解離曲線

出典: meddic

dissociation curve
飽和曲線 saturation curve
酸素解離曲線




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高地における体温上昇
  • 上小牧 憲寛,柴 信行
  • 登山医学 = Japanese Journal of Mountain Medicine 32(1), 116-121, 2012-12
  • … 体温上昇に伴いO2解離曲線は右にシフトし、末梢組織へのO2放出が促進されていたことからも、体温上昇はAMS重症度の指標の一つになると考えられ、高地順応後に体温は低レベルにまで低下となった。 …
  • NAID 120005459161
  • 成長現象の関数化の効用(7)
  • 片岡 孝義
  • 農業および園芸 87(11), 1153-1159, 2012-11
  • NAID 40019473612
  • 光トレーサとしてのヘモシアニンの酸素解離曲線の実験的検討(第2報)イカヘモシアニンの貯蔵に伴う変化
  • 野村 保友,西本 一紀,古澤 麻伊
  • 前橋工科大学研究紀要 -(15), 89-92, 2012-03
  • NAID 40019371605

関連リンク

酸素解離曲線 酸素解離曲線は縦軸にヘモグロビンと結合している動脈血酸素飽和度(SaO2)を、 横軸に動脈血酸素分圧(PaO2)を現す。正常(黒実線)では肺胞内の酸素分圧は 100mmHgで酸素飽和度は約98%である。酸素分圧 ...
酸素解離曲線:ヘモグロビンと酸素との結合度(親和性)を表すもので、酸素飽和度(Y:SaO2)と酸素分圧(PO2)の関係を示すグラフです。 グラフはS字状になっており、酸素飽和度が 小さいときは酸素との結合が弱く、飽和 ...

関連画像

標準酸素解離曲線酸素解離曲線ヘモグロビンと結合する酸素量 酸素解離曲線の移動の意味 解離曲線6・酸素解離曲線の


★リンクテーブル★
リンク元解離定数」「ヒルの式」「飽和曲線
拡張検索酸素解離曲線」「二酸化炭素解離曲線
関連記事解離」「」「曲線

解離定数」

  [★]

dissociation constant
解離曲線平衡定数



ヒルの式」

  [★]

Hill equation, Hill's equation
解離曲線


飽和曲線」

  [★]

saturation curve
解離曲線

酸素解離曲線」

  [★]

oxygen dissociation curve, ODC
酸素平衡曲線 oxygen equilibrium curve酸素飽和曲線 oxygen saturation curve酸素結合曲線 oxygen binding curveヘモグロビン酸素解離曲線 hemoglobin-oxygen dissociation curve
酸素飽和度ヘモグロビン




解離曲線の右方シフト (SP.651)

  • 酸素親和性が低く、酸素を解離しやすい。末梢で酸素供給量は増す
  • 1. 温度上昇
結合-解離へ以降は解離側に傾く
  • 2. pH低下 (pH>6.5)
アルカリ性ボーア効果。CO2の共存下で作用減弱。CO2とH2が競合するので
  • H+・Hb+O2 ⇔ Hb・O2+H+
  • 3. PCO2上昇
  • PCO2上昇により、ヘモグロビンN末のα-NH2にCO2が結合してcarbaminohemoglobinを作る
1-3は発熱部位、pH低下、PCO2が高いところでO2を放出するわけで、合理的
ATP増加


解離曲線の左方シフト (SP.652)

生理的

  • 酸素親和性が高く、酸素を結合しやすい。末梢で酸素供給量は減る
  • 1. 温度低下
  • 2. pH上昇
  • 3. PCO2低下
  • 5. 2,3-DPG減少

非生理的

  • CO中毒
  • メトヘモグロビン血症
  • 亜硝酸塩の摂取


二酸化炭素解離曲線」

  [★]

carbon dioxide dissociation curve
炭酸ガス解離曲線 ← こっちの方がよく使われているかもしれない
炭酸ガス吸収曲線 二酸化炭素吸収曲線 carbon dioxideabsorption curve
動脈血二酸化炭素分圧



解離」

  [★]

dissociationdissectiondetachmentunbindingmacerationdissociate
解体解剖精査切開脱離剥離分離解離性障害郭清浸軟結合解除ダイセクション解離反応遁走

精神医学

PSY.53
  • 自我の同一性の障害により出現。
  • 不安にさらされて圧倒されると心理的防衛機制が働き、適応不能に陥られないようにする。
  • 心因性の健忘遁走ガンザー症候群、小児症、多重人格などで見られる。
KPS.222
  • 情動的苦悩を避けるために、自分の人格・独自性を、一時的かつ徹底的に一部変更すること。
  • 遁走、ヒステリー転換反応はよく見られる解離の現象。
  • 対抗恐怖的振る舞い、解離性同一性障害、薬物使用による高揚感、宗教的歓喜などでも見られる

参考

  • 1. 解離症状の実例
[display]http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/dissociation_example.htm
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2_%28%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%29



線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン


曲線」

  [★]

曲げる曲がるカーブ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡