血管筋脂肪腫

出典: meddic

angiomyolipoma, AML
過誤腫
腎血管筋脂肪腫結節性硬化症腎過誤腫



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 33.肺原発血管筋脂肪腫と考えられた1例(第19回 日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会)
  • 大石 景士,尾形 佳子,坂本 健次,関 千尋,神徳 済,畝川 芳彦,上岡 博,岸野 大蔵,片山 英樹,近森 研一,青江 啓介,前田 忠士,山本 寛斉,岡部 和倫,池田 栄二
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(3), 202, 2011-05-25
  • NAID 110008686146
  • PP-400 腎血管筋脂肪腫における造影超音波検査の臨床的検討 : 腎癌との鑑別診断における有用性(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 青木 重之,西川 源也,吉澤 孝彦,加藤 義晴,勝田 麗美,全並 賢二,飛梅 基,中村 小源太,山田 芳彰,本多 靖明,山本 徳則,服部 良平,後藤 百万
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 470, 2011-03-20
  • NAID 110008612773

関連リンク

sponsored links 腎血管筋脂肪腫とは 腎血管筋脂肪腫とは血管・平滑筋・脂肪成分 からなる良性の腫瘍です。CTもしくはMRIを用いることで体の中の脂肪成分はかなりの 確信度で検出でき、脂肪成分を証明することができます。 腎血管筋脂肪腫は良性であり 、 ...

関連画像

腎血管筋脂肪腫、重複下大静脈写真 腎血管筋脂肪腫(腎AML  は1.4cmの血管筋脂肪腫である血管筋脂肪腫(中型)血管筋脂肪腫血管筋脂肪腫(小型)


★リンクテーブル★
先読み過誤腫
リンク元肝腫瘍」「結節性硬化症」「腎過誤腫」「AML
拡張検索腎臓血管筋脂肪腫
関連記事血管」「脂肪」「」「脂肪腫

過誤腫」

  [★]

hamartoma
肺過誤腫



肝腫瘍」

  [★]

liver tumor, hepatic tumor, hepatic neoplasm, liver neoplasm, tumor of the liver
肝癌肝臓癌

分類

SRA.472

肝細胞癌の鑑別疾患となる良性腫瘍

SSUR.594

検査

  • 超音波エコー:(肝細胞癌)線維性被膜を有する境界明瞭な腫瘤でモザイクパターンを呈する。(転移性肝癌)低エコーの結節病変の中心に高エコーを有するbull's eye signを認める。


参考

  • 1. Fat-containing lesions of the liver: radiologic-pathologic correlation.
  • Prasad SR, Wang H, Rosas H, Menias CO, Narra VR, Middleton WD, Heiken JP.SourceDepartment of Radiology, University of Texas Health Science Center at San Antonio, USA.
  • Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc.Radiographics.2005 Mar-Apr;25(2):321-31.
  • Fat-containing tumors of the liver are a heterogeneous group of tumors with characteristic histologic features, variable biologic profiles, and variable imaging findings. Benign liver lesions that contain fat include focal or geographic fatty change (steatosis), pseudolesions due to postoperative pa
  • PMID 15798052
脂肪を含む肝腫瘍は画像検査で鑑別診断を狭めることが可能である。



結節性硬化症」

  [★]

tuberous sclerosis, TSC
ブルヌヴィーユ病 Bourneville's disease Bourneville disease、ブルヌヴィーユ母斑症(NDE)、ブルヌヴィーユ・プリングル病 ブルヌヴィーユ-プリングル病 Bourneville-Pringle disease、ブルヌヴィーユ・プリングル母斑症(NDE)、結節性脳硬化症 tuberous brain sclerosis
神経皮膚症候群網膜神経膠性過誤腫

概念

疫学

  • 孤発例:60-70 (NDE.345)
  • 頻度:1人/1万-15万人 (参考3)

病因

  • 特発性
  • 遺伝性:TSC1(9q34)、TSC2(16p13.3)

遺伝形式

病理

症候

  • 神経:
  • 皮膚:


検査

頭部CT

  • 側脳室壁や基底核での結節状石灰沈着、脳室拡大 (NDE.345)

頭部MRI

  • 結節状腫瘤 (NDE.345)
  • T2強調画像:大脳皮質下の斑状高信号領域

治療

  • 皮膚
  • てんかん(痙攣発作)
  • 進行性知能低下:治療法無し

参考

  • 1. 皮膚症状 写真
[display]http://www.nagata-microtia.jp/images/100628214139.jpg
  • 2. [charged] Tuberous sclerosis complex - uptodate [1]
  • 3.
http://i-erika.com/room/bohansyo_1.html


血管線維腫


腎過誤腫」

  [★]

renal hamartoma
腎血管筋脂肪腫 renal angiomyolipoma
  • 腎過誤腫 = 腎血管筋脂肪腫
過誤腫=血管筋脂肪腫 angiomyolipoma AML


  • 腎の腫瘤病変の3%を占める。結節性硬化症に伴うものは両側性であり、腎過誤腫の50%をしめる。
  • 4cm以下は経過観察で、4cm以上になると破裂の可能性があるため、血管塞栓術、外科的切除(腎部分切除)をおこなう。


AML」

  [★]

腎臓血管筋脂肪腫」

  [★]

renal angiomyolipoma
腎血管筋脂肪腫
肝血管筋脂肪腫
[show details]


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


脂肪腫」

  [★]

lipoma
adipose tumor



-lipoma




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡