血管拡張因子

出典: meddic

英:endothelium derived relaxing factor, EDRF
vasodilator factor
内因性血管拡張物質 endogenous vasodilator substance

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高血糖負荷は網膜動脈血管内皮機能を障害する
  • 長岡 泰司,十川 健司
  • 医科学応用研究財団研究報告 27, 341-344, 2010-02
  • … また、ブタを用いたin vitroの実験系で、bradykinin(BK)が血管内皮依存性の血管拡張因子であることを明らかにしてきた。 …
  • NAID 120004702363
  • 血管拡張因子H_2S産生をつかさどるシスタチオニンγ-リアーゼ
  • 73)代謝性冠血管拡張因子としての過酸化水素の関与 : 摘出ラット冠微小血管を用いた検討(第141回日本循環器学会東北地方会)
  • 斎藤 修一,石橋 敏幸,丸山 幸夫,チリアンウィリアム
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 70(Supplement_III), 1135, 2006-10-20
  • NAID 110006187995

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事血管」「拡張」「血管拡張」「」「因子

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



拡張」

  [★]

dilationdilatationenlargementextensiondilatedistendenlargeextenddilated
延ばす延長及ぶ拡大散大伸長伸展増大怒張伸びる広がる膨張拡張型伸び伸張


血管拡張」

  [★]

vasodilation, telangiectasis
発疹血管拡張薬




子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡