超速効型インスリン

出典: meddic

rapid-acting insulin
ノボラピッドヒューマログ
インスリン製剤



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 自殺企図によるインスリングルリジンの大量注射で血糖降下作用が遷延した一例
  • 三島 健太郎,関井 肇,井上 照大,高橋 恵利香,水野 慶子,小松 孝之,坂本 壮,高見 浩樹,野村 智久,杉田 学
  • 日本臨床救急医学会雑誌 17(4), 571-574, 2014
  • … 自殺企図によるインスリン大量皮下注射の報告の中でも超速効型インスリン単独による症例はまれであり,グルリジンによるものは検索した限り本例が初である。 …
  • NAID 130005003250
  • 2型糖尿病患者に対する超速効型インスリンと持効型インスリンの酸化ストレスに対する影響について
  • 櫻井 慎太郎,川西 美里,鈴木 達彦,藤田 実佳,堀 賢一郎,寺沢 智子,成瀬 里香,原 健二,土屋 天文,竹林 晃三,犬飼 敏彦
  • Dokkyo journal of medical sciences 40(2), 126, 2013-07-25
  • NAID 110009673606
  • インスリンアナログ製剤の種類とその適応 (新臨床糖尿病学(上)糖尿病学の最新動向) -- (糖尿病の予防・管理・治療)
  • 松久 宗英,黒田 暁生
  • 日本臨床 70(-), 658-663, 2012-05
  • NAID 40019324956

関連リンク

最新ニュース 一覧へ » 2015年08月28日 SGLT2阻害剤「ダパグリフロジン」の1型糖尿病適応拡大に向けた第3相試験を開始 2015年08月28日 長時間作用型インスリンで2型糖尿病のAMIリスク上昇せず 2015年08月26日 [海外の医学誌 ...
超持続型インスリン製剤 と 超速効型インスリン製剤 の組み合わせで、より厳格な血糖コントロールが可能に! 当院において、超持続型インスリン(ランタス®)が導入されてからは、超速効型のノボラピッド®との組み合わせで入院患

関連画像

超速効型インスリン 一覧へ超速効型インスリンは 超速効型インスリンアナログの 超速効型インスリンが食後の 速効 型 超 速効 型 インスリン されたのが、ヒトインスリン


★リンクテーブル★
先読みインスリン製剤」「ヒューマログ」「ノボラピッド
国試過去問107D047
リンク元rapid-acting insulin
拡張検索超速効型インスリン製剤
関連記事インスリン」「リン」「

インスリン製剤」

  [★]

insulin preparation
インスリン糖尿病薬理学


  • ヒトインスリン製剤
  • 超速効型インスリン:Lys(B28)Pro(B29)インスリン
  • 水溶性保持型インスリン

適応

  • 食事療法・運動療法や経口血糖降下薬でコントロール不良の場合
  • 経口血糖降下薬の使用禁忌
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡・前昏睡、重篤な肝障害・腎障害、重症感染症、手術前後、重篤な外傷、下痢・嘔吐などの胃腸障害、薬物過敏、妊婦または妊娠の可能性
  • そのた:血管障害、慢性膵炎の合併。ステロイド使用例

注意

副作用

経口摂取可能かつ意識があれば、砂糖15g-20g or グルコース10g摂取。 ← 20gのブドウ糖相当の食品を摂取せよという記載もあり
無意識の場合は、グルコースの静注50%(20-50ml)。
注射部位の発赤・蕁麻疹
  • 3. lypodystrophy
インスリン注射部位の脂肪組織の萎縮→注射部位・インスリン製剤の変更
  • 4. 抗インスリン抗体産生
動物インスリンを使った場合に特に見られる。
  • 5. 浮腫
インスリンの腎尿細管への作用。Na+-K+ ATPase活性化。
塩分制限をする

薬物相互作用

  • インスリンの作用を増強
  • インスリンの作用を減弱
  • 増強or減弱する薬物
*タンパク同化ステロイド

参考

  • 製剤情報
[display]http://www.nichiyaku.or.jp/anzen/wp-content/uploads/2011/05/insulin_h23_s3.pdf
  • 分類
[display]http://byoukigard.water-ice.info/article/51941745.html


ヒューマログ」

  [★] 25%インスリンリスプロ+75%中間型インスリンリスプロ


ノボラピッド」

  [★] インスリンアスパルト

107D047」

  [★]

  • 32歳の女性。挙児希望のため不妊外来を受診し、その後内科外来へ紹介された。現在妊娠していない。18歳で糖尿病と診断されたがそのままにしていた。身長154cm、体重62kg。尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液生化学所見:血清インスリン8.7μU/ml(基準5~15)、抗GAD抗体0.6U/ml(基準1.5以下)、尿中アルブミン排泄量8.6mg/gCr(基準30未満)。随時血糖208mg/dl、HbA1c(NGSP)7.8%(基準4.6~6.2)。眼底検査で網膜黄斑部に点状出血を認める。
  • まず行うべき治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D046]←[国試_107]→[107D048

rapid-acting insulin」

  [★] 超速効型インスリン

超速効型インスリン製剤」

  [★] 超速効型インスリン


インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡