血小板凝集能

出典: meddic

platelet aggregation
血小板血小板凝集



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新規メタボリックシンドロームモデル家兎(PHT)における血小板凝集能の亢進およびその機序の検討 (発表研究論文(第18回日本未病システム学会学術総会))
  • 菱沼 早織,阿部 陽平,片野 由美 [他]
  • 日本未病システム学会雑誌 18(2), 107-110, 2012
  • NAID 40019365791
  • 初期肝障害期における血液流動性の変化
  • 安齋 勉,石川 慎太郎,石川 貴子 [他]
  • 昭和医学会雑誌 71(6), 602-609, 2011-12
  • NAID 40019385296

関連リンク

血小板凝集能は、血小板の浮遊液(platelet rich plasma)に、凝集を惹起させる物質( ADP、エピネフリン、コラーゲン、アラキドン酸 ... 従来の吸光度で血小板凝集能を調べる 検査法では、血小板の大きな凝集塊を検出できるが、血小板がわずかに活性化されて ...
血小板凝集能亢進症 血小板凝集能が亢進すると、血液の粘度(血液粘稠度)が高まり 、主に、細い動脈の血行が障害される。 血小板凝集能の亢進(血小板凝集能亢進症)は 、高血圧症、高脂血症と同様に、血管障害(動脈硬化)の危険因子:高血圧症、高脂血 ...

関連画像

血小板凝集能測定臨床・研究用ソフト どちらも  血小板 凝集 能 など を血小板凝集能測定方法及び装置血小板凝集能亢進症と疾患 血小板凝集


★リンクテーブル★
国試過去問103D055」「106I045」「100B039
リンク元リストセチン」「二次凝集」「一次凝集」「血小板凝集計
拡張検索血小板凝集能検査
関連記事血小板」「凝集」「小板」「血小板凝集

103D055」

  [★]

  • 19歳の男性。臀部の腫脹と疼痛とを主訴に来院した。3日前に椅子で臀部を打ち、2日前から徐々に腫脹と疼痛とが強くなってきた。幼少時から同様のエピソードを何回か繰り返し、病院を受診している。意識は清明。体温37.8℃。脈拍92/分、整。血圧 118/62mmHg。皮膚に出血斑を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟。両膝関節の腫脹と屈曲制限とを認める。左臀部は腫脹、緊満し、圧痛を認めるが、発赤は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球342万、Hb 11g/dl、Ht 33%、網赤血球 4.1%、白血球 9,400、血小板 38万。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.8g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 5.6mg/dl、総コレステロール 164mg/dl、総ビリルビン 1.8mg/dl、直接ビリルビン 0.4mg/dl、AST 52IU/l、ALT 38IU/l、LD<LDH> 402IU/l(基準176~353)。CRP 0.5mg/dl。
  • 異常がみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D054]←[国試_103]→[103D056

106I045」

  [★]

  • 68歳の女性。皮膚の出血斑を主訴に来院した。打撲した記憶がないにもかかわらず、数か月前から両側の手背と前腕とに出血斑が見られることが気になっていたという。鼻出血歯肉出血とを認めない。口腔粘膜点状出血を認めない。両側の手背と前腕とに径 5cmの紫斑を3個認める。血液所見:赤血球468万、 Hb13.9g/dL、 Ht42%、白血球6,300、血小板20万、 PT98%(基準80-120)、 APTT33秒(基準対照32)。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I044]←[国試_106]→[106I046

100B039」

  [★]

  • 血友病の診断に有用な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B038]←[国試_100]→[100B040

リストセチン」

  [★]

ristocetin
血小板凝集能
  • 放線菌が産生する抗生物質
  • グリコペプチド系抗生物質。米国で使用されていたが,現在では販売中止。
  • 人の血小板を凝集させる作用がある。GpIb/GpIXとvWFとの相互作用を促進し、血小板を凝集させるらしい。
  • リストセチン凝集はvWFの機能に規定されるので、von Willebrand病の診断に用いられる。


二次凝集」

  [★]

secondary aggregation
血小板凝集能
  • 血小板凝集計で観察した際に、血小板の可逆的凝集である一次凝集に引き続いて起こる凝集のこと。
  • 血小板の放出反応に伴い血小板同士がより強固に凝集したことを示し、不可逆性である。


一次凝集」

  [★]

primary aggregation
血小板凝集能
  • ADPやコラーゲンなどの血小板凝集物質による血小板凝集を血小板凝集計で観察したとき、最初に現れる凝集曲線のこと。


血小板凝集計」

  [★]

aggregometer
アグリゴメータ
血小板凝集能


血小板凝集能検査」

  [★]

platelet aggregation study
血小板凝集能


血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート


小板」

  [★]

胚盤盤状体

血小板凝集」

  [★]

platelet aggregation
血小板粘着





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡