血小板第3因子

出典: meddic

platelet factor 3, PF3
血小板



和文文献

  • II.検査の進め方 2.血小板活性化の指標
  • 野村 昌作
  • 日本内科学会雑誌 89(6), 1077-1082, 2000-06-10
  • … 小板活性化に関連する様々な分子マーカーが発見され,その代表的なものが, Pセレクチン, CD63,および活性型GPIIb/IIIaである.活性化された血小板は,その表面上にリン脂質を発現させ,凝固反応が促進される.血小板第3因子は,マイクロパーティクルとともに,血小板に関連したプロコアグラント活性を総称している.蛍光色素で標識したアネキシンVを用いると,フローサイトメトリーによって血小板のプロコアグラント活性を測 …
  • NAID 10005228419
  • 胎盤性血液凝固阻止物質の作用機序
  • 設楽 芳宏
  • 日本産科婦人科學會雜誌 37(1), 1-8, 1985-01-01
  • … 部分トロンボプラスチン時間を延長させる.2)トロンビン時間に影響がなく,トロンビンの作用や,フィブリソ形成には作用しないものと考えられる.また,エカリン時間にも影響しなかった.3)ラッセル蛇毒時間を抑制した.4)第XII,XI,X,IX,VIII,VII,V,II因子は抑制しなかった.5)Ca^<++>イオンは抑制しなかった.6)内因系の血小板第3因子を含むリン脂質を抑制することが推定された.7)外因系の組織トロンボプラスチン活性を抑制した. …
  • NAID 110002190454

関連リンク

止血機構 通常は、生体内を流れている血液は、凝固しない。 出血し血液が血管外に流出した時に、血小板の凝集が起こり、血液凝固因子が活性化され、フィブリン網が形成される。その後、フィブリン網は、線維素溶解系(線溶系 ...
また、血液の凝固には血小板のほか、凝固因子と呼ばれるタンパク質も関わっています。凝固因子はおよそ10種類ほど存在し、主に酵素や補酵素としての働きをもっています。しかし、通常は酵素としての働きはありません(不活性型 ...
... 第3因子)が含まれてる構造となっています。 血小板の血液凝固は血管の中では起こりません。 血小板は、血液を凝固する作用がありますが、血管の中では凝固しない仕組みがあります。血小板の表面は、糖蛋白質で覆われ、血管 ...

関連画像

号 抗凝固・抗血小板療法Update 3 インヒビター患者の整形外科  因子(第VII、IX、X、II因子)の ブラント因子とヘパリンの会合第ⅩⅡ因子は、第ⅩⅠ因子  血小板 同士 が 結合 し 血小板

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事血小板」「」「因子」「小板

血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター

小板」

  [★]

胚盤盤状体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡