薬物代謝酵素

出典: meddic


和文文献

  • 食餌中のタンパク質含有率の違いがイヌの薬物代謝酵素CYP2D活性に与える影響
  • 福永 航也,鈴木 あゆみ,志賀 俊紀 [他]
  • ペット栄養学会誌 14(2), 61-67, 2011-10
  • NAID 40019033796
  • 薬物動態の基礎 (特集 救急薬剤プラクティカルガイド) -- (救急薬剤の基礎)

関連リンク

薬物代謝(やくぶつたいしゃ)とは動植物における代謝の様式のひとつ。薬、毒物などの 生体外物質(ゼノバイオティクスXenobiotics、異物ともいう)を分解あるいは排出する ための代謝反応の総称である。これらを行う酵素を総称して薬物代謝酵素という。全体 的 ...
drug metabolism、異物代謝、xenobiotic metabolism. 薬物、毒物などの生体外物質( Xenobiotics、異物)の代謝反応の総称であり、対象物質の親水性を高め分解・排出し やすくすることが多い。これらを行う酵素を薬物代謝酵素といい、主に肝細胞内にある ...

関連画像

トランスフェラー 薬物代謝酵素の発現調節薬物代謝 - Drug metabolism  薬物代謝酵素の相互作用によるコメントを残す コメントを 薬物代謝酵素の遺伝子多型


★リンクテーブル★
リンク元シトクロムP450
関連記事薬物代謝」「酵素」「薬物」「代謝

シトクロムP450」

  [★]

cytochrome P-450, cytochrome P450, P450, CYP P450, CYP, cytochrome P
シトクロムP-450チトクロムP450チトクロムP-450チトクロームP-450P-450
シトクロム cytochrome CYP薬物代謝酵素



シトクロムP450

RH + NADPH + O2 + H+ → ROH + NADP+ + H2O
  • シトクロムP450は水酸化酵素ファミリーの総称
  • 肝臓に多く存在し、解毒を行う。
水酸化により可溶化し、グルクロン酸抱合を行い、尿として排出できるようにする。
  • ステロイドホルモンの生合成
  • 脂肪酸の代謝
  • 細胞内の小胞体に多い
  • 一部はミトコンドリアに存在

シトクロムP450


薬物代謝」

  [★]

drug metabolism
  • 肝臓が貢献。例外的に肺や腎で代謝されることもある

薬物代謝の過程

1. 第1相反応:酸化oxidation、還元reduction、加水分解hydrolysis

oxygenases
-OH, -COOH, SH, -O=, -NH2を付与
生物学的性質の不活化

2. 第2相反応:抱合conjugation

transerases
可溶化。分子量の増加→腎排泄されやすくなる

生物異物代謝 (GOO.73)

ENZYMES 反応
Phase 1 oxygenases シトクロムP450 cytochrome P450 CYP C, Oの酸化。脱アルキル化
フラビン含有モノオキシゲナーゼ flavin-containing monooxygenase FMO N,S,Pの酸化
エポキシドヒドラーゼ(mEH, sEH) epoxide hydrolases mEH, sEH エポキシドの加水分解
Phase 2 transferases? スルホトランスフェラーゼ sulfotransferase SULT 硫酸の
UDP-グルクロノシルトランスフェラーゼ UDP-glucuronosyltransferase UGT グルクロン酸の付加
グルタチオンS-トランスフェラーゼ glutathione-S-transferase GST グルタチオンの付加
N-アセチルトランスフェラーゼ N-acetyltransferase NAT アセチル基の付加
メチルトランスフェラーゼ methyltransferase MT メチル基の付加
Other enzymes? アルコール脱水素酵素 alcohol dehydrogenases ADH アルコールの還元
アルデヒド脱水素酵素 aldehyde dehydrogenases ALDH アルデヒドの還元
NADPH/キノン酸化還元酵素 NADPH-quinone oxidoreductase NQO キノンの還元


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品


代謝」

  [★]

metabolism
物質代謝新陳代謝
中間代謝







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡