表皮

出典: meddic

epidermis (M)
皮膚の構造皮膚真皮


発生

組織学 (NDE)

国試

  • 106B028:手掌・足底は1mm、その他は0.2mm。ちなみに、コンドームの厚みは0.02mmらしい。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/11 06:39:04」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床的および前臨床的Paget病変を伴った乳管癌の2例
  • 橋本 敏章[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 88(1), 43-48, 2013-03-25
  • … で左C領域に15mm大とその外側に10mm大の腫瘤を認めたが、乳頭部に著変なく、乳管内進展の所見も認めなかった.細胞診は悪性で、乳房切除・腋窩郭清を行った.この 2個の腫瘤は浸潤性乳管癌であったが、乳頭表皮内にPaget細胞が組織学的(前臨床的)に明らかとなった.浸潤性乳管癌とPaget病変に連続性は認めず.免疫組織学的検討では2症例のPaget細胞とも乳管上皮と同様の染色パターンを示し、病因論的にepidermotrophic …
  • NAID 110009577929
  • 導体を流れる交流の表皮効果
  • 霜田 光一
  • 物理教育 61(1), 18-20, 2013-03-05
  • … 導体を流れる高周波電流の表皮効果は通常,マクスウェルの方程式を用いて説明されている。 … しかし,マクスウェル以前の電磁気学,すなわち直線電流がつくる磁場と電磁誘導の法則から完全に表皮効果を導くことができる。 … 表皮効果は,電磁波や相対論を含まない物理学で論じることができるのである。 …
  • NAID 110009594161
  • ビタミンC欠乏は表皮萎縮およびUVB照射による色素沈着を増加する : SMP30/GNL-ノックアウトヘアレスマウスでの解析
  • 佐藤 安訓,新井 浩司,西山 敏夫,野村 義宏,岸本 祐樹,相澤 真悟,丸山 直記,石神 昭人
  • ビタミン 87(1), 13-14, 2013-01-25
  • NAID 110009578805
  • 症例報告 肝組織像の経過を追えた中毒性表皮壊死症に合併した胆管消失症候群の1例
  • 隅田 幸佑,道免 和文,相島 慎一 [他]
  • 肝臓 54(1), 67-73, 2013-01-00
  • NAID 40019555770

関連リンク

美肌のためにまず肌の構造や役割を知りましょう。 ... 人間は、外界からの有害物質の侵入を皮膚で防ぎながら生きています。細菌、ウィルス、紫外線、化学物質などから、体を守ってくれているのが皮膚です。
B.表皮 3 1 cutis)という.そして,このいくつかの皮丘が,より深い皮溝 によって囲まれて多角形の皮野(area cutanea)を形成する.毛 は深い皮溝から生えており,汗腺の汗孔は皮丘に開口する(図 1.2). この皮溝の走行方向は ...
表皮…皮膚の最外層をなし、重層扁平(へんぺい)上皮からでき、5層に区別されます。表面第1層は角質層で、手掌(しゅしょう)や足底ではとくに厚く丈夫です。角質層は、古くなったものはフケやアカとして落ちていき、下から新しい皮膚が ...

関連画像

表皮の構造図表皮の構造まず、「表皮」(シーツ)には 表皮は、ケラチン(たんぱく質 表皮は常に新陳代謝を 皮膚:表皮拡大表皮のターンオーバー表皮/真皮


★リンクテーブル★
国試過去問099D039」「106B028
リンク元呼吸器の上皮の移行」「皮膚の構造」「ランゲルハンス細胞」「角化細胞」「立毛筋
拡張検索黒色表皮腫」「表皮剥脱毒素」「中毒性表皮壊死剥離症」「表皮剥離

099D039」

  [★]

  • a. 表皮に存在する。
  • b. 抗原提示能を持つ。
  • c. 皮膚感覚に関与する。
  • d. 骨髄由来である。
  • e. 特有の顆粒を持つ。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D038]←[国試_099]→[099D040

106B028」

  [★]

  • 手掌と足底とを除いた平均的なヒト表皮の厚さはどれか。
  • a 0.0002mm
  • b 0.002mm
  • c 0.02mm
  • d 0.2mm
  • e 2.0mm


[正答]


※国試ナビ4※ 106B027]←[国試_106]→[106B029

呼吸器の上皮の移行」

  [★]

気管支の分岐
区分 部位   構造を支持する組織 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 呼吸上皮 嗅上皮   表皮 基底細胞 杯細胞 線毛細胞 刷子細胞 漿液細胞 DNES細胞 嗅細胞 支持細胞 クララ細胞 線毛立方細胞 I型肺胞上皮細胞 Ⅱ型肺胞上皮細胞   組織   そのほかの特徴
肺外気道 鼻前庭   硝子軟骨                                         - 脂腺と汗腺   鼻毛
鼻腔:呼吸部   硝子軟骨と骨                               鼻甲介と鼻中隔前部に動脈叢と静脈洞。リンパ小節、肥満細胞、形質細胞 粘漿混合腺    
鼻腔:嗅部   骨(篩骨)                                        ボウマン腺(漿液性)    
肺外気道 咽頭鼻部   骨格筋                               リンパ成分 粘漿混合腺   咽頭扁桃、耳管
咽頭口部   骨格筋         ○← ←○                     リンパ成分 粘漿混合腺   口蓋扁桃
咽頭喉頭部   硝子軟骨
弾性軟骨(喉頭蓋軟骨、楔状軟骨)
       
(喉頭蓋の上面,声帯ヒダ)
                    リンパ成分 粘液腺と粘漿混合腺   咽頭扁桃、咽頭蓋、声帯ヒダ、前庭ヒダ
器官と主気管支   硝子軟骨と密性結合組織                                 粘液腺と粘漿混合腺   外膜にC字型の器官軟骨と器官筋(平滑筋)
肺内気道 二次気管支   硝子軟骨と平滑筋                                 粘漿混合腺   硝子軟骨の板とラセン状の2層の平滑筋層
細気管支 bronchiole 平滑筋                                     なし   直径1mm以下。商用に空気を送る。ラセン状の2本の平滑筋束
終末細気管支 terminal bronchiole 平滑筋                                         なし   直径0.5mm以下。呼吸部に空気を送る。平滑筋少々。
呼吸部 呼吸細気管支 respiratory bronchiole 平滑筋と膠原繊維                                   なし   壁に肺胞あり。肺胞の入り口には平滑筋の括約筋あり。
肺胞管 alveolus duct 細網繊維(III型コラーゲン)と肺胞の平滑筋性括約筋                                         なし   それ自体の壁はなく肺胞が並ぶ
肺胞嚢 alveolar sac III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   肺胞の集合
肺胞 alveolus III型コラーゲンと弾性繊維                                         なし   直径200um。肺胞大食細胞あり

皮膚の構造」

  [★]

皮膚

機能

  • 外敵や外傷からの保護
  • 体液の保持
  • 体温調整(血管, 汗腺)
  • 感覚(皮神経と感覚終末)
構造名 主な組織の型 その他の組織
表皮 角化重層扁平上皮  
真皮 密性かつ不規則に並んだ弾性線維膠原線維 立毛筋
皮下組織 浅筋膜 疎性結合組織と脂肪 汗腺の最深部、血管、リンパ管、皮神経
皮膚支帯    
筋膜 深筋膜 密性かつ規則的に並んだ密性結合組織  
骨格筋    


ランゲルハンス細胞」

  [★]

Langerhans cell, Langerhans cells
Langerhans細胞
[[]]


  • 骨髄由来の樹状細胞
  • 抗原提示能あり
  • 有棘層に存在
  • 紫外線放射により機能が抑制される。ステロイドによりランゲルハンス細胞の数が減る
  • 気道粘膜上にも存在する?
  • 表皮、食道粘膜以外の骨髄由来の抗原提示細胞であって、ランゲルハンス細胞と同じと考えられる細胞は樹状細胞とよばれる?

組織学

細胞マーカー

臨床関連




角化細胞」

  [★]

keratinocyte
ケラチノサイト
角化不全

概念

  • 外界から物理的、化学的、生物的のバリヤーとして働く表皮を構成する主な細胞である。
  • サイトサインを産生して免疫にも関与する(NDE.45)
  • 角化扁平上皮をなしており、おおまかに4層に分かれ、それぞれの層で特徴的な形態をとる → c.f.表皮


立毛筋」

  [★]

arrector pili muscle, arrector muscle of hair
musculus arrector pili
毛周期鳥肌


  • [[結合組織性毛包\\から起始、表皮直下の真皮の浅層に停止する。
  • 通常、結合組織性毛包から立毛筋が起始しているが、睫毛の毛包は立毛筋を欠く。


黒色表皮腫」

  [★]

acanthosis nigricans, acanthosis nigricance
黒色棘細胞増殖症黒色表皮肥厚症黒色表皮症
デルマドローム
[show details]


分類

NDE.256
  • 悪性:悪性腫瘍(胃癌)に伴う
  • 良性:内分泌疾患に伴う
  • 仮性:肥満に伴う

病理

  • 角質増殖、乳頭腫症、真皮乳頭の突出が認められる。

多嚢胞性卵巣症候群との関連

  • 多毛を伴う多嚢胞性卵巣症候群患者では高インスリン血症と黒色表皮腫が見られる。(NGY.160)

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.skinsight.com/adult/acanthosisNigricans.htm
[display]http://www.health32.com/acanthosis-nigricans-treatment-and-prevention
[display]http://www.acanthosisnigricans.org
  • 2. 黒色表皮腫 - nurs
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/y/yad.htm
  • 3. 写真 良性黒色表皮腫
[display]http://www.dermis.net/dermisroot/ja/34663/image.htm

uptodate

  • 1. [charged] 皮膚に影響を及ぼす代謝性および遺伝性疾患 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 内臓悪性腫瘍の皮膚症状 - uptodate [2]

国試


表皮剥脱毒素」

  [★]

exfoliatin, exfoliative toxin
表皮剥脱性毒素
エクスフォリアチン皮膚剥脱毒素
[show details]



中毒性表皮壊死剥離症」

  [★]

toxic epidermal necrolysis, TEN
TEN型薬疹ライエル症候群 Lyell syndrome


表皮剥離」

  [★]

excoriation
発疹exfoliation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡