4/13 平島 修 単行本 ¥ 2,160 プライム ポイント: 65 pt (3%) 残り3点。注文はお早めに。 ...
医療面接と身体診察の基本~患者に合わせた診かた聴きかたのコツ 患者は語っている 70代の男性が不明熱で紹介となった。3ヶ月前に前立腺の手術を受け、退院1週間後に発熱して再入院。尿路感染の診断で抗菌剤使用するも、解熱今 ...

関連画像

hqdefault.jpg こんな場面での身体診察のコツ身体診察の基本: 動画で スワルツ 身体診察法-病歴と 既に 大学 で 身体 診察 osce を 身体診察ワークショップ2012を


★リンクテーブル★
国試過去問106C029」「106C028」「104H032」「101D033」「105H029」「106F002
関連記事診察」「身体

106C029」

  [★]

次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。

  • 32歳の男性。風邪が治らないことを主訴に来院した。
  • 現病歴: 8日前に全身倦怠感と咽頭痛とが出現した。風邪をひいたと考え、数日は睡眠を長めにとって様子をみていたが、改善しなかった。 4日前から耳閉感が出現し、 37.5℃の発熱もみられた。 2日間仕事を休み、市販の総合感冒薬を服用していたが、症状が改善しないため受診した。鼻汁鼻閉感および咳はない。頭痛はないが、頸部から後頭部にかけて重たい感じがあるという。
  • 既往歴:スギ花粉症。
  • 生活歴:妻との2人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で薬物治療中。母親が糖尿病で食事療法中。
  • 現 症:意識は清明。身長165cm、体重60kg。体温37.4℃。脈拍88/分、整。血圧126/80mmHg。咽頭粘膜に発赤を認めない。口蓋扁桃は軽度に腫大している。両側の胸鎖乳突筋後縁に、径1cmの軟らかく圧痛のないリンパ節を2、 3個ずつ触知する。
  • 肝と脾との腫大をみるために腹部診察を行おうとしたところ、患者が「おなかの診察までするのですか」と尋ねた。
  • 現時点の医師の対応で最も適切なのはどれか。
  • a 他の医師に交代することを患者に提案する。
  • b 腹部の診察は行わずに身体診察を終了する。
  • c 質問には返答せず、そのまま腹部の診察を続ける。
  • d 診察を中断し、腹部診察の必要性について説明する。
  • e 身体診察では医師の指示に従う必要があると説明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C028]←[国試_106]→[106C030

106C028」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 32歳の男性。風邪が治らないことを主訴に来院した。
  • 現病歴: 8日前に全身倦怠感と咽頭痛とが出現した。風邪をひいたと考え、数日は睡眠を長めにとって様子をみていたが、改善しなかった。 4日前から耳閉感が出現し、 37.5℃の発熱もみられた。 2日間仕事を休み、市販の総合感冒薬を服用していたが、症状が改善しないため受診した。鼻汁鼻閉感および咳はない。頭痛はないが、頸部から後頭部にかけて重たい感じがあるという。
  • 既往歴:スギ花粉症。
  • 生活歴:妻との2人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が高血圧症で薬物治療中。母親が糖尿病で食事療法中。
  • 身体診察を開始しようとしたときに、患者が「市販の風邪薬では治らなかったので、風邪に効く抗生物質を出していただけますか」と尋ねてきた。
  • 現時点の医師の返答として最も適切なのはどれか。
  • a 「抗生物質は風邪には効果がありません」
  • b 「抗生物質は副作用があるので出しません」
  • c 「抗生物質を出すか出さないかは、私が決定します」
  • d 「抗生物質が必要かどうか、診察の後で説明します」
  • e 「医学用語では抗生物質ではなく抗菌薬と言います」


[正答]


※国試ナビ4※ 106C027]←[国試_106]→[106C029

104H032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。腹痛を主訴に来院した。
  • 現病歴   2週前に右下腹部に違和感を覚えた。歩行すると足のつけ根が腫れ、精巣が引きつるようになった。横になると痛みは軽減する。全身状態は良好である。
  • 既往歴   45歳時から糖尿病。
  • 生活歴   公務員。
  • 家族歴   母親が大腸癌。
  • 現症    意識は清明。身長165cm、体重65kg。体温36.6℃。脈拍60/分、整。血圧112/72mmHg。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。肝・脾を触知しない。
  • 検査所見  尿所見: 蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 450万、Hb 14.5g/dl、Ht 45 %、白血球 6,500、血小板 22万。血液生化学所見: 血糖 135mg/dl、HbA1c 6.3%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.5g/dl、尿素窒素 18mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 7.0mg/dl、総コレステロール 220mg/dl、トリグリセリド 140mg/dl、総ビリルビン 0.9mg/dl、AST 30IU/l、ALT 25IU/l、LD 200IU/l(基準176-353)、ALP 200IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l K 4.5mEq/l、Cl 105mEq/l。CRP O.3mg/dl。
  • 治療方針の決定に有用なのはどれか。
  • a 身体診察
  • b 心電図
  • c 腹部エックス線写真
  • d 腹部CT
  • e 腹部MRI
[正答]


※国試ナビ4※ 104H031]←[国試_104]→[104H033

101D033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 25歳の男性。意識消失発作を主訴に来院した。
  • 現病歴:受診日の早朝、車を運転中に便意を自覚した。排便したかったが、我慢をして運転を続けた。ガソリンスタンドに車を止めて、車外に一歩踏み出したところで、発汗を認めた。そして頭から血が引いてゆく感じがして気が遠くなり、その場にゆっくりと倒れ込んだ。数秒後に意識は戻り、怪我はなく、歩行することができた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。呼吸数14/分。脈拍80/分、整。血圧100/80mmHg。眼瞼結膜に貧血はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。神経学的に異常所見を認めない。
  • この患者の診断に最も有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D032]←[国試_101]→[101D034

105H029」

  [★]

  • 28歳の女性。息切れ下腿浮腫とを主訴に一人で来院した。診察室は男性医師一人である。
  • 診察に際し、対応として適切なのはどれか。
  • a 身体診察は行わない。
  • b 血圧脈拍のみ測定する。
  • c 衣類の上から診察をする。
  • d 胸部の聴診は背部のみ行う。
  • e 女性の看護師を同席させて診察をする。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H028]←[国試_105]→[105H030

106F002」

  [★]

  • 身体診察について誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F001]←[国試_106]→[106F003

診察」

  [★]

consultation, inspection, medical examination



身体」

  [★]

body
本体ボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7SHEEP BLEEDING PULLEY mail12
8小刻み歩行+原因11
9股関節外転装具+装着方法10
10グレー症候群+小児8
11白脾髄8
12下壁梗塞8
13メタロプロテイナーゼ8
14鶏卵大+大きさ7
15エストロゲン インスリン グリコーゲン7
16プロステーシス+整形外科6
17+白衣を着る理由 看護師 原著6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20brom+tech+心臓6

昨日の人気記事
 タイトル表示
1白脾髄6
2SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
3Cod Eel Flatfish Flounder Herring Mackerel Salmon Sardine Shark Sturgeon mail5
4Swordfish Tilapia Trout Tuna Whitebait mail4
5Knee+arthrosis+膝4
6エルレンマイヤーフラスコ変形3
7+351 copper sulphate .pt mail3
8腹腔動脈3
9user/password3
10Barium Sulphate Barium Hydroxide mail3
11妊娠時胆汁うっ滞3
12gray+platelet症候群3
13CATTLE SKIN DEHIDER mail3
14クラフォラン+世代2
15@HE Sultan Ahmed bin Sulayem.ae mail2
16甲状腺中毒性+ミオパシー2
17ヨウ素+過敏症2
18atraumatic+needle2
19ローザーネラトン線とは2
20胎盤娩出+自然+シュルツェ式2