解熱鎮痛消炎剤

出典: meddic

解熱薬鎮痛薬抗炎症薬

商品

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/16 17:43:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ワンポイント質問 解熱鎮痛消炎剤の薬効指標
  • 小久江 栄一 [回答]
  • 家畜診療 = Journal of livestock medicine 62(2), 89-91, 2015-02
  • NAID 40020348634
  • 27-P4PM-065 解熱鎮痛消炎剤とワルファリンの併用により抗凝固作用が遷延した症例(薬物相互作用,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
  • 渡辺 篤,佐々木 麻里,藤井 静香
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 24, 333, 2014-08-25
  • NAID 110009880279
  • O-12 薬剤アレルギーにおけるケモカインの関与 I : β-ラクタム系抗生剤および解熱鎮痛消炎剤過敏症における IL-8 の関与
  • 宇野 勝次,服部 浩之
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 11, 81, 2001-09-01
  • NAID 110002336684
  • 402 β-ラクタム系抗生剤過敏症と解熱鎮痛消炎剤過敏症におけるIL-8の関与
  • 宇野 勝次,服部 浩之,山口 文恵
  • アレルギー 49(9・10), 993, 2000-10-30
  • NAID 110002432500

関連リンク

商品名, 主成分, 製薬会社, 効能. アセトアミノフェン<ハチ>, アセトアミノフェン, 小野 薬品工業株式会社, 視床下部の体温調節中枢に作用して、解熱作用をあらわします。 また、視床や大脳皮質における痛覚の閾値を高めて鎮痛作用をあらわします。
区分, :, 解熱鎮痛消炎剤/サリチル酸系/解熱鎮痛消炎剤 ... アスピリンは、たいへん 歴史の古い薬で、解熱鎮痛薬として長年使われてきました。化学構造的には ... 鎮痛薬 や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人)。
成分(一般名), :, アセトアミノフェン. 製品例, :, カロナール錠200~300、カロナール細粒 20%~50%、カロナールシロップ2% ・・その他(ジェネリック) & 薬価. 区分, :, 解熱鎮痛 消炎剤/アニリン系/非ピリン系解熱・鎮痛剤 ...

関連画像

最強の禁煙補助薬、チャン アニリン系解熱鎮痛消炎剤ポン モービック錠 解熱鎮痛消炎剤剤 114 解熱 鎮痛 消炎剤 オリブ 非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤 坐薬(解熱鎮痛消炎剤) の画像株式会社ユニックメディカル


★リンクテーブル★
先読み解熱薬」「抗炎症薬」「鎮痛薬
リンク元医療用医薬品」「ロベンザリット」「イスキア配合」「アクタリット
関連記事消炎」「」「解熱」「消炎剤」「鎮痛

解熱薬」

  [★]

antipyretics, antipyretic, antifebrile, febrifuge, refrigerant
下熱薬
解熱鎮痛薬



抗炎症薬」

  [★]

anti inflammatory drug, anti-inflammatory drugs
anti phlogistica
消炎薬 antiphlogistics


鎮痛薬」

  [★]

analgesic, antalgic, anodyne
非麻薬性鎮痛薬


医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


ロベンザリット」

  [★]

lobenzarit
ロベンザリット二ナトリウム lobenzarit disodium
カルフェニール
解熱鎮痛消炎剤


イスキア配合」

  [★] アスピリン炭酸マグネシウムジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート

解熱鎮痛消炎剤

アクタリット」

  [★]

actarit
オークルモーバー
解熱鎮痛消炎剤



消炎」

  [★]

anti-inflammationanti-inflammatoryantiinflammatoryantiphlogistic
抗炎症抗炎症性抗炎症薬消炎剤消炎性消炎薬

剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


解熱」

  [★]

defervescenceantipyresisantipyretic, decline of fever
解熱薬解熱性解熱剤解熱処置解熱期


消炎剤」

  [★]

anti-inflammatory agent
抗炎症薬


鎮痛」

  [★]

analgesia
疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3